海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 5年間のコラボレーションに終止符

5年間のコラボレーションに終止符


PAUL RODGERS & QUEEN
BAD COMPANYとの再結成ツアーを夏に控えたシンガーのPAUL RODGERSは、QUEEN + RODGERSのコラボレーションは終わってしまったが、遺恨はないという。「現時点で、僕たちはこのことから距離を置くことにしたんだ。僕の(QUEENのBRIAN MAYやROGER TAYLORとの)契約は、THE FIRMでのJIMMY PAGEとの契約と同じで、恒久的な契約じゃなかったんだ」
「僕たちは実際あれで大きな成功を収めたと思う。僕たちは2回のワールド・ツアーをやり、いくつかのライブ・レコーディングもしたし、スタジオ・アルバム(2008年の商業的に失敗に終わった『THE COSMOS ROCKS』)も作った。それは(QUEENのBRIAN MAYとROGER TAYLORにとって)画期的なことだった。なにしろ彼らはものすごく長い間誰かとスタジオに入ったり、ああいったレコーディングを全然していなかったんだからね。だから、あれはかなりの偉業だったと思うよ」
しかし、RODGERSはふたたび一緒に仕事をする可能性を否定しているわけではない。「実際どんな可能性もあるって感じだよ。もし彼らが、たとえばチャリティとかで何かしようって話を持ちかけてきたら…もちろん大いにやる気はあるよ」。2004年のイギリス版ミュージック・ホール・オブ・フェイム賞で THE QUEEN + PAUL RODGERSのプロジェクトがスタートし、2005年にはヨーロッパと日本をツアー、その後初のライブ・アルバムおよびDVD『RETURN OF THE CHAMPIONS』を発表、2006年には北米ツアーが行なわれた。6/16には新しいライブ・アルバム/DVD『LIVE IN KHARKOV』(ウクライナで9/12に行なわれた公演を収録)が発表される。

Billboard Daily News 2009年5月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる