HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-02-09

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
2PM
Guilty Love
TOP100入り:1週目

2 59
up
ももいろクローバーZ vs キッス
夢の浮世に咲いてみな
TOP100入り:2週目

3 2
down
back number
ヒロイン
TOP100入り:6週目

4 6
up
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:16週目

5
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
Sing it Loud
TOP100入り:1週目

6
up
miwa
fighting-φ-girls
TOP100入り:1週目

7 33
up
クマムシ
あったかいんだからぁ♪
TOP100入り:2週目

8
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
Eeny,meeny,miny,moe!
TOP100入り:1週目

9 62
up
吉井和哉
クリア
TOP100入り:3週目

10 5
down
B'z
有頂天
TOP100入り:6週目

11 9
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:34週目

12 8
down
サム・スミス
ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい
TOP100入り:8週目

13 38
up
BLUE ENCOUNT
もっと光を
TOP100入り:4週目

14
up
GRANRODEO
Punky Funky Love
TOP100入り:1週目

15 67
up
AAA
I'll be there
TOP100入り:2週目

16
up
坂本真綾
幸せについて私が知っている5つの方法
TOP100入り:1週目

17 3
down
JYJ
WAKE ME TONIGHT
TOP100入り:2週目

18 30
up
ONE OK ROCK
Cry out
TOP100入り:3週目

19 1
down
KAT-TUN
Dead or Alive
TOP100入り:2週目

20 20
stay
マーク・ロンソン
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
TOP100入り:10週目

ミュージックコラム

2PM「Guilty Love」、ももクロvsKISSを僅差で下しビルボード総合首位に

 今年に入りBillboard JAPAN Hot100首位争いが激化、今週は2PMとももクロの首位争いに加え、ダウンロードで1位を守るback numberのチャート・アクションが注目された。

 結局、パッケージ・セールスの差を守り2PM「Guilty Love」が総合首位を初登場で獲得することとなったが、ももいろクローバーZ vs キッス「夢の浮世に咲いてみな」は、エアプレイ44位、セールス2位、ダウンロード9位、ルックアップ3位、ツイート1位と、セールス以外の指標では2PMを圧倒、僅差でセールスのポイント差を覆すことが出来なかった。

 back number「ヒロイン」は引き続きダウンロードで1位、エアプレイ2位、セールス18位、ルックアップ2位、ツイート4位で総合3位と、まだまだ上位を守る勢いだ。先週ほぼツイートのみで総合33位に初登場したクマムシ「あったかいんだからぁ♪」は、次週パッケージ発売を前にダウンロードを解禁して3位、エアプレイ93位、ツイート6位で、総合7位にジャンプ・アップしている。

 EXILE TRIBEからGENERATIONS「Sing it Loud」と三代目「Eeny,meeny,miny,moe!」がそれぞれ総合5位と8位に初登場。特に三代目の楽曲はアルバム『PLANET SEVEN』のリード曲で、フィジカル2指標のポイントが合算されないなか、エアプレイ32位、ダウンロード5位、ツイート5位となっており、今週のアルバムチャート1位の実力を見せつけた。

GRANRODEOが『黒子のバスケ』OP曲で3作連続ビルボードアニメチャート首位獲得

今週のアニメソングチャート“Billboard JAPAN Hot Animation”は『黒子のバスケ』オープニングテーマ、GRANRODEOの「Punky Funky Love」が初登場首位を獲得した。

 『黒子のバスケ』も2015年1月放送分から第3期を迎え、GRANRODEOはこれまですべてのシーズンでオープニングテーマを担当。2期のOP曲であった「The Other self」、「変幻自在のマジカルスター」の2タイトルでも堂々の首位を獲得しており、本作で3作連続首位を記録。『黒子のバスケ』は放送期間以外にもキャラクターソングシリーズで本チャートの上位に複数曲を送り込むなど、その人気は安定した強さを見せている。

 僅差で惜しくも2位にチャートインしたのは、TBS系『幸腹グラフィティ』オープニングテーマ、坂本真綾の「幸せについて私が知っている5つの方法」。4コマ漫画を原作に『化物語』シリーズで知られる新房昭之が監督で制作。アニメ界の“夜食テロ”としてファンたちをうならせている。本楽曲は通算25作目のシングルとして1月28日にリリース。セールス、エアプレイ、ツイートなど5指標すべてでバランス良くポイントを獲得し、好結果を記録した。

サム・スミス グラミー最有力候補「ステイ・ウィズ・ミー」がビルボード洋楽チャート2週連続1位に

サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて2週目の1位を記録した。

 グラミー賞では、主要4部門すべてにノミネートされ、5月に決定した単独公演も即日ソールドアウトとなり、日本での人気も急上昇中のサム・スミス。エアプレイ・チャートで「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」が、2位のback numberに大きな差をつけて、先週に続き1位をマーク。いよいよ現地時間で今週末に迫ったグラミー賞のショーレースの過熱を始め、数々の日本人アーティストが曲をリレー形式でカヴァーする企画などが話題となり、今週も首位をキープする結果となった。

 3位に停滞し続けていたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」は、チャートイン10週目にして、遂に2位に浮上。アメリカでは4週連続、イギリスでは6週連続1位を記録し、爆発的なロング・ヒットとなっているこの曲。日本でも、好調なデジタル・セールスに加え、その話題性からツイート・ポイントを大幅に蓄積し、じわじわとランクを上げてきている。その後を追うのがテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」。チャートイン23週目にも関わらず、トップ5圏内をキープし、サム・スミス同様に年間最優秀レコードと年間最優秀楽曲にノミネートされていることもあり、結果によっては再びトップの座に輝く可能性もありそうだ。

 

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる