海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新作をダブル・バージョンで発表

新作をダブル・バージョンで発表


Dashboard Confessional
DASHBOARD CONFESSIONALの創立シンガー・ソングライター、CHRIS CARRABBAは次のアルバムを全面的なエレエクトリック・ロック・プロジェクトにすべきか、削ぎ落としたアコースティックものにすべきかで悩んでいたが、画期的な解決策を見つけ出した。11/10に発表される6THアルバム『AFTER THE ENDING』(インタースコープ)は、同じ歌のコレクションをふたつのバージョンで買うことができるのである。レギュラー・エディションにはエレクトリック・バージョンの歌が収録されているが、3ドル増しのデラックス盤は同じ歌をアコースティックで演奏したものがついてくるのだ。CARRABBAによると、アコースティックのセットでもフル・バンドがフィーチャーされているものの、ミニマリスト的アプローチでグループがほとんどソロ・プロジェクト的だった2000年代初期を思わせるものになっているという。「一曲だけ、どの曲かはいわないけど、エレクトリック・バージョンの『AFTER THE ENDING』で完成させたものの中にあんまり好きじゃない曲が入っていたんだ。他のみんなはすごく気に入ってるんだけどね。ところがその曲のアコースティック・バージョンは僕のお気に入りなんだよ」『AFTER THE ENDING』の2バージョンは、2007年にCARRABBAがリリースしたアコースティック・アルバム『THE SHADE OF POISON TREES』(バグラント)と2006年の『DUST AND SUMMER』(インタースコープ)の間のバランスを取ったようなものになっている。『POISON TREES』はシングルもカットされずプロモーションも大して行なわれなかったが、152,000枚売れてBILLBOARD 200の18位になっている。バンドはNEW FOUND GLORYらとツアーを行ないながら、新曲の演奏スタイルを決めていくつもりだという。

Billboard Daily News 2009年11月2日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料無料キャンペーン
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる