HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-07-06

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 41
up
NEWS
チュムチュム
TOP100入り:3週目

2 9
up
Shiggy Jr.
サマータイムラブ
TOP100入り:4週目

3
up
QUARTET NIGHT
エボリューション・イヴ
TOP100入り:1週目

4 15
up
カーリー・レイ・ジェプセン
アイ・リアリー・ライク・ユー
TOP100入り:17週目

5 21
up
星野源
SUN
TOP100入り:9週目

6
up
MONOEYES
My Instant Song
TOP100入り:1週目

7 2
down
ゲスの極み乙女。
ロマンスがありあまる
TOP100入り:4週目

8 5
down
UNISON SQUARE GARDEN
シュガーソングとビターステップ
TOP100入り:7週目

9 19
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:55週目

10 7
down
ゲスの極み乙女。
私以外私じゃないの
TOP100入り:14週目

11 30
up
AAA
Flavor of kiss
TOP100入り:2週目

12 4
down
B'z
RED
TOP100入り:5週目

13 8
down
Superfly
Beautiful
TOP100入り:10週目

14 6
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Summer Madness
TOP100入り:4週目

15 20
up
AKB48
僕たちは戦わない
TOP100入り:9週目

16 31
up
E-Girls
Anniversary!!
TOP100入り:8週目

17
up
あゆみくりかまき
蜜蜜蜜
TOP100入り:1週目

18 67
up
ベック
ドリームス
TOP100入り:2週目

19
up
ジータ(金元寿子),ルリア(東山奈央),ヴィーラ(今井麻美),マリー(長谷川明子)
キミとボクのミライ
TOP100入り:1週目

20 18
down
西野カナ
もしも運命の人がいるのなら
TOP100入り:9週目

ミュージックコラム

NEWS「チュムチュム」3指標で1位、大差でビルボード総合首位獲得

3形態で発売されたNEWS「チュムチュム」は、セールス、ルックアップ、ツイートで他曲を圧倒、Billboard JAPAN Hot100首位となった。特にツイートでは7万回を超えるツイートで2位以下にダブルスコアをつけている。また、ラジオで先週に引き続き1位となったShiggy Jr.「サマータイムラブ」は、セールス指標でフィジカル25位デジタル12位とポイントを積み上げ、総合で先週9位から2位に順位を上げた。同曲はルックアップで55位に留まっており、この勢いがどこまで広がるか次週のチャートアクションに注目だ。

 ついにダウンロードが解禁された星野源。同指標では最新曲「SUN」を筆頭に軒並み順位を上げる結果となった。特に「SUN」は、引き続き強いラジオに加えて、セールス合算順位を前週88位から3位に、ツイッターでは21位から16位と、ポイントを伸ばして総合21位から5位にジャンプアップした。同曲はパッケージ発売週に総合4位を獲得しており、それに迫る今週の順位は、ダウンロード解禁のインパクトの大きさを物語る結果と言える。

 地上波歌番組特番の影響か、ロングヒットを続ける三代目「R.Y.U.S.E.I.」が総合順位を19位から9位に上げている。YouTube順位は4位と変わらないものの、国内再生回数は約10万回増加、ツイッターは41位から2位にジャンプアップさせ、約2万5千回増加しており、高い人気を維持している。

Hey!Say!JUMP、セールスでの強さを見せつけアルバム複合チャート制覇!

アルバム複合チャート“Hot Albums”第5回目は、6月24日リリースのHey!Say!JUMP『JUMPing CAR』が圧倒的なセールスで首位を掴んだ。

 『JUMPing CAR』は、前作『smart』から1年振りにリリースされた4枚目のアルバム。「ウィークエンダー」、「明日へのYELL」、「Chau♯」などヒット曲を収録している強力タイトルが、2位以下を大きく引き離して1位になった。セールス部門では、頭一つ飛び抜けた数字を出しており、ルックアップでも2位に入るなど盤石のTOPとなった。

 2位は、GReeeeN『 C、Dですと!?』。セールス、ダウンロードで2位とバランス良くポイントを積み上げ高順位をマークした。先週1位のMr.Children『REFLECTION』は3位にダウンしたが、セールスでは4位、ルックアップでは『JUMPing CAR』を抑えて1位になっており、リリースされてから間もなく1か月が経つが、引き続き注目されていることがわかる。7位には、TOP10の中で唯一の洋楽タイトル、カーリー・レイ・ジェプセン『エモーション』が入った。セールスでは8位となったが、ダウンロードで1位になっており、デジタル世代からの支持が高いことがわかる。

『うたプリ』シリーズ新曲が久々のアニメチャート1位獲得 Youtube個別では「紅蓮の弓矢」が急浮上

週のビルボードアニメチャートは5位以内に新曲3曲がランクイン。1位は『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ』シリーズの新曲、QUARTET NIGHT「エボリューション・イヴ」。リリース毎に圧倒的なセールス力で上位にランクインすることの多い人気シリーズから久々のトップ獲得となった。ポイント別に見てみると、やはり今作もCDのセールス力で他を圧倒。さらにルックアップ、ツイッターでも1位となり高得点を記録した。

 今週惜しくも2位となったのは、7週目のランクインとなったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」。エアプレイとデジタル・セールスで1位、ルックアップ、ツイッター、Youtubeで2位と人気曲の貫禄を見せたが、『うたプリ』シリーズのCDセールス力には追いつけなかった。

 続く3位と4位も新曲。3位のあゆみくりかまきによる『パンチライン』エンディング曲「蜜蜜蜜」は、エアプレイとCDセールスで3位となり、バランスよくポイントを積み上げたが、デジタルセールスやルックアップが低調に留まった。4位のジータ(CV.金元寿子)、ルリア(CV.東山奈央)、ヴィーラ(CV.今井麻美)、マリー(CV.長谷川明子) による「キミとボクのミライ」は、2015年4月1日のエイプリルフール限定でゲーム『GRANBLUE FANTASY』内にて配信されていた楽曲の待望のCD化。こちらもファンの支持を受け、高いCDセールス力を見せたが、他のポイントが積み上げられなかった。

 以降、5位以下にはやなぎなぎ「春擬き」や、BUMP OF CHICKEN「Hello,world!」など定番曲も並ぶ。今週は秦基博の「ひまわりの約束」も7位にランクイン、久々の好位置につけた。

 指標別に見てみると、新曲では、エアプレイ2位となった『FAIRY TAIL』エンディング曲、東京女子流「Never ever」と、ツイッター3位の許斐剛「テニプリを支えてくれてありがとう」が健闘。今後、この結果が他指標にどう跳ね返るのかにも注目したい。また、Youtube単独チャートではTVアニメ版『進撃の巨人』のオープニング曲であったLinked Horizon「紅蓮の弓矢」が首位を獲得、いまだに根強い人気を見せつけている。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる