海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > BONNAROO FESTIVALで圧巻のパフォーマンス

BONNAROO FESTIVALで圧巻のパフォーマンス


BRUCE SPRINGSTEEN
6/13(土)の晩、BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BANDがBONNAROO FESTIVALにヘッドライナーとして出演。彼らにとってフェスティヴァルへの参加は、数週間前にオランダで開催されたPINKPOP FESTIVALに続き今回で2度目という、ファンにとっては貴重なステージだった。
往年のヒット曲を知り尽くす高い年齢層に加え、彼らの過去をあまり知らない若者たちなど、幅広い層のファンで埋め尽くされた会場でパフォーマンスを繰り広げたSPRINGSTEENは、冒頭に演奏した「WORKING ON A DREAM」のパフォーマンスの合間に「最強のE STREET BANDと共に、今夜は音楽が持つパワーというものを出来る限り皆に届けるつもりだ」とファンに向かって呼びかけ、およそ3時間に渡って全28曲を熱演した。
ステージ序盤では、「MY LUCKY DAY」に加え、黒いカウボーイ・ハット姿で登場したSPRINGSTEENが8分にも及ぶスパゲッティ・ウェスタンの叙事詩を歌い上げた「OUTLAW PETE」など、新曲のパフォーマンスが繰り広げられ、いささか“掴み”に欠けるスタートに見受けられた。しかしそんな心配も束の間。続く「SEEDS」、「JOHNNY 99」、そしてNILS LOFGRENのソロをフィーチャーした「YOUNGSTOWN」の演奏に入ると、SPRINGSTEENの魅力が完全に観客の心を包み込んでいた。
さらにリクエストによってパフォーマンスした「SANTA CLAUS IS COMNING TO TOWN」では、BONNAROO始まって以来の6万人による“クリスマス・ソングの大合唱”が実現。演奏を始める前、SPRINGSTEENは「サンタにとっては、あまりにも暑過ぎるけどね!」と笑いながら観客に呼びかけていた。
そしてステージの途中からは、ここ数週間のツアーでは恒例の展開となっているように、ドラマーのMAX WEINBERGに代わって彼の18歳になる息子JAY WEINBERGが登場。ヘヴィー・メタルのベテラン・ドラマーでもあるJAYは、「RADIO NOWHERE」、「LONESOME DAY」、「THE RISING」、「BORN TO RUN」などの楽曲で、熱いドラム・テクニックを繰り広げ会場のファンを圧倒していた。
SPRINGSTEEN にとってBONNAROOへの出演は明らかに“挑戦”だったに違いない。しかしステージに立った彼らは、3時間にも及ぶステージでノンストップの演奏を繰り広げてファンの心を魅了したのは明らかであり、今年のBONNAROOの中で最高ともいえるステージをファンに提供してくれた。

Billboard Daily News 2009年6月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE開催中!
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる