HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2016-02-08

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 13
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
AGEHA
TOP100入り:4週目

2 5
up
星野源
SUN
TOP100入り:38週目

3
up
lol
ladi dadi
TOP100入り:1週目

4 2
down
SMAP
世界に一つだけの花
TOP100入り:4週目

5 6
up
ONE OK ROCK
Wherever you are
TOP100入り:7週目

6 4
down
AI
みんながみんな英雄
TOP100入り:2週目

7
up
GLAY
彼女はゾンビ
TOP100入り:1週目

8 8
stay
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:24週目

9
up
Trickstar
Rebellion Star
TOP100入り:1週目

10 87
up
BUMP OF CHICKEN
Butterfly
TOP100入り:2週目

11 23
up
AKB48
365日の紙飛行機
TOP100入り:9週目

12 9
down
稲葉浩志
TOP100入り:5週目

13 11
down
コブクロ
未来
TOP100入り:9週目

14
up
Ra*bits
Joyful×Box*
TOP100入り:1週目

15 1
down
NEWS
ヒカリノシズク
TOP100入り:4週目

16
up
宮野真守
HOW CLOSE YOU ARE
TOP100入り:1週目

17 7
down
浦島太郎(桐谷健太)
海の声
TOP100入り:9週目

18 45
up
Suchmos
STAY TUNE
TOP100入り:4週目

19 16
down
NakamuraEmi
YAMABIKO
TOP100入り:4週目

20
up
岸田教団&THE明星ロケッツ
GATE II〜世界を超えて〜
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

GENERATIONS「AGEHA」、ビルボード総合首位獲得、星野源総合2位に上昇

GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」が、シングル・セールスとTwitterで1位となり、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。4週前の初登場時からTwitterが好調で1位→15位→2位→1位と推移したが、動画再生回数が思いのほか伸びず18位→30位→29位→20位に留まっている。これをみると動画再生回数がこの曲のヒットの鍵となりそうだ。

 星野源「SUN」が前回5位から総合2位に順位を上げている。これは、ダウンロードが「みんながみんな英雄」に次いで2位、ストリーミングも「トリセツ」に次いで2位となったことが大きい。動画再生回数も3位と4週連続で140万回以上をマークしており、そこからダウンロードやストリーミングにユーザーが動いていることがよく分かる展開だ。

 日本レコード大賞新人賞を受賞したlol(エルオーエル)「ladi dadi」は初登場3位。ロックバンドBACK-ONが提供した歌モノEDMダンスチューンは、2位となったシングル・セールスのポイントが牽引する形だ。また、1月度JAPAN Hot100の台風の目となったSMAP「世界に一つだけの花」は、シングル7位とセールスでは落ち着きを見せつつある一方で、Twitterでは2位とまだまだ強い。今週おそらくトリプル・ミリオンを達成するとみられるこの曲は、今後緩やかに総合順位が下降すると予想できるが、コア・ファンによるTweetはしばらく続くだろう。

山下智久 初ベストALが首位獲得、星野源とback numberは好調維持

 アルバム総合チャート“Hot Albums”第36回目では、山下智久の初のベストアルバム『YAMA-P』が首位を獲得。週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”でも1位となり2冠を達成した。

 『YAMA-P』には、山下智久の本格的ソロ音楽活動スタートからのシングル楽曲「愛、テキサス」「怪・セラ・セラ」などに加え、アルバムからの代表曲を厳選して収録。さらにファンの間でCD化を望む声が多かった「Dreamer」をセルフカバーとしてCD初収録している作品。セールスで他を圧倒するポイントを出しての1位となった。次週以降、セールスでのポイントが落ち着くとみられるが上位に留まることができるのか、その動向を見守りたい。

 2位以下は接戦となった今週の“Hot Albums”。2位は、星野源『YELLOW DANCER』。3位は、back number『シャンデリア』とロングヒット中のタイトルが続いた。両作ともポイントの構成はデジタルとルックアップが大半で、わずかに『YELLOW DANCER』が上回った形だ。4位は、Acid Black Cherry『2015 arena tour L−エル− LIVE CD』。その4位と僅差の5位には、ゲスの極み乙女。『両成敗』が入った。

 なお、デジタル部門1位になったのは、チャーリー・プースのデビューアルバム『ナイン・トラック・マインド』。映画『ワイルドスピード スカイミッション』挿入歌で、ウィズ・カリファと共演した「シー・ユー・アゲイン」が大きな注目を集めたチャーリー・プース。パッケージセールスでは苦戦しているがデジタルではTOPになり、ダウンロード世代からの支持が高いことがわかる。

14曲初登場のアニメチャートで『あんスタ』2ユニットが大活躍 デジタルでは岸田教団&THE明星ロケッツが首位

 1月27日発売の新曲14曲が一気に初登場した今週のビルボードアニメチャート Hot Animation。そんな中、1位と3位を獲得し、上位を占拠したのがアイドルプロデュースゲーム『あんさんぶるスターズ!』の2ユニット、TrickstarとRa*bits。Trickstarは「Rebellion Star」で今週1位を獲得。また、Ra*bitsは「Joyful×Box*」で3位となった。2グループともほぼ同程度のCDセールス、ルックアップのポイントを獲得し、大変動のアニメチャートでシリーズの存在感を見せつけた。

 そんな2曲に挟まれて今週2位になったのは稲葉浩志「羽」(『名探偵コナン』オープニング)。CDセールスは落ちたもののラジオプレイ、デジタルセールスは好調で、チャートイン4週目でも安定感を見せているのは流石。ロングヒット系では、8位にA応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(『おそ松さん』オープニング)、10位に秦 基博「ひまわりの約束」が、15位にMrs.GREEN APPLE「Speaking」(『遊☆戯☆王ARC-V』エンディング)がそれぞれチャートイン。このあたりの曲が今後のアニメチャートの分水嶺となりそうだ。

 Hot Animationは総合チャートだが、デジタルセールスの指標で並べ替えると全く異なるヒットの様相が見えてくる。それによると今週首位は岸田教団&THE明星ロケッツ「GATE II〜世界を超えて〜」(『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』オープニング)、2位はSCREEN mode「Naked Dive」(『無彩限のファントム・ワールド』オープニング)。その他、STEREO DIVE FOUNDATIONやMachicoの1月27日発売曲も上位となり、一方、TrickstarとRa*bitsは下位になる。今後これらの曲がどう推移するのか。現代の“ヒット”の多様性を考えるサンプルとなりそうなチャート結果だ。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる