HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-10-19

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
down
NMB48
Must be now
TOP100入り:2週目

2 1
down
サカナクション
新宝島
TOP100入り:4週目

3
up
Aqours
君のこころは輝いてるかい?
TOP100入り:1週目

4 2
down
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:8週目

5 3
down
E-Girls
Dance Dance Dance
TOP100入り:6週目

6 26
up
ONE OK ROCK
The Way Back -Japanese Ver.-
TOP100入り:2週目

7 8
up
SEKAI NO OWARI
SOS
TOP100入り:4週目

8
up
ゲスの極み乙女。
オトナチック
TOP100入り:1週目

9 11
up
家入レオ
君がくれた夏
TOP100入り:12週目

10 15
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:70週目

11 17
up
miwa
夜空。 feat.ハジ→
TOP100入り:9週目

12
up
さんみゅ〜
トゲトゲ
TOP100入り:1週目

13
up
吉井和哉
超絶☆ダイナミック!
TOP100入り:1週目

14 16
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Unfair World
TOP100入り:7週目

15
up
DOBERMAN INFINITY
JUMP AROUND ∞
TOP100入り:1週目

16 41
up
ジャネット・ジャクソン
バーンイットアップ! feat.ミッシー・エリオット
TOP100入り:2週目

17 20
up
ジャスティン・ビーバー
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
TOP100入り:6週目

18
up
SiM
CROWS
TOP100入り:1週目

19
up
EXILE
Ki・mi・ni・mu・chu
TOP100入り:1週目

20 23
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:59週目

ミュージックコラム

NMB48「Must be now」、パッケージで大差をつけビルボード総合首位獲得

 NMB48「Must be now」が、パッケージ発売週の大差を守り、サカナクション「新宝島」を押さえて総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。先週総合2位の「新宝島」は引き続きラジオとダウンロードで1位、Twitter2位、YouTubeで3位となるなど、引き続き各データで好調を維持しており、次週ルックアップ指標の順位がアップすればロングヒットに繋がる可能性が高い。

 チャートイン回数が通算70回を超え、2年越しのロングヒットとなっている三代目「R.Y.U.S.E.I.」。今週はYouTubeで「千本桜」から1位を奪還し、総合10位に返り咲いた。ちなみに今週のチャートイン回数トップは、テイラー・スウィフト「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」(総合80位)で103回。次いでSEKAI NO OWARI「RPG」(総合73位)の89回、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」(総合92位)の71回が続く。

 今週Twitter1位となったのはEXILE「Ki・mi・ni・mu・chu」。12月リリース予定のこの曲は、サントリー『ザ・モルツ』のCMソング。第二弾CMが放送中で、それに伴い、Tweet数が増えたものとみられる。YouTubeでも、週間国内再生回数が30万回を超えて36位に初登場しており、今後の展開に注目だ。

米津玄師『Bremen』、2位以下を大きく引き離して総合1位に!

アルバム複合チャート“Hot Albums”第20回目は、米津玄師の3rdアルバム『Bremen』が2位以下を圧倒するポイントで1位を獲得した。

 『Bremen』は、「アンビリーバーズ」「Flowerwall」などのシングル曲を含む全14曲を収録している作品。セールスで大きくポイントを稼ぎ1位、デジタルでは、マルーン5やアヴィーチーといった洋楽勢を抑えての1位、ルックアップでも3位に入り、各指標で高いポイントを叩き出し見事総合1位に。今年、全国7大都市ツアーや夏フェス出演など精力的に活動し、多くの支持を集めた結果と言えるだろう。

 セールスでポイントを積み上げ2位に入ったのは、今井美樹のデビュー30年を記念して発売したベストアルバム『Premium Ivory-The Best Songs Of All Time-』。今後、セールス以外のポイントを伸ばし、ロングチャートインになるか注目したい。2週連続1位だったマルーン5『シングルス』は3位に後退。セールスは落ち着いてきたが、依然としてデジタルは好調でまだまだ注目されているタイトルと言えるだろう。同じく洋楽作品のアヴィーチー『ストーリーズ』もデジタルの好調を維持し今週5位に入り上位をキープしている。

「ラブライブ!」Aqoursがビルボードアニメチャートを制覇 乃木坂46「ここさけ」主題歌も好調

 上位3曲が全て新曲となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、1位となったのは人気シリーズ『ラブライブ!』の新企画に登場するアイドルグループ“Aqours”による1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」だ。同シリーズから誕生した多くの楽曲同様、畑亜貴が作詞を手掛けた同曲は、CDセールスで2位以下を圧倒。ルックアップでも1位となり、フィジカル指標の強さでダントツの首位となった。

 今週2位となったのは吉井和哉「超絶☆ダイナミック!」(『ドラゴンボール超』OP曲)。アニメチャート中、ラジオポイントで1位という得意武器を活かしたポイント構成で後続との接戦を制した。、また、3位にはCROSS GENEによる「Love & Peace」(『デュエル・マスターズ バーサスレボリューション』ED曲)がチャートインしている。

 先週から引き続き今週も注目したいのは乃木坂46による「今、話したい誰かがいる」(映画『心が叫びたがってるんだ。』主題歌)。10月28日のCD発売に先がけデジタル配信を解禁した同曲は、Twitterポイントでアニメチャート中1位となる等、話題力を強化中。先週の8位から更に順位を上げ、今週4位となった。映画自体も各方面から好評が漏れ聞こえており、このペースでいけば最高のタイミングでCD発売を迎えられそうだ。

 同じく次週以降の発売では10月14日発売の2曲のチャートインにも注目。今週15位となったMAN WITH A MISSION「Raise your flag」(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』主題歌)は、デジタルとラジオでポイントを積み上げ初のチャートイン。また、今週17位となったKEYTALKの「スターリングスター」(『ドラゴンボール超』ED曲)は、ラジオやYoutubeなど、プロモーション部分でポイントを加算、先週の9位に引き続き今週もチャートインを果たしている。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる