HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-08-03

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 47
up
乃木坂46
太陽ノック
TOP100入り:3週目

2
up
水樹奈々
Exterminate
TOP100入り:1週目

3 3
stay
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Summer Madness
TOP100入り:8週目

4
up
AAA
LOVER
TOP100入り:1週目

5 4
down
カーリー・レイ・ジェプセン
アイ・リアリー・ライク・ユー
TOP100入り:21週目

6 34
up
大原櫻子
真夏の太陽
TOP100入り:4週目

7 82
up
SCANDAL
Stamp!
TOP100入り:3週目

8 7
down
JUJU
PLAYBACK
TOP100入り:5週目

9
up
アンジュルム
七転び八起き
TOP100入り:1週目

10 8
down
椎名林檎
長く短い祭
TOP100入り:3週目

11 91
up
キュウソネコカミ
MEGA SHAKE IT!
TOP100入り:2週目

12 1
down
μ's
僕たちはひとつの光
TOP100入り:2週目

13 9
down
ゲスの極み乙女。
ロマンスがありあまる
TOP100入り:8週目

14 2
down
NMB48
ドリアン少年
TOP100入り:3週目

15 12
down
UNISON SQUARE GARDEN
シュガーソングとビターステップ
TOP100入り:11週目

16 14
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:59週目

17
up
High×Joker
HIGH JUMP NO LIMIT
TOP100入り:1週目

18 17
down
西野カナ
もしも運命の人がいるのなら
TOP100入り:13週目

19
up
Beit
スマイル・エンゲージ
TOP100入り:1週目

20 10
down
少女時代
PARTY
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

乃木坂46「太陽ノック」がセールスで大差をつけビルボード総合首位獲得

 5仕様で発売された乃木坂46「太陽ノック」が、フィジカル、ルックアップで大差の1位となり、水樹奈々と三代目を押さえてBillboard JAPAN Hot100首位を獲得した。他指標でも、ラジオ8位、ダウンロード9位、ツイッター2位と高ポイントを上げており、パッケージ指標を中心に次週も高順位を維持できるか注目される。

 YouTube国内再生回数180万回弱で、先週に引き続き同指標1位の三代目「Summer Madness」。ルックアップでは3週連続で2位となっており、まさに今夏のアンセムとして浸透していることがよく分かる結果だ。

 Twitterで1位となったのはAAA「LOVER」。今週のパッケージ発売に先行して解禁されたダウンロード指標で3位となり、両データとYouTubeが順位を押し上げて総合4位に初登場となっている。一方、デジタル2指標で1位となったのはカーリー・レイ・ジェプセン。YouTubeでも7位で、シングル盤のポイントが反映されないなかで、前週4位から順位をひとつ下げて総合5位と大健闘。テレビやラジオでの露出に加え、ネットプロモーションが息の長いセールスに繋がっているようだ。

ドリカム、コンプリートベストALの勢い留まらず3週連続で1位!

アルバム複合チャート“Hot Albums”第9回目は、DREAMS COME TRUEコンプリート・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』が3週続けての1位を獲得した。

 『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』は、リリース日の7月7日から3週間が経過したが、今週もセールス、ダウンロード、ルックアップの全部門で1位。ドリカムが幅広い世代に支持されていることが改めてわかる結果となった。累計実売数は50万枚突破を目前としており、今年を代表するアルバムの1枚になるであろう。今後も上位でのチャートインが予想される。

 2位は、セールスでポイントを稼いだUNISON SQUARE GARDENのバンド結成10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』。高橋優のベストアルバム『高橋優 BEST 2009-2015『笑う約束』』は、セールスでUSGに一歩届かなかったが3位となりTOP3入りを果たした。4位は、先週2位だったTUBEのオールタイムベストアルバム『BEST of TUBEst〜All Time Best〜』。5位には、『ラブライブ!』の絢瀬絵里役などで活躍している南條愛乃の1stフルアルバム『東京 1/3650』がチャートインした。

『シンフォギアGX』水樹奈々が初登場でアニメチャートを制覇 『ラブライブ!』μ'sと『血界戦線』USGは上位キープ

今週のビルボードアニメチャートは『戦姫絶唱シンフォギアGX』OP曲、水樹奈々の「Exterminate」が1位となった。指標別に見ると、同曲はCDセールスで他を圧倒。さらにそれによりルックアップ(CDの取り込み回数)も引き上げられた。さらに注目はTwitterでのポイントで、Twitter 2位となったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」に2倍以上のポイントなり、アーティストへの期待や支持、注目度の高さを改めて証明した。

 アニメチャート2位となったのは先週首位だった映画『ラブライブ!The School Idol Movie』挿入歌、μ's「僕たちはひとつの光」。CDセールスも引き続き好調、かつルックアップとデジタルセールスで高ポイントを獲得した。「ラブライブ!」×μ'sの組み合わせは7月中に3作連続でシングルを発売したが、そのA面曲は今週も3曲すべてランクイン。7月8日発売の「SUNNY DAY SONG」アニメチャート6位、7月1日発売の「Angelic Angel」はアニメチャート7位と健闘した。

 アニメチャート3位はこれで11週目のチャートインとなった前述のUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」。Twitterに加え、エアプレイやセールス、Youtubeなどほぼ全指標でポイントを獲得。同曲がED曲となっているアニメ『血界戦線』は6月以降、最終話を前にして異例の休止状態となっているが、このままの勢いだと現在放送枠を調整中だと伝えられる同最終回の放送まで3位圏内をキープする可能性も。

 その他、7月22日発売の新曲は4位のHigh×Joker「HIGH JUMP NO LIMIT」以降7曲がランクイン。7月より開始したアニメシリーズの主題歌/挿入歌がどのように推移するかも引き続き注目だ。また、ロングヒットでは奥華子の映画『時をかける少女』主題歌2曲が先週に引き続きランクイン。指標別に見るとポイントの多くはダウンロードとYoutubeによるものであることが分かる。奥は7月半ばよりデビュー10周年を振り返る弾き語りツアーも行っており、今回の結果がそれに弾みをつける形となりそうだ。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる