海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【Bowline2015】クリープハイプが賭けた一大イベント 大団円...

【Bowline2015】クリープハイプが賭けた一大イベント 大団円で完結

 タワーレコードが主催するイベント【TOWER RECORDS presents Bowline2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS】が、9月27日に幕張メッセ国際展示場9−11ホールにて開催。キュレーターを務めたクリープハイプは“Bet in”をテーマに掲げ、クリープハイプが賭けたアーティストたちとともに熱演を繰り広げた。また、テーマには“賭ける”の他に、“ベットイン”の意味合いも含ませているあたりが実に彼ららしい。

 今回の【Bowline】は2ステージ制で実施。〈RED STAGE〉と〈YELLOW STAGE〉で交互にライブを行い、ほぼ休みなくライブが展開していく。

 Warning Actとして〈YELLOW STAGE〉に登場したgo!go!vanillasのパフォーマンス。彼らは「マジック」「エマ」「アクロス ザ ユニバーシティ」と、熱量たっぷりのロックンロール・ナンバーを次々と投下していく。途中、長谷川プリティ敬祐(Ba)が唐突に映画「千と千尋の神隠し」の寸劇を始めだすと、カオナシの被り物をした、クリープハイプの長谷川カオナシがサプライズでステージに登場。“長谷川”の縁で実現したこのコラボは本編前から大きな盛り上がりをみせた。さらに「go!go!vanillasが賭ける一曲に、皆さんも賭けてみませんか?」と問いかけ、大声援で応えた客席に届けるように、最新シングル「カウンターアクション」も披露してくれた。


 〈RED STAGE〉に最初に登場したのは東京スカパラダイスオーケストラ。初っ端から、世代を飛び越え心を突き動かすファンキー・チューン「ルパン三世’78」でオーディエンスを惹き寄せれば、谷中敦(Baritone Sax)は、スーツ姿でばっちりきめたクリープハイプの尾崎世界観をゲストに招き、尾崎がコラボ・ボーカリストとして参加した両A面シングルから「爆音ラヴソング」「めくったオレンジ」の2曲を続けて披露。この光景を心待ちにしていたオーディエンスの期待に応え、彼らは序盤から幕張メッセを一つにまとめ上げてみせる。


 黄色いTシャツに、タワーレコードのタオルを高々と掲げステージに上がったmiwaは、「Faith」「chAngE」と、力強いロック・チューンで会場を盛り上げる。ドラマ主題歌としても話題となった新曲「ストレスフリー」では、オーディエンスのタオルが一斉に回り出す、壮観な光景も描いてくれた。

 〈YELLOW STAGE〉には、シューゲイジングなアンサンブルを会場いっぱいに響かせたきのこ帝国が登場。「ヴァージン・スーサイド」から「海と花束」など、一曲終えると、ひと時の清閑を挟み次の曲へ。黙々と演奏していくその凛としたスタイルを最後まで貫いた。一方、ファンの色鮮やかなペンライトが瞬く中パフォーマンスにのぞんだ私立恵比寿中学は、ラストで披露した尾崎世界観が作詞・作曲した「蛍の光」を、Bowlin特別バージョンのアカペラ斉唱で聴かせてくれた。

 サウンドチェックから山内総一郎(Vo,Gt)が「若者のすべて」を弾き語りで届け、本番前から歓喜を巻き起こした〈RED STAGE〉のフジファブリック。本イベントではサポート・ドラマーにあらきゆうこを迎え、「虹」や「Sugar!!」など、往年のナンバーを山内が紡いでいでくれた。「From Noon Till Dawn」でアクトの口火を切ったストレイテナーは、ラストの「Melodic Storm」まで、洗練されたバンド・アンサンブルでオーディエンスを魅了した。

 後半戦の〈YELLOW STAGE〉には、新進気鋭の2組が登場。BLUE ENCOUNT は、田邊駿一(Vo,Gt)が、本イベント前に開催されたBowlineのトークイベントにて、尾崎に“おしゃべりクソ野郎”と称されたことを語り、「今日はしゃべりません。(笑)」と、普段は熱い言葉をたくさん浴びせてくれる彼だが今回は控えめ。かと思いきや、前言を覆すかのように「想いは全て曲に詰め込みます!」と言い放ち、メジャー2ndシングル「DAY×DAY」、ライブ鉄板の「もっと光を」など、エネルギッシュなプレイでラストまで駆け抜けた。続く04 Limited sazabysは、美旋律のアッパー・ソング「monolith」や、刹那のキラー・チューン「days」を、勢い良く放っていく。GEN(Ba,Vo)は、尾崎と対談した際に歌詞を褒められたことを嬉しそうに話し、テーマにぴったりの彼ら流のラブソング、「milk」も披露してくれた。

 たった一人、〈RED STAGE〉に静かに姿を見せた銀杏BOYZ=峯田和伸は、アコースティック・ギター一本の音色に乗せて「生きたい」を歌い始める。曲の途中には、峯田の絶叫を合図に、藤原寛(Ba/AL)、後藤大樹(Dr/AL)、山本幹宗(G/ex.The Cigavettes)らサポートメンバーが登場。バンド・サウンドが加わり、厚みの増したアクトは、そのままロックロール・アンセム「BABY BABY」をへと続いていく。ラストは、峯田が福島県いわき市の被災地にボランティアとして訪れた時のエピソードを語り、「新訳 銀河鉄道の夜」を情感込めて歌い上げた。


 川谷絵音(Vo,Gt)擁するindigo la Endは、「瞳に映らない」「夜明けの街でサヨナラを」など、センセーショナルなギター・フレーズが印象的な、ポップ・センス溢れる楽曲たちで〈YELLOW STAGE〉に幕を引き、イベントは遂にクライマックスへ突入する。

 これまで、11組が熱演を繰り広げた幕張メッセに蓄積された想いを背負い、〈RED STAGE〉に立つのは、キュレーター、そしてトリを務めるクリープハイプ。尾崎世界観(Vo,Gt)は「あとは皆さんに賭けます。だから、皆さんもクリープハイプに賭けてください!」と、オーディエンスと想いをしっかりと共有し「イノチミジカシコイセヨオトメ」でスタート。尾崎は、刺激的なワードが飛び交う「ウワノソラ」「エロ」を、その無類のハイトーン・ボイスで会場に落とし込んでいく。折り返し地点では、長谷川カオナシ(Ba)と「グレーマンのせいにする」でデュエットを決め込み、ライブは一気に佳境へ。「ラブホテル」「オレンジ」、さらに最新曲「リバーシブルー」も披露し、本編ラストの「HE IS MINE」での、オーディエンスが一斉にコールする「セックスしよう!」も、テーマに込められた意味合いもあってか、いつにも増して爽快に響いた気がした。アンコールで再登場した彼らは、「クリープ」「愛の標識」を全身全霊でオーディエンスに届け、クリープハイプが賭けた一大イベントは大団円で幕を閉じたのであった。


 また、10月12日には、Zepp なんば大阪にてHEY-SMITHがキュレーターを務める【TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS】が行なわれる。


Photo:
HayachiN(go!go!vanillas、miwa、BLUE ENCOUNT、銀杏BOYZ)
Nobuyuki Kobayashi(東京スカパラダイスオーケストラ、私立恵比寿中学、ストレイテナー、indigo la End)
神藤剛(きのこ帝国、フジファブリック、04 Limited Sazabys、クリープハイプ)

◎イベント情報
【TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS】
日時:2015年10月12日(月・祝)開場12:30 開演13:30
会場:Zepp なんば大阪
出演:HEY-SMITH、グッドモーニングアメリカ、Crossfaith、DUB 4 REASON、PUFFY、POTSHOT、LIFE IS GROOVE

Billboard JAPAN|Daily News 2015年10月2日 19:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • こども服全品セール
  • 半額セール
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる