12/5(月)23:59まで!!全商品が送料無料!!
 

コンタクトレンズを初めて使用する方へ

このたびはANAPオンラインショップをご利用いただきまことにありがとうございます。
インターネットの普及と共に、多くのコンタクトレンズユーザーの方がインターネット経由でコンタクトレンズを購入されるようになりました。

コンタクトレンズは、薬事法で高度管理医療機器に指定されております。

高度管理医療機器に指定されているということは、お手入れ方法、コンタクトレンズのケア及び装用環境により重度な疾患に繋がる製品として、国から認定されているということです。

このような状況から、ANAPオンラインショップでは、お客様ご自身でコンタクトレンズについて理解を深めていただき、よりよい製品を安全にご納得してご購入いただけるよう努めてまいります。

薬事法について

日本の医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器に関する運用などを定めた法律です。
コンタクトレンズは高度管理医療機器のため薬事法が適用されますが、処方箋の提出義務は薬事法上定められているものではなく、あくまでも販売店舗が独自に決めているルールです。
そのため、コンタクトレンズ販売店の中には処方箋不要で販売しているところも数多くあります。
もちろん通販、店舗を問わずコンタクトレンズ販売店において、処方箋なしで購入することは薬事法上もまったく問題ありません。

処方箋について

眼科や病院などの医療機関を受診した際に医師が作成した文書のことです。 コンタクトレンズの購入時には販売店舗から処方箋を要求されることもありますが、薬事法上処方箋の提出義務はなく、本来は購入に毎回必ず用意しないといけないものではありません。 しかし、自分の目に合ったコンタクトレンズを使用するためにも、定期的に眼科に行き検査を受けることをおすすめします。

コンタクトレンズ通販について

一般的にコンタクトレンズを店舗で購入する際には、まず眼科で検査を受けて処方箋をもらい、その後併設されている販売店舗で購入するという流れになります。 しかし、自分にあった度数やベースカーブ等がわかっていればインターネット通販で購入することが可能です。

最近ではその利便性の高さから利用者が増えており、都度の処方箋発行が必要なく、わざわざ買いに行く手間と時間が省けるため、人気となっています。製品は同じですが、価格が安いことが多いことも利用者が増えている理由のひとつです。 しかし、コンタクトレンズを販売するには通販といえとも、コンタクトレンズの安全な利用、販売に関する専門の知識を持った「高度医療機器管理責任者」を配置し、都道府県の許可を受ける必要があります。通販コンタクトレンズ販売店を選ぶ際にはサイト内に高度医療機器販売許可証が明記されていることを確認しましょう。

コンタクトレンズ通販の注意点

眼科での検査

眼科での検査

初めてコンタクトレンズを買う際には必ず眼科での検査を受けてください。 また、視力の低下や眼病予防のためにも定期的な検査をおすすめします。

処方箋確認

自分の目に合ったコンタクトレンズを使うためにも処方箋の内容をきちんと確認し、快適なコンタクトレンズを選びましょう。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY
 

pc

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる