海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 5SOS新曲&ツアー発表、【ブリット・アワード2018】デュア・...

5SOS新曲&ツアー発表、【ブリット・アワード2018】デュア・リパとストームジーが2冠、ドレイク4週目の首位:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、先週、「#5SOS3ISCOMING ?」(5SOSの3rdアルバムがやってくる ?)と投稿し、ファンを騒然とさせたファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)の話題から。2018年2月23日、5SOSが待望の新曲「ウォント・ユー・バック」をリリースした。昨年末に米ビルボードが行ったインタビューでギタリストのマイケル・クリフォードは、新作のサウンドについて「今最も面白い音楽に、自分たち独特のスタイルを加えることでユニークなサウンドにしてる。」と話していた。新曲は、哀愁漂うシンセ・ポップ調のアップビートなサウンドが印象的で、これからのシーズンにピッタリな1曲に仕上がっている。また、新曲のリリースに伴い、26公演に及ぶワールド・ツアーの日程も発表された。


5SOS、新曲「ウォント・ユー・バック」を2/23にリリース
5SOS、新曲「ウォント・ユー・バック」リリース&ワールド・ツアー発表


 続いて、ジャスティン・ビーバー、ミーゴスのクエヴォ、アーケイド・ファイアのウィン・バトラー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、そしてジェイミー・フォックスなどの有名アーティストたちが参戦した【2018 NBAオールスター・セレブリティー・ゲーム】が現地時間2018年2月16日に開催された。ラッパーのコモンはコーチとして参加。ジャスティンは2011年にMVPに選出されたが、今年は一人で19点を叩き出したクエヴォがその栄冠を手にした。また、ハーフタイム・ショーには、N.E.R.Dが登場し、「ラップダンス」、「1000」、「ロック・スター」などのヒット曲をメドレー形式で披露。ラストは、リアーナとタッグを組んだ「レモン」をパフォーマンスし、観客を沸かせた。


N.E.R.D&ミーゴス、【NBAオールスター2018】のハーフタイム・ショーでパフォーマンス
J・ビーバー/コモン/フリー/W・バトラーら参加のバスケ試合開催 クエヴォがMVPに


 現地時間2018年2月21日、【ブリット・アワード2018】が英ロンドンのO2アリーナで開催され、ストームジーが<ブリティッシュ・アルバム賞>と<ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞>、そしてデュア・リパが<ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト賞>と<ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞>の2冠に輝き、最多受賞となった。授賞式では、ジャスティン・ティンバーレイクがクリス・ステイプルトンとコラボを披露した他、リアム・ギャラガーが英マンチェスターの自爆テロ犠牲者を追悼しオアシスの「リヴ・フォーエヴァー」を熱唱した。


デュア・リパとストームジー2冠! 【ブリット・アワード2018】受賞リスト&スピーチまとめ


 さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ケンドリック・ラマーによるプロデュース作品『ブラックパンサー:ザ・アルバム』がNo.1デビューを飾った。本作は、ケンドリックと彼のレーベル<TDE>のCEO=アンソニー “トップ・ドッグ” ティフィスがプロデュースした映画『ブラックパンサー』のインスパイアード・アルバム。本作からは、ケンドリックとシザによる「オール・ザ・スターズ」が先行シングルとしてリリースされ、今楽曲のミュージック・ビデオが反響を呼んだが、今週、このMVを巡り、英国/リベリア人アーティストのリナ・アイリス・ヴィクトル(Lina Iris Viktor)が、自身の“Constallations (星座)”と題された一連の絵画が無許可でMVに使用されたと訴訟を起こした。


【米ビルボード・アルバム・チャート】『ブラックパンサー:ザ・アルバム』が堂々の1位、『フィフティ・シェイズ』最新作サントラは5位初登場
ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる


 そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、ドレイクの「ゴッズ・プラン」が4週目のNo.1を獲得した。ドレイクがこれまで全米1位を獲得したのは、2010年にリアーナ名義でリリースした「ホワッツ・マイ・ネーム」、同じくリアーナの「ワーク」、そして自身のタイトルとしては初のNo.1獲得となった「ワン・ダンスfeat.ウィズキッド&カイラ」の4曲。ヒットの要因であるストリーミングが激減したり、強豪が現れることがなければ、「ワーク」や「ワン・ダンス」の記録を更新するかもしれない。そして今楽曲のMVで、ドレイクがビデオの予算およそ100万ドル(約1.06億円)をすべて寄付、または配布したことが今週明らかになった。


【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」4週目の首位、ケンドリック&シザTOP10再浮上
ドレイク、「ゴッズ・プラン」MVの約1億円の予算を寄付&配布



今週のその他の注目ニュース


フロリダ高校乱射、生徒たちがデモ行進へ J・ビーバー/5Hローレンらも賛同を表明
イマジン・ドラゴンズ、新曲「ネクスト・トゥ・ミー」を公開
ケシャ、4月の来日公演を延期
レディオヘッド、北米&カナダ・ツアーを発表
エド・シーラン、婚約指輪についてコメント

Billboard JAPAN|Daily News 2018年2月24日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料100円
  • SUMMERセール!7/16(月)まで全品SALE価格!
  • 貯まる!使える!ポイント
  • ANAPお買い物アプリ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる