海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 90年代に活躍したあのラッパーが脱税の罪を認める

90年代に活躍したあのラッパーが脱税の罪を認める

 1990年代のヒップ・ホップ・グループ、サード・ベースのラッパーが、ニューヨーク州オールバニ郡裁判所にて所得税未納の罪を認めた。


 ステージでは“プライム・ミニスター・ピート・ナイス(ピート・ナイス首相)”を名乗っていたクリフトン・パーク在住のピーター・ナッシュは、1989年から1991年の間にサード・ベースとして3枚のアルバムをリリース。そのうち2枚でゴールド・ディスクを獲得し、「ポップ・ゴーズ・ザ・ウィーズル!」は米ビルボードのラップ・チャートでNo.1をマークするヒットとなった。


 オールバニ郡検察局の話によれば、ナッシュは2009年、2010年、2011年の税金を支払っておらず、追徴課税をはじめ、罰金および利息を含む1万3,101ドル(約133万円)を州に支払わなければならないとのこと。また、3年間の保護観察が課せられるという。


 オールバニ・タイムス・ユニオン紙によると、ナッシュは軽犯罪にあたる脱税罪を認めているとのことで、判決は8月26日に下されるそうだ。

Billboard JAPAN|Daily News 2014年7月3日 16:23:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • こども服全品セール
  • 半額セール
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる