海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > グラミー賞2冠獲得後、初のコンサートで熱演 Foo Fighters

グラミー賞2冠獲得後、初のコンサートで熱演 Foo Fighters


FOO FIGHTERSがマジソン・スクエア・ガーデンでトリを務めるのにこんなに長くかかったとは信じがたい。13年前に大きな注目を集めて生まれたバンドは、受け入れやすいアグレッシブなオルタナロックとポップ・センスを持った6枚のアルバムでこの会場をはるかに上回る観客を獲得してきたのだから。
グラミー賞2冠(ベスト・ロック・アルバムとベスト・ハード・ロック・パフォーマンス)を獲得した2,3日あとに行なわれたコンサートだが、バンドは謙虚さが損なわれていないことを示した。「オレたちはマジソン・スクエア・ガーデンで演奏してるんだ!」と相変わらずチャーミングで愉快なフロントマンのDAVE GROHLはステージを動き回りながら大喜びで叫んでいた。
ショーのスタートは2007年のアルバム『ECHOES, SILENCE PATIENCE & GRACE』からの「LET IT DIE」と大ヒットシングル「THE PRETENDER」で、ソールドアウトの観客からの反応は大きく、しかも楽しそうだった。
19曲のセットは、『ECHOES』やこれまでのアルバムからのオーセンティックなロック・ソングから削ぎ落とされたアコースティック・ナンバーまで
幅広くミックスされていた。金切り声を上げるような「BREAKOUT」やモッシュピットを盛り上がらせる「ALL MY LIFE」、ツイン・ギターを聞かせる「MONKEY WRENCH」、さらに「THIS IS A CALL」、「STACKED ACTORS」などには大作の趣があった。
アリーナの真ん中に小さなステージを設けて演奏されたアコースティック・セットでは「MARIGOLD」や「EVERLONG」などがガラリと違う雰囲気で披露された。
「BIG ME」、「LONG ROAD TO RUIN」、「BEST OF YOU」がアンコールに演奏されて2時間のショーは終わった。誰もが満足してガーデンを去ったことは間違いない。

Billboard Daily News 2008年2月28日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる