HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-03-16

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 28
up
AKB48
Green Flash
TOP100入り:3週目

2 1
down
Sakura
TOP100入り:6週目

3 33
up
コブクロ
奇跡
TOP100入り:2週目

4
up
EXILE
情熱の花
TOP100入り:1週目

5
up
Lead
My One
TOP100入り:1週目

6
up
舞祭組
やっちゃった!!
TOP100入り:1週目

7 2
down
東方神起
サクラミチ
TOP100入り:4週目

8
up
超新星
きっと
TOP100入り:1週目

9
up
WOOYOUNG(From 2PM)
R.O.S.E.
TOP100入り:1週目

10
up
氷川きよし
さすらい慕情
TOP100入り:1週目

11 4
down
クマムシ
あったかいんだからぁ♪
TOP100入り:7週目

12 52
up
メーガン・トレイナー
オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!
TOP100入り:17週目

13 9
down
chay
あなたに恋をしてみました
TOP100入り:5週目

14 62
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
もんだいガール
TOP100入り:3週目

15 19
up
マーク・ロンソン
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
TOP100入り:15週目

16
up
湘南乃風
バブル
TOP100入り:1週目

17 13
down
back number
ヒロイン
TOP100入り:11週目

18 12
down
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:21週目

19
up
KEYTALK
FLAVOR FLAVOR
TOP100入り:1週目

20 7
down
AKINO from bless4
海色
TOP100入り:3週目

ミュージックコラム

AKB48「Green Flash」、嵐とコブクロを押さえビルボード総合首位に

メジャー39作目、5形態で発売されたAKB48「Green Flash」が、エアプレイ5位、セールス1位、ダウンロード13位、ルックアップ2位、ツイート2位とバランス良くポイントを上げ、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。

 先週首位の嵐「Sakura」はエアプレイ37位、セールス3位、ルックアップ1位、ツイート1位と、フィジカルをフックに高ポイントをマーク、総合2位となった。テレ朝系ドラマ『DOCTORS 3 最強の名医』主題歌、コブクロ「奇跡」は、エアプレイ22位、セールス7位、ダウンロード19位、ルックアップ14位、ツイート8位と、こちらもバランス良くポイントを上げたものの、フィジカルの差を詰めるまでには至らなかった。

 セールス2位のLead「My One」は、ツイートで18位となったものの、エアプレイとルックアップがいずれも100位圏外となり、総合5位に留まった。先週驚異の80万超ツイートを上げた東方神起「サクラミチ」はツイートで3位とランクダウン、エアプレイでは3位と高ポイントを守ったが、フィジカル2指標とダウンロードでもポイントを落とし、総合7位に後退した。

 ダウンロードでchayを押さえ1位に立ったのは、きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」。きゃりー初となるフジ系ドラマ「問題のあるレストラン」主題歌で、3月18日のフィジカル発売に先んじて配信が解禁、ダウンロード初登場1位となっている。

『艦これ』OP曲がビルボードアニメチャート首位返り咲きで再びの“ぱんぱかぱーん”

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationはMXTV他『艦隊これくしょん -艦これ-』オープニングテーマ、AKINO from bless4「海色」が再び首位に返り咲いた。

 2月25日に発表された同チャートでエンディングテーマ、西沢幸奏「吹雪」と共に1、2フィニッシュを決めた『艦隊これくしょん -艦これ-』。「海色」はリリース当週のパッケージセールスには及ばないものの、デジタル、ツイート数でのポイントを粘り強く獲得。先週2位より順位を上げて再び首位に。「吹雪」も同様にネットでのポイントを伸ばし、3週連続でTop3にチャートインする好結果を見せた。

 初登場となったのは、MXTV他『DOG DAYS”』エンディングテーマ、堀江由衣の「Stay With Me」が5位にチャートイン。今年1月よりオンエアをスタートした人気アニメの第3期の主題歌で、これまでエンディングはアニメ内でヒロインの声優を務める堀江由衣が担当しており、同タイアップで、自己最高記録を更新することはできなかったが、好記録をマーク。

 6位には瀧川ありさ「Season」が初登場。こちらはTBS系『七つの大罪』エンディングテーマとして今年からオンエアをスタート。東京生まれのシンガーソングライター、瀧川ありさ。デビュー曲となる本楽曲で人気作のタイアップに大抜擢。アニメチャート以外でも今後の活躍が期待されるアーティストだ。

メーガン・トレイナー Billboard JAPAN洋楽チャートで遂に1位に、エリー・ゴールディングは初TOP3入り

独走状態だったサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」から1位の座を奪い、Billboard JAPAN洋楽チャートにて初の1位を記録したメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜私のぽちゃティブ宣言!」。

 【第57回グラミー賞】で主要2部門にノミネートされ、米ビルボード・シングル・チャートでは8週連続1位したメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜私のぽちゃティブ宣言!」。デビュー・アルバム『タイトル』が3月4日に日本リリースされたことをうけ、大量にエアプレイ・ポイントを稼ぎ、エアプレイ・チャートではチャートイン19週目にも関わらず、先週18位から1位に大幅ジャンプアップ。また、曲のミュージック・ビデオで披露されているぽちゃカワ・ダンスを森三中の黒沢かずこが伝授する動画が話題となったことでツイート・ポイントを伸ばし、今週洋楽チャートを制したメーガン。4月中旬には初来日を控えており、今後も大きなチャート・アクションが期待できそうだ。

 2位には先週と変わらずマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」がランクイン。全米でも依然とトップをキープしており、好調なデジタル・セールスに引っ張られロングラン・ヒットとなっている。3月末には、マーク・ロンソンが来日することも決定しており、再び1位に返り咲くことが出来るか気になるところだ。先週11位から3位へランクアップし、Billboard JAPAN洋楽チャートで初のTOP3入りを果たしたのはエリー・ゴールディングによる「ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ」。世界中でベストセラーとなった官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画版でかなり印象的なシーンに起用されているこの曲は、映画のヒットをうけ、エアプレイとデジタル・セールスでポイントを稼ぎ、じわじわと順位を上げてきている。

 今週7位に初登場したのは、カーリー・レイ・ジェプセンによる待望のニュー・シングル「アイ・リアリー・ライク・ユー」。「ホントにホントにホントに好き」という乙女心をキャッチーなメロディにのせて歌った珠玉のポップ・チューンに仕上がっており、2012年の大ヒット・シングル「コール・ミー・ベイビー」同様、この夏のサマー・アンセムとなること間違いなしだ。また、先日公開されたばかりのミュージック・ビデオに、トム・ハンクスとレーベルメイトのジャスティン・ビーバーが出演していることでも注目を浴びており、春から夏にかけてチャート動向に注目したい1曲だ。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる