海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 来春、アルバム『CLARITY』の発売10周年ライヴを実現

来春、アルバム『CLARITY』の発売10周年ライヴを実現


JIMMY EAT WORLD
1999年のアルバム『CLARITY』の発売10周年を記念して、JIMMY EAT WORLD が来年の初春に同作品からの楽曲をすべて演奏するショート・ツアー敢行する。スケジュールは2/23のニューヨークを皮切りに3/7のアリゾナ州テンピまでを予定しており、全10回のステージになるもようだ。
『CLARITY』は1996年にリリースされた『STATIC PREVAILS』に続く、彼らにとってメジャー・レーベルからの第2弾アルバムで、BILLBOARDのHEATSEEKERS CHARTに初登場30位でチャート・インした。ところがわずか2週間後にはチャートから姿を消し、所属していたCAPITOL RECORDSとの契約終了を決定付ける形となってしまった。
しかしアルバムはその後、ロック好きの若者層の間でクラシック作品として根強い支持を獲得し、結果的にYELLOWCARDやDASHBOARD CONFESSIONALといったバンドに代表される通称“エモ”というサブ・ジャンルの商業的成功を導くきっかけを作った。
もちろんJIMMY EAT WORLD自体の人気にも火がつき、2001年にINTERSCOPE RECORDSから移籍第1弾としてリリースしたアルバム『BLEED AMERICAN』はプラチナ・ディスクに輝き、同作からは「THE MIDDLE」がマルチ・フォーマットでヒットを飛ばす成功を収めた。
来春の10公演では、サポート・アクトとして1〜7公演目まではREUBEN'S ACCOMPLICEが、8〜10公演目までは再結成を果たしたサンディエゴのバンドNO KNIFEが出演することになっている。なおチケット発売は11/13(木)よりスタートする。

Billboard Daily News 2008年11月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる