HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-06-27

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
BTOB
L.U.V
TOP100入り:1週目

2 2
stay
藤原さくら
Soup
TOP100入り:6週目

3 4
up
Flower
やさしさで溢れるように
TOP100入り:4週目

4
up
Block B
Toy
TOP100入り:1週目

5 5
stay
AKB48
翼はいらない
TOP100入り:4週目

6 42
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
MUGEN ROAD
TOP100入り:3週目

7 21
up
コブクロ
未来
TOP100入り:29週目

8 8
stay
安室奈美恵
Mint
TOP100入り:6週目

9 51
up
EXO
Monster
TOP100入り:2週目

10
up
DAIGO
KSK
TOP100入り:1週目

11 3
down
AAA
NEW
TOP100入り:7週目

12 6
down
SMAP
世界に一つだけの花
TOP100入り:24週目

13 10
down
藤原さくら
好きよ 好きよ 好きよ
TOP100入り:4週目

14 64
up
EXILE TRIBE
HIGHER GROUND feat.Dimitri Vegas & Like Mike
TOP100入り:5週目

15 50
up
フレデリック
オンリーワンダー
TOP100入り:3週目

16 12
down
I seek
TOP100入り:8週目

17 9
down
back number
僕の名前を
TOP100入り:7週目

18 14
down
ケツメイシ
友よ〜この先もずっと…
TOP100入り:13週目

19 11
down
大原櫻子
大好き
TOP100入り:4週目

20 78
up
E-Girls
STRAWBERRY サディスティック
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

BTOB「L.U.V」10.7万枚を売上げ総合首位、藤原さくら2週連続3曲チャートイン

韓国の7人組ボーイズグループ・BTOB「L.U.V」が、シングル・セールス10.7万枚でセールス1位、Twitter3位のポイントを伸ばし、全指標でバランス良くポイントを積み上げる藤原さくら「Soup」を僅差で退け総合JAPAN Hot100首位を獲得した。同じく韓国の7人組ボーイズグループ・Block B「Toy」は5万枚を売上げてシングル・セールス2位に立ったが、他指標で奮わずに総合4位に留まった。

 藤原さくらの好調は前週に引き続き変わらず。「Soup」「好きよ 好きよ 好きよ」「500マイル」の3曲が前週に引き続きHot100にチャートインしており、それぞれダウンロード1位、6位、8位、ストリーミング1位、2位、7位とデジタル領域で強く、特に「Soup」の週間動画再生回数は前週から44%増やし、120万回を超えた。若干下降気味のルックアップが次週持ち直せばロングヒットが期待出来るだけに、次週のチャート・アクションに注目だ。

 映画版『orange-オレンジ-』主題歌、コブクロ「未来」が、7月からスタートする同作のアニメ版でも主題歌として起用されることとなり、本人含むメディア露出が増大、前週21位から7位にジャンプ・アップした。MV再生数が前週比138%と急増して約112万回を記録して4位、デジタル指標でもダウンロード4位、ストリーミング5位と続伸、チャートイン回数は29回を数え、ロングヒットとなっている。

『HiGH & LOW』ベストが完全制覇で首位!トップ3はコブクロ、レッチリが続く

今週のアルバム総合チャート“Hot Albums”では、『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』が2位以下を大きく引き離すポイントを叩き出してトップとなった。セールス・デジタル・ルックアップの全3部門でトップのポイントを獲得しており、完全制覇での首位獲得だ。

 EXILE TRIBEが手掛ける総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH & LOW』。『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』は、そのプロジェクトの映画とTVドラマで使用される楽曲を収録した作品だ。EXILE TRIBE「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」や三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「MUGEN ROAD」、E-Girls『STRAWBERRY サディスティック』などJAPAN Hot100でも上位にチャートインしている楽曲を収めている。そんな話題作が前述の通り全指標でトップのポイントでチャートの頂点に立った。今後、この勢いをどこまでキープできるかに注目したい。

 コブクロの約2年半ぶりとなるニューアルバム『TIMELESS WORLD』は、セールスでポイントを積み上げて2位に。3位は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『ザ・ゲッタウェイ』。約5年ぶり11枚目のアルバムがセールスでは5位としたが、デジタルで2位に入り、総合で見事トップ3入りを果たした。また、レディオヘッドの新作AL『ア・ムーン・シェイプト・プール』やアリアナ・グランデ『デンジャラス・ウーマン』がトップ10内に入り、洋楽タイトルがその存在感を発揮したチャートになった。

ケツメイシが4度目トップへ返り咲き!チャートイン100週目前秦 基博が再び10位内に浮上

ケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」(映画『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)が4度目のトップを獲得し、“JAPAN Hot Animation”で根強い人気を見せつけた。
 
 13回目のチャートインとなる「友よ〜この先もずっと…」は、デジタルポイント、動画再生回数、推定ストリーミング回数でトップとなり、今回のアニメチャートで4回目の1位を獲得。ロングヒットの楽曲となっている。今回初チャートイン楽曲の「進ませろ!」は、声優・柿原徹也4thシングルの表題曲。総合順位は6位だが、Twitterでは突出したポイントで1位となった。本楽曲をパッケージセールスで見てみると、SKE48「チキンLINE」(映画『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』主題歌)に続き2位となり、ツイートしたユーザーとパッケージ購入者の動向が表れた結果となった。
 
 秦 基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)が、チャートイン95回目にしてトップ10に再浮上。チャートイン100回目も目前だ。今回集計分では、中でも推定ストリーミング回数でポイントを多く積み上げており、ほかにもラジオやデジタルダウンロードなど、様々な方法でユーザーが楽曲と接触していることが分かる。音楽の聴き方が多様化する現在でも、変わらずに聞かれ続けている楽曲と言えるだろう。 

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる