HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-08-17

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
関ジャニ∞[エイト]
前向きスクリーム!
TOP100入り:1週目

2 5
up
椎名林檎
長く短い祭
TOP100入り:5週目

3 2
down
SEKAI NO OWARI
ANTI-HERO
TOP100入り:4週目

4 4
stay
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Summer Madness
TOP100入り:10週目

5
up
CINDERELLA PROJECT
Shine!!
TOP100入り:1週目

6 8
up
カーリー・レイ・ジェプセン
アイ・リアリー・ライク・ユー
TOP100入り:23週目

7
up
DANCE EARTH PARTY feat.スカタライツ + 今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers
BEAUTIFUL NAME
TOP100入り:1週目

8 58
up
KANA-BOON
ダイバー
TOP100入り:2週目

9 33
up
CHiCO with HoneyWorks
プライド革命
TOP100入り:2週目

10 10
stay
家入レオ
君がくれた夏
TOP100入り:3週目

11 77
up
flumpool
夏よ止めないで〜You're Romantic〜
TOP100入り:2週目

12 3
down
AAA
LOVER
TOP100入り:3週目

13
up
Silent Siren
八月の夜
TOP100入り:1週目

14 13
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:61週目

15 19
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:50週目

16 12
down
大原櫻子
真夏の太陽
TOP100入り:6週目

17 48
up
ウォーク・ザ・ムーン
シャット・アップ・アンド・ダンス
TOP100入り:8週目

18
up
平井堅
君の鼓動は君にしか鳴らせない
TOP100入り:1週目

19 11
down
JUJU
PLAYBACK
TOP100入り:7週目

20 18
down
ゲスの極み乙女。
ロマンスがありあまる
TOP100入り:10週目

ミュージックコラム

関ジャニ「前向きスクリーム!」がセールスで大差、ビルボード総合首位獲得

関ジャニ∞[エイト]「前向きスクリーム!」が、フィジカル・セールスで2位の椎名林檎に10倍以上の大差で1位となり、ダウンロードやストリーミング、YouTubeのポイントが無いなかで、文句無しのBillboard JAPAN Hot100首位となった。椎名林檎「長く短い祭」は、フィジカル2位、ダウンロード1位、ルックアップ2位など、各指標でポイントを伸ばしたが、フィジカルの大差を覆すには至らなかった。

 Twitterで1位となったのは、昨年9月にリリースされたAAA「さよならの前に」。今年9月には10周年を迎えるAAAが、『a-nation island』で3年連続のトリを務め、そのセットリストに含まれた各曲が多くツイートされる結果となった。同時にストリーミングとYouTube、ルックアップのポイントが急伸、各曲が総合順位も上げる結果に繋がっている。

 YouTubeでは三代目「Summer Madness」と「R.Y.U.S.E.I.」が6週連続で1、2フィニッシュ。両曲ともセールスを伸ばしており、この勢いを止めるのはどの曲かが焦点になってきた。

ドリカム、20周年記念ベストALが首位返り咲き!

アルバム複合チャート“Hot Albums”第11回目は、DREAMS COME TRUEのコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』が2週間ぶりに1位の座に舞い戻ってきた。

 『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は、8月10日付“Hot Albums”チャートでは、V6のデビュー20周年記念ベストアルバム『SUPER Very best』に次いで2位だったが1週間で再び首位に戻ってきた。セールス部門では、サカナクションや浜崎あゆみのニューアルバムを抑えて1位。ダウンロード部門でも1位。そして、ルックアップ部門でも1位とまさに完全制覇。リリースから1か月が経ったが、勢いを維持しておりドリカムの国民的人気を表す結果と言えるだろう。

 2位に入ったのは、サカナクションのカップリング&リミックス集『懐かしい月は新しい月 〜coupling & Remix Works〜』。セールス部門2位、ダウンロード部門4位となったのが上位チャートインの原動力となった。浜崎あゆみ『sixxxxxx』は、セールスとデジタルで3位に入りTOP3入りを果たした。2位、3位は非常に僅差での決着となった。4位は、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』のサウンドトラック『Notes of School Idol Days 〜Curtain Call〜』が入り『ラブライブ!』の人気を改めて見せつけた。

『アイマス』CINDERELLA PROJECTが、KANA-BOONやCHiCO with ハニワを破りアニメチャート首位を獲得

 今週のビルボードアニメチャートは8月5日新発売の3曲が上位を独占。首位は『アイドルマスター シンデレラガールズ』オープニング曲であるCINDERELLA PROJECTの「Shine!!」となった。

 「Shine!!」はチャート初登場にして1位を記録。チャートイン3週目の映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』主題歌のKANA-BOON「ダイバー」や、同じくチャートイン2週目の『銀魂°』オープニング曲、CHiCO with HoneyWorks「プライド革命」を飛び越して結果を残した。その最大の原動力となったのはCDセールスのポイントで、2位以下に大きな差をつけている。そのCDセールスに引っ張られる形でルックアップで1位を獲得したほか、デジタルセールスでも3位と健闘し、堂々の首位となった。

 今週の2位のKANA-BOON「ダイバー」は、エアプレイとTwitterで1位を獲得。CD・デジタルともにセールスでも高ポイントとなったが、最終的に「Shine!!」には一歩及ばなかった。また、3位となったCHiCO with HoneyWorks「プライド革命」はデジタルセールスで1位となり、主に若い世代からの支持が高いことをうかがわせた。

 今週は他にも7曲の新曲がチャートイン。OLDCODEXやゆいかおりといったアニメチャートの常連組に加えて、WHITE ASHや筋肉少女帯などのロック・バンドの曲も登場している。また、今週4位となったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」を筆頭に、秦基博「ひまわりの約束」(8位)、SEKAI NO OWARI「RPG」(19位)といった常連組は今週もランクイン。その他、14位には8月12日発売の『ONE PIECE』主題歌、GENERATIONS from EXILE TRIBEの『Hard Knock Days』がチャートイン、CD発売に向けてラジオやTwitterなどで存在感を発揮しポイントを積み上げた。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる