海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ガービッジ、5年間の活動停止期間を経て復活!

ガービッジ、5年間の活動停止期間を経て復活!


ガービッジ

人々はブッチ・ヴィグに過去について聞かずにいられない。
ヴィグのロック・プロデューサーとしてのキャリアを高めたアルバムであるニルヴァーナの『ネヴァーマインド』が先月20周年を迎え、90年代のノスタルジックな質問が、またしてもドッと押し寄せているのだ。

「ガービッジを始めたとき、誰もオレたちが何者か知らなかった」とヴィグは言う。

「インタビューでオレたちが『ああ、オレたちはガービッジのレコードを作ったんだ』というと、みんな『あ、そう。カート・コバーンと仕事をするのはどんな感じだった?』って。でも2,3年経つと誰もオレにはインタビューしたがらなかった。みんな(ボーカリストの)シャーリー(・マンソン)と話したがっていたよ」

5年の休業期間ののち、ガービッジが戻ってきた。
まずはヴィグ(ドラマー/プロデューサー)、マンソン、ベーシストのデューク・エリクソン、ギタリストのスティーヴ・マーカーがこの2,3週間のうちにLAで仕上げるタイトル未定の5THアルバムに始まり、来年はツアーにも出る。

「5年の休みで全員が頭の中の余分なお荷物を片づける余裕を持てた」

1994年にウィスコンシン州マディソンで結成されたエレクトロ・ミーツ・オルタナロック・バンドは、12曲入りのアルバムを2012年3〜4月にセルフ・リリースする。シングルは1月に発売の予定。

バンドは最近Qマガジンの『アクトン・ベイビー』カバー・アルバムのためにU2の「フーズ・ゴナ・ライド・ユア・ワイルド・ホーセズ」をレコーディングしたばかり。

「フリー・エージェントだと捉えているんだ。オレたちは企業の責任から解き放たれた。怖いことだと思っていたけど、今は自由な気分だよ。自分たちのレーベルからレコードを出すつもりだから、ライセンシングやマーケティングを考えて、自分たちでコントロールしていきたいんだ」

6年前にビルボード200の4位に初登場した『BLEED LIKE ME』の頃から業界は大変貌した。しかし、フェイスブックのアップデートやスタジオの進行状況を伝えるティーザー・クリップがガービッジ・ファンの新曲を求める気持ちを改めて刺激しているようだ。

新作はヴィグによると1995年のデビュー作や1998年の『ヴァージョン2.0』を思わせる暗いヴァイブを持ったものになるそうだ。

「オレたちがずっと愛してきたもの――ノイジーなギター、ビッグなエレクトロニック・ビート、雰囲気のある映画的瞬間――そういった要素がたくさんある。車を運転するときに聞きたいような音のレコードを作りたかったんだ」

Billboard Daily News 2011年10月20日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる