海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > R&Bギタリスト、CORNELL DUPREEが69歳で他界

R&Bギタリスト、CORNELL DUPREEが69歳で他界


CORNELL DUPREE

ジャズ、R&B,ファンクなどの人気セッションギタリストだった CORNELL DUPREEが5/8テキサス州フォートワースで69歳でなくなった。

ヴァラエティ誌によるとDUPREEは最近慢性閉塞性肺疾患と診断されていたという。

テキサス生まれのミュージシャンは元々KING CURTISに見いだされ、1962年にKING CURTIS BANDのギタリストとしてニューヨークに連れてこられた。

DUPREEはSAM COOKE、ROBERTA FLACK、FATS DOMINOなどの偉大なアーティストのバックをやり始め、ARETHA FRANKLINの「RESPECT」やBROOK BENTONの「RAINY NIGHT IN GEORGIA」などでギターを弾いているのを聞くことができる。

DUPREEは1967年から1976年までFRANKLINのツアー・バンドでギタリストを務め、70年代半ばにはインストゥルメンタルのファンク・バンド、STUFFを結成した。

1974年の『TEASIN’』をはじめ、DUPREEは 10枚のソロ・アルバムを発表、その中の『COAST TO COAST』は1988年にグラミー賞にノミネートされた。「UNCLE FUNKY」、「MR.2500」などのニックネームで親しまれたDUPREEには奥さんのEMAが遺された。

Billboard Daily News 2011年5月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料無料キャンペーン
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる