海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014】開幕!KICK THE CAN CREW再...

【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014】開幕!KICK THE CAN CREW再始動に感涙、ブリグリ、ELTらも初登場で大熱狂

 今年で15周年のアニバーサリー・イヤーを迎えた【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014】が8月2日(土)、3日(日)に茨城・国営ひたち海浜公園にて開催。今年は2週に渡り、計4日間に渡って開催となるが、その第1週目のレポートをお届け。


 台風の接近で雨予報の噂もあったが、無事、快晴の空の下スタートした初日。最大規模の動員数を誇る<GRASS STAGE>のトップバッターは、RIJF初登場となった稀代のエアバンド、ゴールデンボンバー。メンバー全員がローラースケートで登場すると、Gt.喜矢武 豊のスイカの早食いなど、規格外のパフォーマンスはこの大舞台でも健在。さらには、喜矢武、歌広場、樽美酒の3人が、全身を青いペンキで染あげた状態で放った「女々しくて」など、彼らの破天荒なパフォーマンスで歓喜の渦を巻き起こした盛大な幕開け。さらに、夏の代名詞と言っても過言ではないであろう、湘南乃風、RIP SLYMEの2組が立て続けに登場。サマー・チューンを連発し、灼熱の<GRASS STAGE>をさらに熱く盛り上げた。


 一方、他ステージでも圧巻のアクトが展開していく。<PARK STAGE>のトップを飾った赤い公園は、彼女らに惚れ込んだ、元・東京事変のベーシスト、亀田誠治がプロデュースを手掛けた新曲「サイダー」を披露し、熱感を切り裂くような爽快なサウンドでオーディエンスの心を鷲掴み。<SOUND OF FOREST>でも、PUFFYが豪華バンドメンバーとともに「渚にまつわるエトセトラ」、「アジアの純真」など、鉄板ナンバーを歌い上げ、心地良い一体感が会場中を包み込んでいた。


 本イベント、4日間を通しても、初登場の目玉の1組であるEvery Little Thingは、1万人収容の<LAKE STAGE>を、これでもかとゆうオーディエンスで埋め尽くしてみせ、懐かしの名曲から最新曲までを披露し、集まったオーディエンスを虜にした。


 そして、各ステージで若手からベテランまでがひしめきあうトリの中でも、出演発表時から一際注目を集めていたのは、10年ぶりの本イベント登場となったKICK THE CAN CREW。ステージに姿を現すと同時に、物凄い歓声がひたちなかの夜空に響き渡り、スモーク&火柱のド迫力の演出の中の「マルシェ」スタートに会場中が熱狂。アンコールではダウンジャケットを着て登場し、名曲「クリスマス・イブRap」を披露。真夏を忘れさせてくれるような素敵な演出で初日を堂々と締めくくった。



 2日目も、昨日に劣らない灼熱の日差しがひたちなかに襲いかかったが、そんな日差しが似合う男たち、KEMURIが<LAKE STAGE>に登場。心も体も躍らされてしまうスカ・パンクのグルーヴが、会場に到着し始めたオーディエンスたちをも誘い込み、凄まじい熱狂を生みだしていた。


 <SOUND OF FOREST>では、先日、ヨーロッパツアーを終え、凱旋初ライブとなったtricot、EMI Recordsに移籍しノリに乗るFLiPら、ガールズ・バンドたちが躍動。<BUZZ STAGE>にて行われたスペシャル・アクト“BUZZ SPECIAL”には、ギターを弾いて歌う、通称“ギタ女”が大集結。片平里奈、住岡梨奈らが、透き通るような歌声で会場中を魅了した。


 そんな若手女子たちの力漲るパフォーマンスとはひと味違う魅力をみせたのは、90年代の歌姫ブームを席巻してきたChara×韻シストBANDとthe brilliant greenのステージ。日の落ち始めてきたひたちなかの空に響く歌声は、大人の色気を感じさせる、艶やかなアクトであった。


 圧倒的ライブパフォーマンスで唯一無二の存在感を放っていたONE OK ROCK、昨日KICK THE CAN CREWとしてトリを飾ったKREVAが、今度はソロとしてステージに立つなど、白熱した展開をみせた2日目の<GRASS STAGE>。その名だたるアーティストの中アンカーを務めたのは、もはやフェスでのトリとしてもお馴染みであろう、サカナクションである。


 夕闇に包まれたひたちなかの空の下、横一線に5人が並び、無数のレーザー光やCGアニメーションとシンクロするようにエレクトロ音を轟かせたパフォーマンスから、バンド・スタイルで放った「グッドバイ」、アンコールの「ナイトフィッシングイズグッド」など、代表曲を惜しげもなく投下。オーディエンスを躍らせ続け、映像、照明、音響をフル稼働させた壮大なアクトは、会場中を美しき音世界へと誘い、2日目をフィナーレへと導いた。


 【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014】は8月2日(土)3日(日)、9日(土)、10日(日)の、計4日間に渡って開催。ビルボードジャパンではFacebook、Twitter、Instagramなど公式ソーシャルアカウントで現地の様子をお届け中。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年8月5日 20:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料無料キャンペーン
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる