HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-03-28

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
Kis-My-Ft2
Gravity
TOP100入り:1週目

2
up
防弾少年団
RUN
TOP100入り:1週目

3
up
トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜
TOP100入り:1週目

4 39
up
Perfume
FLASH
TOP100入り:3週目

5 8
up
手嶌葵
明日への手紙
TOP100入り:9週目

6 1
down
AKB48
君はメロディー
TOP100入り:5週目

7 81
up
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Re:Re:
TOP100入り:3週目

8 2
down
aiko
もっと
TOP100入り:7週目

9 35
up
ケツメイシ
さらば涙
TOP100入り:5週目

10
up
JY
最後のサヨナラ
TOP100入り:1週目

11
up
下野紘
リアル-REAL-
TOP100入り:1週目

12 9
down
ONE OK ROCK
Always coming back
TOP100入り:3週目

13 15
up
ONE OK ROCK
Wherever you are
TOP100入り:14週目

14 4
down
EXILE ATSUSHI + AI
No more
TOP100入り:3週目

15 13
down
RADIO FISH
PERFECT HUMAN
TOP100入り:5週目

16 10
down
復活LOVE
TOP100入り:7週目

17 23
up
星野源
SUN
TOP100入り:45週目

18 6
down
BLUE ENCOUNT
Survivor
TOP100入り:2週目

19 20
up
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:31週目

20 17
down
HOWL BE QUIET
MONSTER WORLD
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

キスマイ「Gravity」初週21万枚を売り上げ、防弾少年団を押さえてビルボード総合首位獲得

 4形態で発売されたKis-My-Ft2「Gravity」が、シングルを21万枚売り上げセールス1位、ルックアップ6位、Twitter6位、ラジオ56位と、シングル・セールスの大差を守り、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。防弾少年団「RUN」は、シングルで12万枚を売上げセールス2位、57,000超のツイート数をマークしTwitter1位のポイントでキスマイを追ったが、他データが奮わず、総合2位となった。

 4月6日にアルバム発売を控えるPerfume「FLASH」は、映画『ちはやふる』主題歌として封切りに合わせたメディア露出効果も後押しして、ダウンロードで1位、ラジオ2位、Twitter8位。総合JAPAN Hot100で4位にジャンプアップした。また、フジ系月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が最終回を迎え盛り上がりを見せるなか、主題歌の手嶌葵「明日への手紙」は、ダウンロードとストリーミングで高ポイントを維持、ラジオのポイントも伸ばして、総合で8位から5位に順位を上げている。

いきものがかり、10周年記念ベストが完全制覇で首位!

 アルバム総合チャート“Hot Albums”では、いきものがかり『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』が断トツのポイントで首位となった。

 『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』は、いきものがかりのデビュー10周年を記念してリリースされたベスト・アルバムで、「じょいふる」「ありがとう」などのヒットシングル曲をはじめ、新曲や新録曲なども収録している。リリースに合わせて精力的にメディア露出したことも手伝って、セールス、デジタル、ルックアップの全部門で1位を獲得しており、文句なしの総合No.1に。今後、ロングヒット作品となるのか、その動向に注目したい。

 2位と3位には、新リリースタイトルが並ぶ。大滝詠一の32年ぶりとなるアルバム『DEBUT AGAIN』がセールスでポイントを積み上げて2位。3位は、flumpoolの約3年半ぶりのオリジナルフルアルバム『EGG』。接戦だった2位・3位争いは、『DEBUT AGAIN』がセールスでのポイント差を守り切った形だ。

 4位のE-Girls『E.G. SMILE-E-girls BEST-』と5位のMAN WITH A MISSION『The World's On Fire』は、今週もセールス以外の2指標でポイントを稼ぎトップ5をキープ。その他、NICO Touches the Walls『勇気も愛もないなんて』(6位)やMay J.『Sweet Song Covers』(10位)などが初登場でトップ10に入った。

『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

 社会現象化しつつある人気アニメ『おそ松さん』のエンディング曲「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」と、同じく今期人気を博す『僕だけがいない街』のオープニング曲であるASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。この人気2曲が同時リリースされた今週のビルボードアニメチャート。その頂上対決は『おそ松さん』に軍配が上がった。

 「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」は『おそ松さん』第1クールの「SIX SAME FACES〜今夜は最高!!!!!!〜」の続編的作品。メインボーカルはアニメのヒロインである“トト子”のクレジットとなる。同曲はCDセールスで圧倒的なポイント差を獲得。アジカン「Re:Re:」はデジタルセールスで「SIX SHAME FACES〜」を破ったものの、このフィジカル・ポイントの差を覆せず2位に終わった。『おそ松さん』関連曲は今週、2クール分のオープニングとエンディング曲が20位以内にチャートインしており、改めてその強さが浮き彫りになっている。

 アジカン「Re:Re:」は前述のデジタルセールス1位に加え、ラジオでも2位、さらにルックアップ2位、Twitter 2位という安定したポイントを獲得。また、上記2曲と同じく3月16日リリースの下野紘「リアル-REAL-」は、CDセールスで「SIX SHAME FACES〜」に続く2位、さらにTwitterで圧倒的な首位を獲得しており、コアファンの存在感が目立った。

 『おそ松さん』関連曲、そして秦基博「ひまわりの約束」のような定番ヒットを除き、10週以上のロングヒットとなっているのはflumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング)のみ。既に大ヒットしている曲を除くと、アニメチャートがどのような状況になっているのか。時折、気にしてみるのも興味深いかも知れない。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる