HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-07-11

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 34
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
TOP100入り:5週目

2 12
up
桑田佳祐
ヨシ子さん
TOP100入り:3週目

3
up
VIXX
花風
TOP100入り:1週目

4 2
down
藤原さくら
Soup
TOP100入り:8週目

5 4
down
平井堅
魔法って言っていいかな?
TOP100入り:5週目

6
up
SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
Into the Sky
TOP100入り:1週目

7
up
lol
spank!!
TOP100入り:1週目

8 5
down
Flower
やさしさで溢れるように
TOP100入り:6週目

9 21
up
井上苑子
ナツコイ
TOP100入り:5週目

10 8
down
コブクロ
未来
TOP100入り:31週目

11
down
桑田佳祐
大河の一滴
TOP100入り:5週目

12
up
BLUE ENCOUNT
だいじょうぶ
TOP100入り:1週目

13 15
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
MUGEN ROAD
TOP100入り:5週目

14 13
down
安室奈美恵
Mint
TOP100入り:8週目

15 41
up
Kis-My-Ft2
YES!I SCREAM
TOP100入り:3週目

16 18
up
AAA
NEW
TOP100入り:9週目

17 1
down
佐々木千枝(今井麻夏),櫻井桃華(照井春佳),市原仁奈(久野美咲),龍崎薫(春瀬なつみ),赤城みりあ(黒沢ともよ)
ハイファイ☆デイズ
TOP100入り:2週目

18
up
NMB48
僕はいない
TOP100入り:1週目

19 29
up
I seek
TOP100入り:10週目

20 98
up
ピンク
ジャスト・ライク・ファイア
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

GENERATIONS「涙」13.9万枚を売上げ総合首位、平井堅ダウンロード1位

 GENERATIONS from EXILE TRIBE「涙」がシングル13.9万枚を売上げ、総合JAPAN Hot100首位を獲得した。他データのラジオ10位、ルックアップ4位、Twitter4位と、各データでポイントを積み上げる一方、13.9万枚のシングル・セールスのポイントがダメ押しとなって総合首位を獲得した。

 総合2位となったのは、桑田佳祐「ヨシ子さん」で、こちらもシングル・セールスは8.1万枚と好調。前週に続いてラジオでも1位となり、この2データとルックアップ2位の合計ポイントでGENERATIONSを追い上げたが、ダウンロード、Twitterなどの他データでは逆に差を拡げられる結果となった。また、今回のニュー・シングルでは、「大河の一滴」がダウンロード、ストリーミングでは「ヨシ子さん」よりも高ランクとなっている。

 平井堅「魔法って言っていいかな?」は、前週に引き続きダウンロード1位。他データは下降傾向にあるが、次週以降にレンタルによるルックアップ・ポイントの上昇は確実で、そのポイントとダウンロードのポイントが順位を推しとどめ、総合順位を維持してロングヒットに繋げるか注目だ。

 ルックアップで1位を守る藤原さくら「Soup」と動画1位のFlower「やさしさで溢れるように」の、ロングヒット2曲は、シングル・リリースでポイントを急上昇させた新曲勢によって、揃って総合順位を落とした。とはいえ、それぞれ1位指標でのポイントはまだまだ高く、その影響かセールス各指標のポイントも高ポイントを維持しており、次週も総合順位を大きく下げることは無いだろう。

『アイマス』関連作品が2作目の総合AL1位獲得、浜崎あゆみ・大原櫻子がトップ3入り

 今週のアルバム総合チャート“Hot Albums”では、アイドルマスター関連の『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cool jewelries! 003』(以下『Cool jewelries! 003』)がセールスで大きく稼いだポイントで逃げ切り、首位を獲得した。同作は、ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』のCDシリーズ“Cool”の第3弾。セールス1位とルックアップ3位のポイントで総合1位。昨今のアイマスの勢いが改めてわかる結果となった。

 2位に入ったのは、CDリリースの1か月半前に定額制音楽配信サービス『AWA』での先行配信が話題となった、浜崎あゆみ『M(A)DE IN JAPAN』。デジタル1位のポイントを稼ぎ、ネット領域での強さは光ったが、『Cool jewelries! 003』との差を覆すまでには至らなかった。その『M(A)DE IN JAPAN』と約200ポイント差という僅差で3位になったのは、大原櫻子の2ndアルバム『V(ビバ)』。セールス3位・デジタル5位としたが、ルックアップのポイントが伸び悩んだ。次作以降、このポイントも伸ばすことができればさらに上位も狙えてくるだろう。

 『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』とコブクロ『TIMELESS WORLD』は、チャートイン3回目となる今週でもトップ5入り。セールスは落ち着いてきたが、ダウンロードとルックアップはいまだに好調を維持しており、今後も上位をキープすることが予想される。

『ガンダム』OPテーマが首位!ユニゾン・ケツメも根強い人気

 Hot Animationに初チャートインを果たしたSawanoHiroyuki[nZk]:Tielle「Into the Sky」(テレビアニメ「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」オープニングテーマ)は、セールス・デジタル・ツイッターで大きくポイントを伸ばし、初登場にして首位を獲得。また、カップリング曲となっている「Next 2 U -eUC-」(テレビアニメ「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」エンディング)も、デジタルのみで大きくポイントを稼ぎ11位にチャートイン。楽曲もアニメ作品も注目が集まっていることがわかる。

 先週首位だった「ハイファイ☆デイズ」(アプリゲーム『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS』)は、順位を1つ下げて2位となったが、セールス・ルックアップで引き続きポイントを伸ばしており、今週もアイマス人気の高さを表した。

 UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」(テレビアニメ「血界戦線」エンディング)は、先週19位から今週4位と大きくランクアップ。ユニゾンのアルバムリリース(7月6日発売)が話題となり、ツイッターとYoutubeで高いポイントを稼いだ。

 5位のケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」(映画「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」主題歌)は、各指標バランスよくポイントを集めているが、中でもストリーミングで高いポイントを得ている。発売から2カ月以上も経っていながら先週同様5位をキープし、根強い人気を得ている楽曲と言える。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる