HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-02-23

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
渋谷すばる
記憶
TOP100入り:1週目

2 84
up
MAN WITH A MISSION
Seven Deadly Sins
TOP100入り:2週目

3 2
down
クマムシ
あったかいんだからぁ♪
TOP100入り:4週目

4 16
up
家入レオ
miss you
TOP100入り:5週目

5 13
up
サム・スミス
ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい
TOP100入り:10週目

6 4
down
back number
ヒロイン
TOP100入り:8週目

7 41
up
SMAP
華麗なる逆襲
TOP100入り:4週目

8 5
down
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:18週目

9
up
angela
イグジスト
TOP100入り:1週目

10
up
アフィリア・サーガ
Never say Never
TOP100入り:1週目

11 6
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:36週目

12 9
down
chay
あなたに恋をしてみました
TOP100入り:2週目

13 64
up
JUJU
Hold me,Hold you
TOP100入り:2週目

14 1
down
ジャニーズWEST
ズンドコ パラダイス
TOP100入り:3週目

15 35
up
ONE OK ROCK
Cry out
TOP100入り:5週目

16 57
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:55週目

17
down
Dream
こんなにも
TOP100入り:2週目

18 37
up
シェネル
Happiness
TOP100入り:15週目

19 39
up
BiBi〜絢瀬絵里(南條愛乃),西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)from μ's〜
冬がくれた予感
TOP100入り:7週目

20
up
東方神起
サクラミチ
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

渋谷すばる「記憶」、セールス1位ツイート6位でビルボード総合首位に

映画『味園ユニバース』主題歌、関ジャニ∞の渋谷すばる「記憶」が、セールス1位、ツイート6位でポイントを稼ぎ、総合Billboard JAPAN Hot100首位に立った。

 TBS系アニメ『七つの大罪』OP、MAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins」は、エアプレイ16位、セールス2位、デジタル2位、ルックアップ17位、ツイート9位と、各指標でポイントを伸ばしたが、「記憶」のセールス・ポイントを覆すには至らなかった。

 前週2位を獲得して注目されたクマムシ「あったかいんだからぁ♪」は、引き続きダウンロード1位、ツイート1位、ルックアップ2位と好調を維持、総合3位につけている。サム・スミスやファレルなど、グラミー組がエアプレイ順位を伸ばすなか、今週エアプレイ1位となったのは、SMAP「華麗なる逆襲
」。ツイートでも11位につけて、今週総合7位で次週パッケージ発売となる。

 back number「ヒロイン」は、前週同様ルックアップで1位を守るものの、他指標では下降傾向に。ダウンロードが前週3位から6位に順位を落としたことが大きく響き、総合6位に後退、次週の粘りに注目だ。

マンウィズ『七つの大罪』OP曲でビルボードアニメチャート制覇

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationチャートはTBS系で放送中の『七つの大罪』オープニングテーマ、MAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins」が首位を獲得した。

 昨年10月よりオンエアを開始した『七つの大罪』。鈴木央による人気原作漫画をアニメ化したもので、2月17日にはコミック最新13巻が発売。漫画、アニメ、ゲームと様々なコンテンツで人気を獲得しているヒット作だ。今回首位獲得となったMAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins」は2015年1月放送分からオープニングとして起用。前テーマ、いきものがかり「熱情のスペクトラム」に続いてオープニングテーマが連続で首位を獲得している。MAN WITH A MISSIONとしては2013年のNHK教育『ログ・ホライズン』オープニングに続くアニメタイアップでこちらも首位を記録しており、2度目のアニメチャート制覇となった。

 2位には『蒼穹のファフナーEXODUS』のオープニングテーマ、angela「イグジスト」が初登場。こちらは2004年に放送されたアニメの第2シーズンとして放送中。angelaはこれまでに様々なアニメソングを務めてきた2人ユニット。これまで映画版の『蒼穹のファフナー』でアニメチャート最高位2位を獲得している。記録更新とはならなかったが、同作との相乗効果は抜群と言えるだろう。

 同じく初登場3位となったのは、アフィリア・サーガの「Never say Never」。こちらはMXTV他で放送中の『ISUCA-イスカ-』オープニングテーマとして2015年1月からオンエアスタート。高橋脩による同名漫画が原作で、こちらはヤングエースで連載中。主題歌を担当したアフィリア・サーガは本作でこれまでの最高4位を更新し、初のTOP3入りを果たした。

サム・スミス グラミー効果でBillboard JAPAN洋楽チャート1位に返り咲き、グラミー関連アーティストもチャート急上昇

2月9日から15日が集計期間となった今週のBillboard JAPAN洋楽チャートで1位に返り咲いたのは、グラミー賞4冠を達成したサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」。

 日本時間で2月9日に行われた【第57回グラミー賞】。最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の主要4部門の内、3つ、加えてデビュー・アルバムとなる『イン・ザ・ロンリー・アワー』が最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞したサム・スミス。日本盤アルバム発売のタイミングで2週連続1位を記録していたものの、先週マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」に首位を奪われてしまったこの曲だが、【グラミー賞】受賞がきっかけとなり、国内でのメディア露出が大幅に増え、エアプレイ、デジタル・セールス共に2位と倍以上の差をつけ、案の定今週1位となった。加えてアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』も、先週36位から11位へと大幅にランクアップを果たしている。また、先週末から初来日を果たし、TVをはじめとするメディア露出が増えて続けていることもあり、しばらくサム・スミス旋風の勢いが衰えることはなさそうだ。

 先週8位から2位にランクアップしたのは、【グラミー賞】3冠に輝き、授賞式でパフォーマンスも披露したファレルの「ハッピー」。依然と大ヒット中のこの曲だが、チャートイン57週目にも関わらず、トップ3圏内に浮上するなど、その根強い人気が伺える。加えて【グラミー賞】同日に、【SUMMER SONIC 2015】へヘッドライナーとして出演することも発表されたこともランクアップの要因となっていると言えるだろう。

 惜しくも主要部門の受賞を逃したテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」は3位、メーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!」は6位、そしてシーアの「シャンデリア」は7位に。一方、最優秀アルバム賞と最優秀ロック・アルバム賞を受賞したベック『モーニング・フェイズ』からのリード・トラックとなる「ブルー・ムーン」はトップ20圏外から返り咲き、13位にランクインしている。アメリカでは、【グラミー賞】を受賞すると、その後数か月に渡り、セールスが上昇することが分かっているが、ここ日本ではどれだけインパクトを残せるか、今後のチャート動向にも要注目だ。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる