HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-10-06

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
iKON
DUMB & DUMBER
TOP100入り:1週目

2 1
down
RADWIMPS
前前前世
TOP100入り:14週目

3 57
up
米津玄師
LOSER
TOP100入り:3週目

4 7
up
RADWIMPS
なんでもないや
TOP100入り:6週目

5 10
up
宇多田ヒカル
TOP100入り:3週目

6 3
down
JY
好きな人がいること
TOP100入り:11週目

7
up
カントリー・ガールズ
どーだっていいの
TOP100入り:1週目

8 8
stay
RADWIMPS
スパークル
TOP100入り:7週目

9 9
stay
星野源
TOP100入り:3週目

10
up
清水翔太
My Boo
TOP100入り:1週目

11
down
氷川きよし
みれん心
TOP100入り:3週目

12
up
UNDEAD
DESTRUCTION ROAD
TOP100入り:1週目

13 6
down
松田聖子
薔薇のように咲いて 桜のように散って
TOP100入り:2週目

14 68
up
AAA
涙のない世界
TOP100入り:4週目

15
up
上白石萌音
なんでもないや
TOP100入り:1週目

16
up
Happiness
Ordinary Girls
TOP100入り:1週目

17 17
stay
安室奈美恵
Hero
TOP100入り:11週目

18 4
down
aiko
恋をしたのは
TOP100入り:5週目

19
down
PSY
江南スタイル
TOP100入り:9週目

20
up
2wink
ハートプリズム・シンメトリー
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

iKON「DUMB & DUMBER」114,653枚売り上げ、初登場でJAPAN HOT100総合首位

韓国の7人組ボーイズグループiKONの初めての日本オリジナル・ソング「DUMB & DUMBER」が114,653枚を売り上げ、RADWIMPS「前前前世」からJAPAN HOT100総合首位を奪取した。

 RADWIMPSは依然として「前前前世」「なんでもないや」「スパークル」「夢灯籠」の4曲がトップ100位以内にチャートイン。「前前前世」はダウンロード・セールス、動画再生で1位となっており、動画再生回数は500万回超をキープして衰えを見せない。また「なんでもないや」は、映画『君の名は。』ヒロイン上白石萌音のデビュー・アルバム『chouchou』にも提供され、RADと上白石ともに順位を上げている。

 今週チャートの台風の目となった宇多田ヒカルは、「道」「二時間だけのバカンス feat.椎名林檎」「花束を君に」の3曲がJAPAN HOT100にチャート・イン。「道」は3週連続でラジオ1位、ダウンロード・セールスでも5位とアルバム『Fantome』だけではなく、曲単位でも注目を集めている。その影響で、「First Love」「Flavor Of Life」など旧タイトルもダウンロード・セールスを伸ばす展開となっている。

 また総合19位にPSY「江南スタイル」がチャート・イン。なんと動画再生回数で4,124,228回をマークしての躍進で、これは、世界中で注目を集めるピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」の動画から、続いて「江南スタイル」が再生されることが多いための結果といえる。

宇多田ヒカル『Fantome』、セールス・DLともに1位で総合ALチャート制覇!

今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”のトップ3には、ニューリリースのタイトルが並んだ。8年ぶりのアルバムとしてリリース前から注目を集めていた宇多田ヒカル『Fantome』が2位以下を大きく引き離すポイントで1位を獲得。テレビ出演など精力的なプロモーション効果も後押ししてCDセールスでは24万枚を超える数字を叩き出し、さらにダウンロードでも1位として大きくポイントを積み上げた。彼女の復活を心待ちにしていたファンが多かったことがわかる結果となった。この勢いが次週以降も続くのかに注目したい。

 2位は、15周年を記念してリリースされたEXILEのベスト・アルバム『EXTREME BEST』。CDセールスでは、『Fantome』に次ぐ2位に入ったが、その他の指標で『Fantome』を上回ることができず2位に落ち着いた。テレビアニメ『マクロスΔ』から生まれた音楽ユニット、ワルキューレの2ndアルバム『Walkure Trap!』が3位に。前作からわずか3か月という短い期間でリリースされた今作、CDセールス3位・ダウンロード3位・ルックアップ5位とバランス良くポイントを稼いでトップ3入りを果たした。

 先週2位のRADWIMPS『君の名は。』は、今週初めてトップ3入りを逃してしまい4位にチャートイン。しかし依然としてCDセールス4位・ダウンロード2位・ルックアップ1位と各指標で上位をキープしている。映画は、観客動員1000万人&興行収入130億円を突破しており、『君の名は。』旋風はまだまだ収まる気配はなさそうだ。

連続首位のRADWIMPSがアニメチャートTOP3を独占 BUMP『3月のライオン』新曲も初登場

RADWIMPS×『君の名は。』が絶好調だ。先日映画の興行収入130億円突破、1000万集客の突破が伝えられ、特大のヒットとなっている『君の名は。』。その主題歌「前前前世」が今週も15週目のチャートインでがアニメチャート首位を記録した。さらに同じくRADWIMPSの「なんでもないや」「スパークル」という2曲の主題歌も2位と3位を記録し、RADWIMPS×『君の名は。』の曲が上位3曲を独占した。また、「夢灯籠」も7位を記録。そのいずれもデジタル・セールス/Twitterの圧倒的な高ポイントを背景にしている。映画のヒットも含め、勢いは留まることを知らず。年末までこのまま上位を独走しそうな勢いだ。

 『君の名は。』主題歌4曲に、『聲の形』主題歌のaiko「恋をしたのは」と上位7位中5曲が映画関連曲となった今週のアニメチャート。そんな中、初登場4位と6位に食い込んだのは、アイドル・プロデュース・ゲームの「あんさんぶるスターズ!」関連のユニットソング2曲。4位のUNDEAD「DESTRUCTION ROAD」が6位の2wink「ハートプリズム・シンメトリー」をCDセールス/ルックアップ/Twitterのポイントで僅かに上回り、注目の初週対決を制した。

 また、今週10位には、NHK総合にて放送予定の注目作『3月のライオン』オープニング曲であるBUMP OF CHICKEN「アンサー」が初登場。まだリリース日も未定ながらラジオ・ポイントで2位を記録(1位は『前前前世』)。10月8日からはアニメ本編の放送も予定されており、今後RADWIMPSとの上位決戦が期待される。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる