HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【深ヨミ】iKON、日本デビューALの特徴的な売上げ動向とは?

【深ヨミ】iKON、日本デビューALの特徴的な売上げ動向とは?

 1月25日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、ゲスの極み乙女。の2ndフルアルバム『両成敗』が、ゆず『TOWA』とiKON『WELCOME BACK』の追撃を振り切り1位となった。


 1位と2位の差は、わずか3000枚と大接戦となった“Top Albums Sales”。今週発表した同チャートで特徴的なセールス動向のを見せたのが、iKON『WELCOME BACK』だ。iKONは、韓国YG ENTERTAINMENTの7人組ボーイズグループで、本作は日本デビューアルバム。SoundScan Japanのセールスデータによると、リリース初週に5.8万枚を売り上げ、そのうち4.1万枚がECで販売された。ここまでECの比率が高くなるケースはあまり見られない。iKONは、EC販売に強いアーティストということなのか、継続的に調査していきたい。また、店舗で販売された枚数1.7万枚のうち、1.3万枚を東京で売り上げた。多くの韓流アーティストは東京での売上げが非常に高い傾向にあるが、iKONもこの形に沿うことになった。


 iKONは、日本デビュー前の2015年10月に東京・愛知・大阪・福岡でファンミーティングを開催し大盛況。また2月からは日本ツアーを行う予定だ。今後、日本のファンをさらに獲得し違った形でセールスを伸ばしていくのか、次作の動向にも注目したい。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月24日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料100円
  • SUMMERセール!7/23(月)まで全品SALE価格!
  • Softbankキャンペーン
  • 貯まる!使える!ポイント
  • ANAPお買い物アプリ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる