HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-05-30

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 45
up
I seek
TOP100入り:4週目

2 56
up
安室奈美恵
Mint
TOP100入り:2週目

3 31
up
藤原さくら
Soup
TOP100入り:2週目

4
up
SHINee
君のせいで
TOP100入り:1週目

5
up
速水奏(飯田友子),塩見周子(ルゥティン),城ヶ崎美嘉(佳村はるか),宮本フレデリカ(高野麻美),一ノ瀬志希(藍原ことみ)
Tulip
TOP100入り:1週目

6 11
up
Dream Ami
トライ・エヴリシング
TOP100入り:6週目

7 9
up
西野カナ
あなたの好きなところ
TOP100入り:7週目

8 1
down
Hey!Say!JUMP
真剣SUNSHINE
TOP100入り:2週目

9 3
down
ワルキューレ
一度だけの恋なら
TOP100入り:2週目

10 32
up
AAA
NEW
TOP100入り:3週目

11 13
up
ケツメイシ
友よ〜この先もずっと…
TOP100入り:9週目

12
up
EGOIST
KABANERI OF THE IRON FORTRESS
TOP100入り:1週目

13 10
down
欅坂46
サイレントマジョリティー
TOP100入り:10週目

14 64
up
KEYTALK
MATSURI BAYASHI
TOP100入り:2週目

15 50
up
ポルノグラフィティ
THE DAY
TOP100入り:2週目

16 7
down
家入レオ
僕たちの未来
TOP100入り:6週目

17 16
down
宇多田ヒカル
花束を君に
TOP100入り:6週目

18 18
stay
Perfume
FLASH
TOP100入り:12週目

19 2
down
モーニング娘。'16
泡沫サタデーナイト!
TOP100入り:3週目

20
up
バンドじゃないもん!
キメマスター!
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

嵐「I seek」シングル・セールスで大差を付けて総合首位、安室奈美恵「Mint」ラジオとダウンロード1位で総合2位に

 嵐『I seek / Daylight』シングルは73.4万枚のセールスを売上げ、PC読取数を示すルックアップでも1位、ラジオ19位、Twitter4位と、シングル・セールスの大差を守り、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。一方、安室奈美恵「Mint」はシングル・セールスこそ2.4万枚で4位だったが、ダウンロードとラジオで1位、ルックアップ5位、Twitter26位と、変わらぬ訴求力の強さを見せている。

 嵐、安室ともにルックアップで高順位を維持してロングヒットに繋げていくパターンが多いアーティストだが、今回も既にルックアップで高ランクをキープ、定石通りの展開となるか次週以降のチャートに注目だ。また今週Twitter1位は嵐「Daylight」。両A面シングル『I seek / Daylight』となった今回、Twitterだけでみるとこちらの楽曲のほうがTweet数が多く、そのポイントと71位のラジオポイントで総合21位につけた。

 フジ系月9ドラマ『ラヴソング』にヒロインとして出演中の藤原さくらによる主題歌「Soup」がデジタル解禁となり、ダウンロード2位、ストリーミング5位で好発進となった。その効果により前週よりラジオ6→7位、Twitter17→10位、動画再生31位→7位と他指標でも高順位をマーク、総合3位につけている。ドラマタイアップ楽曲は傾向としてYouTubeやGYAO!の動画再生数で高順位を維持し、それが他指標に波及してロングヒットに繋がる傾向にあり、こちらもドラマの盛上りに併せて定石通りのロングヒットに繋がるか、6月のチャート・アクションが気になるところだ。

aikoとアリアナ・グランデ、女性ソロアーティストがワンツーフィニッシュ!

アルバム総合チャート“Hot Albums”は、aikoの2年ぶりのオリジナルアルバム『May Dream』がセールスでポイントを大きく稼ぎ首位を獲得した。

 『May Dream』は、aikoの12枚目のアルバムで「もっと」「信号」「合図」などヒット曲やタイアップ曲を含む13曲が収録されている作品。4.4万枚を売り上げてセールス部門1位のポイントが原動力となり総合1位を獲得した。同作発売日の3日後の5月21日からはライブツアー【Love Like Pop vol.19】がスタートしており、これからそのライブの予習などでルックアップでのポイントが伸びてくれば、今後のチャートでも上位をキープできるだろう。

 世界中でヒットを記録しているアリアナ・グランデ『デンジャラス・ウーマン』は、セールス2位とデジタルで断トツ1位のポイントを稼いで、ロングヒット中の小田和正『あの日 あの時』をおさえて2位に入った。また、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”には、『デンジャラス・ウーマン』に収録されている楽曲「イントゥ・ユー」など3曲がチャートインしており、こちらでもアリアナ・グランデの人気の高さがわかる結果となった。

 今週はトップ10に、初登場として吉川晃司『WILD LIPS』、蒼井翔太『S』、ストレイテナー『COLD DISC』、HEY-SMITH『STOP THE WAR』の4タイトルに、『May Dream』と『デンジャラス・ウーマン』も含めて6作品が並んだフレッシュなチャートになった。

アプリゲーム『アイマス』シリーズから「Tulip」が初登場で首位を獲得

今回のアニメチャートは、アプリゲーム『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS』からの楽曲「Tulip」が首位となり、2位にDream Ami「トライ・エヴリシング」(映画『ズートピア』の主題歌)、3位にワルキューレ「一度だけの恋なら」(アニメ『マクロスΔ』オープニング)となった。

 「Tulip」はアイドルマスターの“STARLIGHT MASTER”シリーズ第2弾となるシングルの表題曲。アプリゲーム内では既に配信されている楽曲だが、今回の“JAPAN Hot Animation”ではパッケージセールスのポイントを大きく伸ばし、ルックアップのポイントも積み上げてトップを獲得した。2位にはDream Amiの「トライ・エヴリシング」が入り、GW後も好調な映画のロングヒットもあり前回5位から2位にジャンプアップをした。
 
 ダウンロードのポイントでチャートを見てみると、EGOISTの「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」(TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』オープニング)がトップになっており“JAPAN Hot Animation”の5位にチャートインしている。この楽曲はパッケージの発売日を前に先行ダウンロードが行われ、チャートインする曲の好例となっている。6位のポルノグラフィティ「THE DAY」もパッケージの発売に先駆けて、ダウンロードを行っている楽曲となる。ラジオやツイッターといった他の指標でもポイントを積上げ、チャート上位に食い込んだ。パッケージが販売されるとパッケージのポイントも積み上がるので、長期的なチャートインが予測される。

 4位のケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」(映画『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)は、パッケージセールスが落ち着いてきているが、ルックアップでポイントを積み上げている。動画再生回数や、ストリーミングでの歌詞表示回数から推定するストリーミング数でもポイントを積み上げ、ユーザーが様々な方法で楽曲と接触をしていることがわかる。こちらも“聴かれている楽曲”として長期的なチャートインが見込まれる。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる