海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ラップのリアリティ・ショーで司会を務める

ラップのリアリティ・ショーで司会を務める


RUN-DMC
DARRYL “DMC” McDANIELSが、IME ENTERTAINMENTの新番組『THE KINGS OF RAP』の司会を務めることになった。現在制作が進行中の同シリーズは、ミュージシャンの卵たちがレコード契約を目指して競い合うという、ポジティヴなテーマを掲げたヒップホップのコンテスト番組だ。挑戦者には、リスナーを立腹させることがない内容で、暴力を称えず、女性をおとしめず、神を冒涜する言葉を使わないで独自の音楽を作ることが求められる。
この4月にはRUN-DMCの盟友RUNとともに“ロックの殿堂入り”を果たすDMCは、「世の中には才能にあふれた若者がたくさんいる。でも彼らには議論を巻き起こすほどの力量がなかったり、ポジティヴ過ぎことが原因で耳を傾けられず、アルバム契約に至らないケースが多いんだ。ヒップホップの精神というのは、銃や暴力とは関わらず、人を中傷したり怒らせるような言葉を使わずに世の中や自分自身を変えることにある。求められるのは、自らの精神をより効果的なものにレベルアップすることなんだ。今、アメリカ国民は誰もが“変化”について語り始めている。まさに違いを起こすには、絶好の時期だということさ」とコメントしている。
番組はMARTYN EADEN、EDDIE LEMONS、IKE SOLOMON、MATTHEW EARL JONESが制作し、DIVERSE TALENT GROUPのCHRISTOPHER NASSIFとMICKEY FREIBERGが企画代表を務める。なお収録は、“ヒップホップ界のアビー・ロード”と呼ばれるCHUNG KING STUDIOSなどニューヨーク市内で行われることになっている。

Billboard Daily News 2009年3月5日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる