海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 世界保健機関WHOが音楽による若者の聴力低下を警告

世界保健機関WHOが音楽による若者の聴力低下を警告

 世界保健機関(WHO)が先日、世界中の若者たち数百万人が大音量の音楽が原因で聴力低下の危険にさらされていると発表した。


 ジュネーブに拠点を置く同国連機関の発表では、中・高所得の国々で12歳から35歳の半数近くが個人のオーディオ機器や携帯電話にて、安全ではないレベルの音楽を聴いているといったデータを報告。また、10代とヤングアダルトの約40%が、ナイトクラブやバー、スポーツ・イベントなどで有害レベルの音にさらされているとした。


 WHOでは、85デシベルのボリュームで8時間、もしくは100デシベルで15分以上音楽を聴くのは危険だとしている。


 WHOは若者たちに対し、休息を取って聴くことや、スマートフォンで音量を制限するアプリを使うこと、個人のオーディオプレーヤーは1日1時間以上使わないよう心掛けることを推奨している。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年3月4日 17:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • こども服全品セール
  • 半額セール
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる