海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > アメリカ横断ライブも決定のももクロ、5大ドームツアーで魅せ...

アメリカ横断ライブも決定のももクロ、5大ドームツアーで魅せた圧巻のスケール感と5人の強み

 ももいろクローバーZが4月3日に【MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”】のツアーファイナルとなる埼玉 西武プリンスドーム公演を開催。37,059人を動員し、述べ25万人超を動員した5大ドームツアーを締めくくった。


 2月の愛知 ナゴヤドームを皮切りに、北海道 札幌ドーム、大阪 京セラドーム、福岡 ヤフオク!ドーム、そして西武プリンスドームと全国ドーム会場で2日ずつ開催してきたこのツアー。最終公演となった3日の西武プリンスドームは、バックスクリーンを背負うように両外野席の中央まで広がったメインステージに、その中央からアリーナ席の真ん中まで伸びた花道があり、その先に四角いサブステージとドームライブの定番といえるステージ構成だ。


 また、球場のフェンスに沿ったアリーナ脇の通路では、開演前から大道芸人15名からなる“ももクロシルク”が華麗にジャグリングや玉乗りを披露。場内は指定席に行くだけでもストレスを感じるほど混雑していただけに、優しいオルゴールの音色に乗せた見事な曲芸で、ほっと心を和ませてくれるのが嬉しい。




 今回のツアーは序盤、初日に3rd『AMARANTHUS』、2日目に『白金の夜明け』を曲順通り全曲パフォーマンスする“再現ライブ”的なセットリストが特徴だ。当然この日は『白金の夜明け』となるので、幽玄のプロローグ「個のA、始まりのZ -prologue-」からの「桃源郷」でスタート。同曲を手がけたNARASAKIは「ライブで手放しで楽しくなれるような曲」として書いたというが、ステージの上に浮かんだ巨大なバルーンに吊るされた5台のブランコに乗って、メインステージ中央よりせり上がってメンバー5人が登場すると、場内はいきなりクライマックスが訪れたような感動的な盛り上がりに包まれたのが印象的だ。


 さらに、今回はメンバーそれぞれにスポットを当てた演出も充実していた。曲間には時折インターバルとして、メインステージ後方の巨大なスクリーンに、メンバーひとりひとりの幼少期からの写真が紹介されるムービーを挿入。そして各メンバーが新たなチャレンジに挑むステージも用意されており、まずは「夢の浮世に咲いてみな」で佐々木彩夏がエレキギターをかついでひずんだリフを弾き倒していくのだ。


 「イマジネーション」で百田夏菜子が新体操の経験を活かした“フープダンス”で魅了すれば、「MOON PRIDE」では玉井詩織が実は歴10年だったというピアノを流麗に奏でていく。そして高城れにが「『Z』の誓い」でハイテンポなタップダンスを刻み、有安杏果は終盤にライブ定番曲「コノウタ」で強烈のドラムプレイを展開。それぞれに一長一短では不可能な領域までビルドアップされたパフォーマンスとなっていたことには驚きしかないが、こうして各人にしっかりスポットを当てた演出ができるのも、ももクロの強みだろう。




 少々話が前後したが『白金の夜明け』全曲披露は最後、KinKi Kidsの堂本剛が作詞作曲を手がけた「桃色空」で締めくくられると、続いていつものオーバーチュアからライブ定番曲を連発するパートへ。待ってましたとばかりに大観衆がお決まりのコールで応えるその光景は凄まじく、地響きのように大地まで揺らす。同事務所の後輩 3B juniorも参加して作り上げていくスケール感のあるステージは、アリーナ脇を周遊するトロッコや5つのバルーンに吊るされたゴンドラなど、広大な会場を利用した豪華な演出と相まって圧巻の迫力である。


 そしてライブ本編は、“2枚のアルバムの始まり”である名曲「GOUNN」という完璧な展開で終了。アンコールにも応じると、松崎しげるが登場して夏に【桃神祭 2016 〜鬼ヶ島〜】を横浜国際総合競技場で2日間開催とサプライズ発表する恒例の一幕もあり、最後は「あの空へ向かって」で感動の大団円を迎えた。




 他にも、加山雄三がスペシャルゲストとして出演し、玉井詩織の“若大将襲名式”が行われるなど、3時間を超えるステージながらすべてに見どころがある大ボリュームの1日を見事に走り抜けた彼女たち。アンコールではマネージャーから「次はドームツアー全公演完売だな!」とはっぱをかけられたことも明かしていたが、このステージを体験した今、それは不可能どころか時間の問題と思わせてくれるほどのステージクオリティを見せつけたのだった。


 前日2日にニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイの3か所で4公演を行う【アメリカ横断ウルトラライブ】という新たなチャレンジに挑むことも明らかにしたが、4月29日には東京 TOKYO DOME CITY HALLにて【DOME TREK 2016 大打ち上げ大会 〜映像と共にふりかえる〜】を開催することも決定している。先に紹介した夏の【桃神祭 2016 〜鬼ヶ島〜】も含め、前人未到の高みまで昇華していく5人の活躍に驚かされる日々はまだまだ続きそうだ。




Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z


◎【MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”】DAY2[白金の夜明け]
2016/04/03(日) at 西武プリンスドーム
[セットリスト]
1.個のA、始まりのZ -prologue-
2.桃源郷
3.白金の夜明け
4.マホロバケーション
5.夢の浮世に咲いてみな
6.ROCK THE BOAT
7.希望の向こうへ
8.カントリーローズ -時の旅人-
9.イマジネーション
10.MOON PRIDE
11.『Z』の誓い
12.愛を継ぐもの
13.もっ黒ニナル果て
14.桃色空
15.overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜
16.労働讃歌
17.CONTRADICTION
18.サラバ、愛しき悲しみたちよ
19.ももいろパンチ
20.ももクロのニッポン万歳!
21.行く春来る春
22.My Dear Fellow
23.コノウタ
24.行くぜっ!怪盗少女
25.GOUNN
En1.走れ!
En2.僕等のセンチュリー
En3.あの空へ向かって


◎ももいろクローバーZ ライブ情報
【DOME TREK 2016 大打ち上げ大会 〜映像と共にふりかえる〜】
4月29日(金・祝) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
1回目 OPEN 11:00 / START 12:00
2回目 OPEN 17:00 / START 18:00
【桃神祭 2016 〜鬼ヶ島〜】
8月13日(土)、14日(日) 神奈川 横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

Billboard JAPAN|Daily News 2016年4月6日 20:20:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる