HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-03-21

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 63
up
AKB48
君はメロディー
TOP100入り:4週目

2 59
up
aiko
もっと
TOP100入り:6週目

3
up
カントリー・ガールズ
ブギウギLOVE
TOP100入り:1週目

4 14
up
EXILE ATSUSHI + AI
No more
TOP100入り:2週目

5 49
up
レミオロメン
3月9日
TOP100入り:20週目

6
up
BLUE ENCOUNT
Survivor
TOP100入り:1週目

7
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Feel So Alive
TOP100入り:3週目

8 4
down
手嶌葵
明日への手紙
TOP100入り:8週目

9 64
up
ONE OK ROCK
Always coming back
TOP100入り:2週目

10 3
down
復活LOVE
TOP100入り:6週目

11
up
高橋優
さくらのうた
TOP100入り:1週目

12
up
アルスマグナ
マシュマロ
TOP100入り:1週目

13 11
down
RADIO FISH
PERFECT HUMAN
TOP100入り:4週目

14 1
down
KAT-TUN
UNLOCK
TOP100入り:3週目

15 9
down
ONE OK ROCK
Wherever you are
TOP100入り:13週目

16 2
down
μ's
MOMENT RING
TOP100入り:2週目

17 54
up
HOWL BE QUIET
MONSTER WORLD
TOP100入り:2週目

18 20
up
NEWS
QUARTETTO
TOP100入り:2週目

19 37
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
AGEHA
TOP100入り:10週目

20 17
down
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:30週目

ミュージックコラム

AKB48「君はメロディー」、141.8万枚を売り上げ、ビルボード総合首位

 AKB48の10周年記念シングルとなり、卒業メンバーも参加して話題を呼んでいる「君はメロディー」。11形態で発売されたシングルの売上は総計141.8万枚をマークし、他楽曲に圧倒的なセールス差を付けて総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。母数が格段に大きいこともあるが、PCでの読取回数データであるルックアップでも2位の嵐「復活LOVE」に大差で1位となる以外に、ダウンロード9位、Twitter3位、ラジオ14位と、シングル・セールス以外のデータ指標でも高ポイントを獲得しており、文句なしの総合首位だ。

 シングル・セールスで約5万枚を売り上げたカントリー・ガールズ「ブギウギLOVE」は、ラジオ、シングル、ルックアップ、Twitter、動画再生でバランス良くポイントを上げたaiko「もっと」にセールス差を逆転され、総合3位に留まった。一方のaiko「もっと」は、先週に比べ、ラジオでは6→2位、Twitter22→7位など、シングル発売に合せて増えた露出効果によって、合計ポイントを大きく上げている。

 3月30日にシングル発売となる三代目の新曲「Feel So Alive」が、早くもTwitterと動画再生で1位となり、総合7位に初登場した。特に国内動画再生回数は230万回を超え、先週まで動画1位を守っていたBIGBANG「BANG BANG BANG」に大差を付けてトップとなっている。

 この時期の定番曲、レミオロメン「3月9日」は、例年通りラジオ3位、Twitter2位と、変わらぬ強さを見せ、並みいる新曲を押さえ総合5位となった。ダウンロード、ストリーミングでもそれぞれ10位と、この楽曲を購入、または聴取するユーザーも引き続き多く、今後もこの安定傾向が続くと思われる。

 ワンオク新曲「Always coming back」は、「Wherever you are」に続いてドコモのCMタイアップ・ソング。ダウンロードが解禁されて大差で1位、知名度を大きく広げつつあり、今後のチャート・アクションに注目だ。

NEWS 圧巻のポイントで総合No.1に、E-GirlsとMWAMは順位を上げてトップ3内に浮上

アルバム総合チャート“Hot Albums”では、NEWSが約1年ぶりにリリースした『QUARTETTO』が2位以下を寄せ付けないポイントでチャートを制した。

 『QUARTETTO』は、“4人で奏でる”というテーマのもと制作されたNEWSの7thアルバム。前述の通り、断トツのポイントで1位を獲得。そのポイント構成としては、ジャニーズ勢の特徴と言えるセールスポイントが大半を占める形になっている。3月26日からは【NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO】をスタートするNEWS、本作がロングヒットとなるかは、ツアーに向けてルックアップポイントが伸びるかが鍵となりそうだ。

 2位と3位には、先週よりランクをあげた作品が続く。2位は、先週より2つランクを上げた、E-Girlsのベストアルバム『E.G. SMILE-E-girls BEST-』。2月10日にリリースされた作品だが、セールスではいまだにトップ10内をキープ、ルックアップでは2位に入っており、リリースから約1か月が経ったが引き続き注目されている作品と言えそうだ。3位には、こちらも先週より2ランクアップで、MAN WITH A MISSION『The World's On Fire』が入った。セールス、デジタルでバランス良くポイントを積み上げ、ルックアップでは1位に。ツアーに備えてPCに取り込んだ人が多くいたと推測される。

 その他、Ms.OOJAのベストアルバム『Ms.OOJA THE BEST あなたの主題歌』やSUPER☆GiRLS『SUPER★CASTLE』、JUJUの洋楽カバーアルバム『TIMELESS』といった3月9日リリース作品がトップ10に顔を並べた。

ブルエン「ガンダム」曲がビルボードアニメチャートで初登場1位に SKE48「プリパラ」曲も既に話題に

 今週のビルボードアニメチャート、1位になったのはBLUE ENCOUNTの「Survivor」。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング曲である同曲は3月9日に発売。CDセールス単独では今週2位のμ's『MOMENT RING』に首位を譲ったが、デジタルセールスでダントツの1位を獲得し逆転。さらにラジオ 3位、ルックアップ 2位、Twitter 2位とバランス良くポイントを積み上げ、盤石のアニメチャート制覇となった。ライト層への拡がりを感じさせる勢いを今後どこまで継続できるのか、注目だ。

 今週2位は前述のμ's『MOMENT RING』。発売2週目でもCDセールスが好調。さらにTwitterも3位と健闘しており、『ラブライブ!』初の人気グループがさすがの貫禄を見せている。そんな中、Twitter単独で1位を獲得したのがSKE48「チキンLINE」。映画『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』の主題歌である同曲は、CDの発売は3月30日とまだ先ながら、ラジオとTwitterのポイントのみで今週14位に食い込んだ強力な一曲だ。

 その他、今週は注目の新曲のリリースが少なく、ロングヒットものが多くチャートイン。秦 基博、UNISON SQUARE GARDEN、A応Pと、定番ものの他、GENERATIONS from EXILE TRIBE「Hard Knock Days」、MAN WITH A MISSION「Raise your flag」、AI「Story」が久々にチャートに返り咲いている。特に、GENERATIONSとMWAMの2曲はYoutubeでの反応が良く、それがデジタルセールス後押しする形となっており、短期的なプロモーション目的だけでなく長期的にも、Youtube等、リスナーがリーチし易い場所にコンテンツを配することが有効だと分かる。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる