HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-03-23

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
KAT-TUN
KISS KISS KISS
TOP100入り:1週目

2 7
up
東方神起
サクラミチ
TOP100入り:5週目

3
up
SHINee
Your Number
TOP100入り:1週目

4 87
up
ももいろクローバーZ
青春賦
TOP100入り:2週目

5 6
up
舞祭組
やっちゃった!!
TOP100入り:2週目

6 1
down
AKB48
Green Flash
TOP100入り:4週目

7 2
down
Sakura
TOP100入り:7週目

8 44
up
レミオロメン
3月9日
TOP100入り:17週目

9
up
whiteeeen
愛唄〜since 2007〜
TOP100入り:1週目

10 13
up
chay
あなたに恋をしてみました
TOP100入り:6週目

11 12
up
メーガン・トレイナー
オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!
TOP100入り:18週目

12 14
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
もんだいガール
TOP100入り:4週目

13 27
up
サザンオールスターズ
アロエ
TOP100入り:2週目

14 11
down
クマムシ
あったかいんだからぁ♪
TOP100入り:8週目

15 49
up
サザンオールスターズ
イヤな事だらけの世の中で
TOP100入り:4週目

16 18
up
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:22週目

17 4
down
EXILE
情熱の花
TOP100入り:2週目

18 45
up
マドンナ
リヴィング・フォー・ラヴ
TOP100入り:10週目

19 15
down
マーク・ロンソン
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
TOP100入り:16週目

20 22
up
miwa
360°
TOP100入り:4週目

ミュージックコラム

KAT-TUN「KISS KISS KISS」ビルボード総合首位、レミオロメン「3月9日」が8位に

 亀梨和也が主演するテレ朝系ドラマ『セカンド・ラブ』主題歌、KAT-TUN「KISS KISS KISS」が、エアプレイ68位、セールス1位、ルックアップ3位、ツイート3位と、3形態でリリースされたセールス・ポイントを守り、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。先週7位から2位に返り咲きを果たした東方神起は、コア・ファンが牽引するツイート数で盛り返し、エアプレイ32位、セールス18位、ダウンロード95位、ルックアップ19位、ツイート1位と他指標でも強さを発揮している。

 10年前にリリースされた、レミオロメン「3月9日」が総合8位にジャンプ・アップした。昨年もツイートとエアプレイが同時期にチャート・インしていたが、今年はダウンロードでもポイントを伸ばし、エアプレイ5位、ダウンロード9位、ツイート2位となり、永くファンに愛される曲として定着した感がある。

 今月末にリリースを控えるサザンオールスターズのアルバムから2曲がダウンロード先行するなど、し烈な争いが繰り広げられるダウンロード指標で今週1位に立ったのはwhiteeeen「愛唄〜since 2007〜」。これは現在公開中の映画『ストロボ・エッジ』主題歌で、GReeeeN「愛唄」のカバー曲。素顔を公開しない4人組の10代女子ボーカル・ユニットとして、YouTubeからMVが拡散、ダウンロードに直結した形となった。この結果がフィジカル2指標にフィードバックしてロングヒットに繋がるか、次週の結果に注目だ。

miwa 映画『ドラえもん』主題歌がビルボードアニメチャート首位返り咲き、EDGE of LIFEは『ガンダム』OPで初登場2位miwa 映画『ドラえもん』主題歌がビルボードアニメチャート首位返り咲き、EDGE of LIFEは『ガンダム』OPで初登場2位

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは映画『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』主題歌、miwa「360°」が2度目の首位に返り咲いた。

 miwaの「360°」はアーティスト自身の人気による好成績とも言えるが、エアプレイ、シングルセールスはポイント数を落としたものの、レンタルなどを含むルックアップポイントや、デジタルダウンロードのポイントは先週を上回る数を獲得しており、動員数でも好調な映画の反響が大きく伺える。この動きは昨年の映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌だった秦基博「ひまわりの約束」に似た動きと言えるだろう。

 1月期のアニメもクールの終了を目前にタイアップ曲、主題歌のリリースも先週から落ち着きを見せている本チャート。そんな中、初登場ではTX系『ガンダムビルドファイターズトライ』オープニングテーマ、EDGE of LIFE「Just Fly Away」が2位にチャートイン。こちらはガンダムモノだが、プラモデルの“ガンプラ”を主軸としたアニメで、新シリーズ第2作目として昨年10月から放送中。EDGE of LIFEによる主題歌は1月14日からオンエアスタートしており、3月11日にリリース。ガンプラ付き限定盤をリリースするなど、単なる主題歌起用だけでなく、よりアニメに密着したタイアップで好評を得た。

 MXTV他『艦隊これくしょん -艦これ-』もデジタルで根強い人気を維持しており、OP曲のAKINO from bless4「海色」が3位、ED曲の西沢幸奏「吹雪」が4位とまだまだ上位をキープしているのも面白い。

メーガン・トレイナー エアプレイ好調でBillboard JAPAN洋楽チャート2週目の1位に、女王マドンナは2位に浮上

メーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜私のぽちゃティブ宣言!」が2週目の1位を記録した今週のBillboard JAPAN洋楽チャート。

 マドンナ、サザン、レミオロメンらの強敵を下し、先週に引き続きエアプレイ・チャートでは1位、デジタル・セールスとツイート・ポイントも顕著に蓄積し、今週再び洋楽チャート1位となったメーガン。そんな絶好調のメーガンのチャート・アクションをピッタリと追うのが、先週6位から2位へランクを伸ばしてきた “絶対女王”マドンナの最新シングル「リヴィング・フォー・ラヴ」。

 今年初頭に音源がリークし、その直後デジタル配信が行われ話題となった約3年ぶりとなるニュー・アルバム『レベル・ハート』からのリード・トラックとなるこの曲は、3月18日のフィジカル盤リリースに伴い、エアプレイ・チャートで2位にジャンプアップしたことが大きな要因となり、今週TOP3入りを果たした。また、『レベル・ハート』のフィジカル盤は、アルバム・チャートで初登場8位と好調なスタートを切り、女王としての揺るぎない人気を見せつけた。

 4位にランクアップしたのは、カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。この夏のサマー・アンセムとなること間違いなしのこの曲は、好調なデジタル・セールスに加え、トム・ハンクスとレーベルメイトのジャスティン・ビーバーが出演しているミュージック・ビデオも話題となり、ツイート・ポイントを伸ばしてきている。加えて、4月上旬にはプロモーション来日をすることが決定したばかりで、来日タイミングでメディア露出が増え、エアプレイ・チャートでも上位にランクインしてくることが予想される。また、メーガンも4月中旬に初来日を控えており、来日まで首位をキープできるか気になるところだ。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる