海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ROTHBURY FESTIVAL最終日に全17曲を熱演

ROTHBURY FESTIVAL最終日に全17曲を熱演


BOB DYLAN
7/2(木)〜7/5(日)の4日間に渡ってミシガン州で開催された第2回ROTHBURY FESTIVAL。初めて1日を通じて晴天に恵まれた最終日には、メイン・ステージ“ODEUM”にBOB DYLANが登場して全17曲を1時間半に渡って熱演、フェスの最終日を締め括るに相応しい圧巻のステージでファンを魅了した。
現在DYLANと彼のバンドは、おもにマイナー・リーグ球場を中心にWILLIE NELSON(同じく今回のROTHBUTYに参加)とJOHN MELLENCAMPと共に最新アルバム『TOGETHER THROUGH LIFE』の全米プロモーション・ツアーを行っている。そしてこのツアーの4公演目となったROTHBURYでのステージでは、最新アルバムからの楽曲を「JOLENE」の1曲だけにとどめ、それ以外の楽曲は往年のヒット曲でまとめるといった特別な内容のステージを展開した。その内訳は、「LEOPARD -SKIN PILL-BOX HAT」、「TANGLED UP IN BLUE」、「HIGHWAY 61 REVISITED」、「BALLAD OF A THIN MAN」、「STUCK INSIDE OF MOBILE WITH THE MEMPHIS BLUES AGAIN」、「LIKE A ROLLING STONE」、「ALL ALONG THE WATCHTOWER」など、ファンにとっては垂涎のセットリストだった。
ダークな色のスーツと帽子姿でステージに登場したDYLANは、序盤の2曲でギターを弾いたのち、その後の演奏はキーボードとハーモニカに徹し、更に「SENOR (TALES OFYANKEE POWER)」、「ROLLIN' AND TUMBLIN'」、「PO' BOY」、「NETTIE MOORE」、「'TIL I FELL IN LOVE WITH YOU」、「THUNDER ON THE MOUNTAIN」をパフォーマンス。そしてセットリストの楽曲をすべて演奏し終わったのち、追加で「BLOWIN' IN THE WIND」をファンに向けてパフォーマンスした。
DYLANがこの晩の演奏を終える頃、ROTHBURYの会場は激しい日差しと熱気によって裸になって踊るファンも続出。興奮が最高潮に達したオーディエンスは、3つのメイン・ステージで繰り広げられる演奏を聴こうと会場内を所狭しと走り回っていた。

Billboard Daily News 2009年7月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料無料キャンペーン
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる