HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-11-16

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
EXO
Love Me Right〜romantic universe〜
TOP100入り:1週目

2 4
up
サカナクション
新宝島
TOP100入り:8週目

3 1
down
乃木坂46
今、話したい誰かがいる
TOP100入り:6週目

4
up
Da-iCE
HELLO
TOP100入り:1週目

5 6
up
ゲスの極み乙女。
オトナチック
TOP100入り:5週目

6 95
up
いきものがかり
ラブとピース!
TOP100入り:2週目

7
up
大原櫻子
キミを忘れないよ
TOP100入り:1週目

8 8
stay
THE Sharehappi from 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Share The Love
TOP100入り:4週目

9 7
down
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:12週目

10
up
DISH//
俺たちルーキーズ
TOP100入り:1週目

11 2
down
Perfume
STAR TRAIN
TOP100入り:4週目

12
up
Silent Siren
alarm
TOP100入り:1週目

13 12
down
MAN WITH A MISSION
Raise your flag
TOP100入り:5週目

14 63
up
愛を叫べ
TOP100入り:12週目

15 18
up
back number
クリスマスソング
TOP100入り:3週目

16 10
down
西内まりや
Save me
TOP100入り:2週目

17
up
Suara
不安定な神様
TOP100入り:1週目

18
up
YUKI
tonight
TOP100入り:1週目

19 84
up
アリアナ・グランデ
フォーカス
TOP100入り:2週目

20 61
up
MACO
Kiss
TOP100入り:5週目

ミュージックコラム

EXO「Love Me Right〜」、セールスとTwitterで高ポイント、ビルボード総合首位獲得

11月6〜8日の東京ドーム公演を成功させたEXOの「Love Me Right〜romantic universe〜」が、パッケージ・セールス1位、Twitterで2位となり、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。ラジオは圏外、YouTubeでは52位など他指標データでは奮わなかったが、コア・ファンの強い後押しによって、セールスとTwitterが急伸した。

 総合2位と前週4位から順位を上げたサカナクション「新宝島」。前週に引き続きYouTubeの週間国内再生回数で1位、前週よりも再生回数を増やし150万回に迫る勢いだ。こちらに付随してダウンロードとルックアップも順位を上げる結果となっており、ロングヒットとして上位を守る可能性が高い。

 今週ルックアップで1位に立ったのはゲスの極み乙女。「オトナチック」。YouTubeでも前週比約30万回の週間再生回数を伸ばして3位となり、ダウンロードでも強く、若年層への広がりが見て取れる展開となっている。また江崎グリコ『ポッキー』CMソングのTHE Sharehappi「Share The Love」は、11月11日『ポッキーの日』を前に露出が増大、ダウンロードとストリーミングで1位に立った。

ザ・ビートルズ 衰えぬ人気を見せつけ究極のベストALが首位

 アルバム複合チャート“Hot Albums”第24回目では、ザ・ビートルズの“究極のベスト”と呼び声高い『ザ・ビートルズ 1』がトップの座を獲得した。

 『ザ・ビートルズ 1』は、全英、全米で1位を記録した27曲を最新ミックスで収録したザ・ビートルズのベストアルバム。洋楽作品は金曜日にリリースされることから邦楽作品と比べ集計期間が短いが、『ザ・ビートルズ 1』はそのことをものともせず、セールスで断トツトップのポイントを叩き出しチャートの頂点に立った。また、11月16日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”でも1位となり、2つのチャートを制覇した。

 2位に入ったのは、2週連続で1位となっていた嵐『Japonism』。セールス部門では引き続きポイントを積み上げて2位に、ルックアップでは1位と2つの指標で高順位をキープした。今週は『ザ・ビートルズ 1』に首位を明け渡したが、今後も上位にチャートインする可能性が濃厚だ。3位は、今ミュージック・シーンの注目を一身に集めているPizza of Death Records所属のWANIMAの1stフルアルバム『Are You Coming?』。セールス・デジタルが共に3位、ルックアップ6位とすべての指標でバランス良くポイントを集めてTOP3入りを果たした。

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」がビルボードアニメチャート2連覇 大原櫻子が2位に迫る

乃木坂46「今、話したい誰かがいる」がビルボードアニメチャートでも首位になった。これで同曲の首位は2週目となる。

 映画『心が叫びたがってるんだ。』の主題歌として、映画と共に話題となっている同曲。今週もCDセールスで1位、さらにルックアップ、Twitterでも1位となり、フィジカル指標を中心にポイントを積み上げた。次週以降はレンタルのポイントも加算される可能性があり、この勢いでさらなるロングヒットとなることが期待される。

 今週2位に初登場したのは大原櫻子「キミを忘れないよ」。映画『ちびまる子ちゃん』の主題歌として話題を集める同曲はCDセールスで2位を記録。さらにラジオプレイのポイントで1位となり、3位以下の楽曲より一歩抜きん出た。全体的にラジオでプレイされづらい傾向のあるアニメソングだけに、こうして“アニメ畑”以外のアーティストを起用することで、リスナーとの接触機会を増やす方法論は現在でも有効だ。今週3位のMAN WITH A MISSION「Raise your flag」(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング)についても、それは同様だろう。

 上位に非アニメ畑のアーティストが並んだ中、4位のSuara「不安定な神様」(『うたわれるもの 偽りの仮面』主題歌)はアニメ畑のアーティストによる作品だ。そのポイント構成を見てみると、デジタルセールスの1位が目立つ。一般的にデジタルセールスはアーティストのファンではない、楽曲ファン/ライトユーザー層の動向が反映される傾向があり、本作がアニメ自体をきっかけに幅広いファンに親しまれているのではないかと推測できる。今後ここからもうひと伸びするには、アニメを含めてネット上でのバズが必要となりそうだが、果たしてどうだろうか。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる