HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-05-02

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 45
up
ジャニーズWEST
逆転Winner
TOP100入り:2週目

2 3
up
宇多田ヒカル
花束を君に
TOP100入り:2週目

3 2
down
欅坂46
サイレントマジョリティー
TOP100入り:6週目

4
up
℃-ute
何故 人は争うんだろう?
TOP100入り:1週目

5 5
stay
宇多田ヒカル
真夏の通り雨
TOP100入り:2週目

6
up
AOA
愛をちょうだい feat.TAKANORI NISHIKAWA(T.M.Revolution)
TOP100入り:1週目

7 8
up
ケツメイシ
友よ〜この先もずっと…
TOP100入り:5週目

8 4
down
Perfume
FLASH
TOP100入り:8週目

9 37
up
Dream Ami
トライ・エヴリシング
TOP100入り:2週目

10 29
up
スピッツ
みなと
TOP100入り:3週目

11 72
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
最&高
TOP100入り:2週目

12 33
up
[Alexandros]
NEW WALL
TOP100入り:3週目

13 9
down
レイチェル・プラッテン
ファイト・ソング
TOP100入り:3週目

14
up
HoneyWorks meets スフィア
一分一秒君と僕の
TOP100入り:1週目

15 10
down
手嶌葵
明日への手紙
TOP100入り:14週目

16 7
down
乃木坂46
ハルジオンが咲く頃
TOP100入り:9週目

17 26
up
BABYMETAL
KARATE
TOP100入り:8週目

18 14
down
ONE OK ROCK
Wherever you are
TOP100入り:19週目

19 1
down
HKT48
74億分の1の君へ
TOP100入り:2週目

20 6
down
SMAP
世界に一つだけの花
TOP100入り:16週目

ミュージックコラム

ジャニーズWEST「逆転Winner」がセールスで大差を付け総合1位、スピッツ「みなと」ダウンロード3位で早くも総合10位に

読テレ・日テレ系アニメ『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』のOP、ジャニーズWEST「逆転Winner」が、シングルを11.9万枚売り上げてセールスとルックアップで1位、ラジオ9位、Twitter5位と、フィジカルが牽引する形でポイントを積み上げて、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。

 Twitter1位は欅坂46「サイレントマジョリティー」。Twitterでは、2位→13位→5位→2位→2位→1位とSNSでの注目度をチャート初登場以来、高ポイントを維持しており、動画再生でも、12位→4位→8位→3位→1位→2位と、6週間で通算約650万回の再生数を積み上げ、メディアでの露出増に伴い、新たなファンを獲得しつつあることが分かる。また、PCの読取回数のランキングである、ルックアップでも1位→2位→2位と高ポイントをマーク、フィジカルとデジタルともにセールスも落ちておらず、デビュー・シングルにも関わらずロング・ヒット中という異例の展開となっている。

 『Mステ』に3年ぶりに出演したスピッツは、新曲「みなと」を実演、その効果も手伝って、ダウンロード3位、Twitter13位、ラジオ7位で総合10位にジャンプアップした。スピッツの急伸を押さえ、宇多田の2曲は引き続きダウンロードで1、2位をキープ、「花束を君に」はラジオでも1位に立ち、総合2位に順位を上げた。

小田和正 初オールタイムベストALが初登場1位獲得!エビ中、三代目JSBがトップ3

アルバム総合チャート“Hot Albums”では、小田和正にとって初のオールタイムベストアルバム『あの日 あの時』が2位以下を大きく引き離して1位となった。

 『あの日 あの時』には、「さよなら」「言葉にできない」などオフコース時代の楽曲から最新作「風は止んだ」まで50曲も収録されている大ボリュームの作品。リリース初週に10.8万枚を売り上げてセールスポイントを大きく伸ばしこの部門1位。さらにデジタルでもPerfumeをおさえて1位、ルックアップは4位に入り見事チャートを制した。日本の音楽シーンを長きに渡って先導してきた小田和正の衰えぬ人気を見せつけた。

 私立恵比寿中学の3rdアルバム『穴空』は、セールスでポイントを積み上げて2位に入った。ロング・ヒットとなっている三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB LEGACY』が先週同様の3位に。セールス、デジタルは今週もトップ10内を維持、ルックアップでは1位となっており、まだまだ上位をキープすると予想される。また、『ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス』『パープル・レイン』など、21日に急死したプリンスの6作品がチャートイン。偉大なアーティストを追悼し、彼の残した作品に触れた人が日本でも大勢いたことがわかる結果となった。

ジャニーズWESTが他の追随を許さずアニメチャートで初の1位に

 アニメ『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』オープニング楽曲、ジャニーズWEST「逆転Winner」が“Hot Animation”で1位を獲得した。

 3度目のチャートインで見事1位を獲得したジャニーズWEST「逆転Winner」は、パッケージセールスで他の楽曲とはケタ違いのポイントをたたき出し、ルックアップ、Twitterでもポイントを積み重ね、群を抜いた総合ポイントで1位になった。ジャニーズWESTが“Hot Animation”で首位をとるのは今回が初。

 4月23日からロードショーされた映画『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』からはオープニングとエンディングの2曲がチャートイン。エンデイングテーマのHoneyWorks meets スフィアの「一分一秒君と僕の」は初チャートインでラジオのオンエアや、動画再生回数でポイントをプラスし4位になった。

 全ての指標でポイントを獲得しているのは、TOP10ではケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」、Dream Ami「トライ・エヴリシング」、秦基博「ひまわりの約束」。中でも4月20日にパッケージが発売されたケツメイシは、ストリーミングのポイントが急伸していることに注目。これはパッケージの発売がユーザーとの接触機会を増やし、ストリーミングのに跳ね返ったということだろう。Billboard JAPAN HOT100チャートでは、様々な方法で楽曲と接触しユーザーに聞かれている楽曲が分かるが、やはり話題性のある楽曲はチャートインすることが多い。

 『ズートピア』や『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』などGWを目前に公開されている映画もあり、映画に使用される楽曲が今後どのようにポイントを積み上げるのか期待される。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる