HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-09-21

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 11
up
SMAP
Otherside
TOP100入り:3週目

2 56
up
西野カナ
トリセツ
TOP100入り:4週目

3 3
stay
家入レオ
君がくれた夏
TOP100入り:8週目

4 1
down
愛を叫べ
TOP100入り:4週目

5 2
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Unfair World
TOP100入り:3週目

6
up
超特急 feat.マーティ・フリードマン
Beautiful Chaser
TOP100入り:1週目

7 50
up
SCANDAL
Sisters
TOP100入り:3週目

8 6
down
miwa
夜空。 feat.ハジ→
TOP100入り:5週目

9
up
VIXX
Can't say
TOP100入り:1週目

10 80
up
秦基博
Q&A
TOP100入り:2週目

11 4
down
AKB48
ハロウィン・ナイト
TOP100入り:5週目

12
up
EXILE ATSUSHI + AI
Be Brave
TOP100入り:1週目

13 7
down
木村カエラ
EGG
TOP100入り:2週目

14 8
down
AAA
愛してるのに、愛せない
TOP100入り:2週目

15 9
down
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:55週目

16 13
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:66週目

17 27
up
ジャスティン・ビーバー
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
TOP100入り:2週目

18 14
down
Crystal Kay feat.安室奈美恵
REVOLUTION
TOP100入り:2週目

19
up
ゴスペラーズ
Dream Girl
TOP100入り:1週目

20 15
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Summer Madness
TOP100入り:15週目

ミュージックコラム

SMAP「Otherside」が西野カナとの激しいビルボード総合首位争いで勝利

激しい首位争いが毎週繰り広げられる9月のBillboard JAPAN Hot100。今週は、SMAP「Otherside」がラジオ、シングル・セールスで1位、西野カナ「トリセツ」はダウンロードとTwitterで1位と、両アーティストがそれぞれの強みを発揮して、総合首位争いを展開した。結局、シングル・セールスとラジオの大差を西野カナが覆せず、僅かなポイント差でSMAPが総合首位を獲得した。デジタル領域で強い西野カナは前週に引き続き、総合Hot100に「トリセツ」「もしも運命の人がいるのなら」「好き」「Darling」4曲をチャート・インさせている。

 西野カナ同様、デジタル領域で強いAAAも、総合Hot100に「愛してるのに、愛せない」「LOVER」「恋音と雨空」「さよならの前に」4曲をチャート・インさせている。ダウンロード、Twitter、YouTubeでポイントを積み上げており、次週シングル・セールスのポイントが加算される「愛してるのに、愛せない」のチャート・アクションが注目される。

 フジ系月9ドラマ『恋仲』主題歌の家入レオ「君がくれた夏」が引き続き強く総合3位を守った。特にルックアップが2位、セールスも4位と、ロングヒットの兆候を見せている。Twitterでも常にTop10圏内をキープ、今週ドラマ最終回を迎え、一層の盛り上がりは確実だ。

ゆず、14年ぶりのライブアルバムがワンツーフィニッシュ!

アルバム複合チャート“Hot Albums”第16回目は、ゆずが14年ぶりにリリースした2枚のライブアルバム『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』と『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』が1位・2位となった。

 両作は今年の8月15日と16日に、横浜スタジアムで開催された弾き語りライブの模様を日にちごとに収録したライブアルバム。収録曲の半分以上が違う楽曲になっていることも話題になったアルバムが、セールスで他を圧倒する数字を稼ぎ上位を占めた。

 3位は、DREAMS COME TRUEのコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』。セールスポイントは5位となったが、今週もデジタル2位、ルックアップでは1位と高ポイントを出しており、TOP3入りを果たした。先週1位の和楽器バンド『八奏絵巻』は、セールス4位、デジタル5位と安定した数字を残し今週は4位に。セールスで3位となったアイドリング!!!のラストアルバム『SINGLE COLLECTIONグ!!!』は他指標でポイントが稼げず総合5位となった。

ZHIEND、麻枝准プロデュースによる『Charlotte』劇中バンド新曲が初登場にしてビルボードアニメチャートを制覇

先週1位の秦 基博を僅差で破り、今週アニメチャート首位となったのは『Charlotte』の劇中バンド、ZHIENDによるファーストシングル「TRIGGER」。同曲はアニメの原作・脚本もつとめる麻枝准が楽曲のプロデュースと作詞を担当。指標別に見ると、CDセールスで2位以下と大きく差を付け1位となったほか、ルックアップ(=CDのPCへの取り込み回数)も3位と好調、また、Twitterでも2位という結果となり、その支持の高さを見せつけている。

 今週2位は秦 基博「ひまわりの約束」。9月9日発売の「Q & A」のプロモーション効果で、アーティスト本人に注目が集まったことが奏功し、昨年発売の名曲が2週連続の上位ランクインとなった。その最大の牽引力となっているのはYoutubeで、SEKAI NO OWARI「RPG」等人気曲を抑え1位を獲得。また、ストリーミング、デジタルセールスでも今週2位となっている。

 今週の3位と4位はともに9日発売の新曲。3位は、マリア・カデンツァヴナ・イヴ(日笠陽子)による『戦姫絶唱シンフォギアGX』劇中歌「銀腕・アガートラーム」。こちらはCDセールスのポイントでZHIENDに続き2位。さらにデジタルセールスも4位と堅調で、高いセールス力で上位に食い込んだ。一方、4位の、宮内れんげ(小岩井ことり)、一条蛍(村川梨衣)、越谷夏海(佐倉綾音)、越谷小鞠(阿澄佳奈)による『のんのんびより りぴーと』とのタイアップ曲「おかえり」は、CDセールスは7位と伸び切らなかったものの、デジタルセールスが1位となり、混戦を制してアニメチャート4位となった。

 5位には、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が久々に再浮上。また、6位のCHiCO with HoneyWorks「プライド革命」や、7位のGENERATIONS from EXILE TRIBE「Hard Knock Days」など、20曲中14曲が8月以前に発売された作品となったのも今週チャートの特徴。今後、この混戦模様がどのように移り変わって行くのかにも注目が集まる。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる