海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 11/11にデジタルEPをリリース

11/11にデジタルEPをリリース


GNARLS BARKLEY
GNARLS BARKLEYは、「WHO'S GONNA SAVE MY SOUL」の異なる4バージョンを収録した同名のデジタルEPを11/11にATLANTICからリリースする。このEPには、他にもジョージア州アセンズの40-WATT CLUBで行われたパフォーマンスから「NEIGHBORS」のライヴ音源、そしてアルバム未収録となっていた楽曲の「MYSTERY MAN」も収録される。
メンバーのCEE-LOによると、「WHO'S GONNA SAVE MY SOUL」は最新アルバム『THE ODD COUPLES』のために書いた最初の曲とのことで、今回のEPに収録されるのはオリジナル・バージョン、デモ音源、インスト・バージョン、そしてMTVの“52 BANDS”からの音源という4つのバージョンになるそうだ。
また、この曲はファンの立場から見たJAMES BROWNについて書いた作品で、GNARLS BARKLEYはかつてBROWNのマネージャーを通じてライヴに出演するよう誘いを受けたのだという。それは2006年の出来事で、ロンドンでショーを行うことになっていたGNARLS BARKLEYは、たまたま同じ晩に現地で公演を行うBROWN側から“ライヴに参加しないか?”という誘いを受けたのだった。しかし時間的な折り合いがつかずに計画は実現できず、その数ヵ月後にBROWNが他界するという残念な結末となってしまったのだそうだ。
「俺はひどく落胆したね。せっかく彼から誘いをもらって共演できるチャンスだったのに、貴重な機会を逃してしまった。だからヒーローである彼への気持ちを込めて、俺たちは「WHO'S GONNA SAVE MY SOUL」を書いたんだ」とCEE-LOはコメントしている。そしてもう1人のメンバーDANGER MOUSEは、「あの曲では、いろいろな方法で気持ちを表現しようと試みた。そして違うアプローチをするたびに、それらはどれも素晴らしくてインパクトの強い仕上がりになった」と、様々なバージョンが誕生した経緯を語っていた。
また、DANGER MOUSEは同時に収録される「NEIGHBORS」のライヴ・テイクについて、「あのライヴを行ったジョージア州アセンズは、俺たちの大学があった町なんだ」と語り、もう1曲の「MYSTERY MAN」については、「あの曲をどうするべきか正直いって困ってたんだが、俺たちはすごく気に入っていたよ。インストとヴォーカルが半々の曲なんだ」とコメントしている。
GNARLS BARKLEYは、セカンド・アルバム『THE ODD COUPLE』のサポート・ツアーのために4月からツアーを行ってきたが、今後しばらくは次のステップへ向けて計画を温めている充電期間になりそうだ。その意味でも、今回のEPが今後の新たな活動に向けての橋渡し的な役目になるかもしれない。

Billboard Daily News 2008年10月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる