HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2015-01-19

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
NEWS
KAGUYA
TOP100入り:1週目

2 8
up
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:13週目

3 93
up
大原櫻子
TOP100入り:2週目

4 9
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:31週目

5 14
up
西野カナ
Darling
TOP100入り:22週目

6
up
ClariS
border
TOP100入り:1週目

7
up
Fear,and Loathing in Las Vegas
Let Me Hear
TOP100入り:1週目

8
up
Da-iCE
もう一度だけ
TOP100入り:1週目

9 3
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
O.R.I.O.N.
TOP100入り:8週目

10 37
up
絢香
にじいろ
TOP100入り:34週目

11 6
down
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:23週目

12 32
up
サザンオールスターズ
東京VICTORY
TOP100入り:15週目

13 5
down
シェネル
Happiness
TOP100入り:10週目

14 73
up
オリー・マーズ
ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ
TOP100入り:4週目

15 12
down
E-Girls
Mr.Snowman
TOP100入り:8週目

16 51
up
サム・スミス
ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい
TOP100入り:5週目

17 1
down
Kis-My-Ft2
Thank youじゃん!
TOP100入り:2週目

18 39
up
マーク・ロンソン
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
TOP100入り:7週目

19 27
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:50週目

20 35
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:20週目

ミュージックコラム

【ビルボード】NEWS「KAGUYA」3指標で1位、総合Hot100で初登場首位獲得

 1月7日に3形態で発売されたNEWS「KAGUYA」が、セールス、ルックアップ、ツイッターで1位、エアプレイでも10位となり、2位以下に大差をつけて総合HOT100首位となった。総合2位はSEKAI NO OWARI「Dragon Night」で、ダウンロード1位、ルックアップで2位に立ち、この2指標が牽引してエアプレイ、セールスもポイントを維持しており、10月15日のパッケージ発売開始以来、総合Hot100の上位を守り続けている。

 エアプレイで1位となったのは大原櫻子「瞳」。第56回日本レコード大賞新人賞を受賞、「瞳」は第93回全国高等学校サッカー選手権大会の主題歌となるなど、年末年始のメディア露出がエアプレイのみならず、セールス5位、ツイッター6位の好結果に繋がった。これが今週19位となったダウンロードと17位のルックアップに結び付いてロングヒットとなるか注目される。

 セールスで2位となったのはFear,and Loathing in Las Vegas「Let Me Hear」。ルックアップで11位、ツイッター23位と他指標も好調、総合7位につけている。昨年同時期にリリースした「Rave-up tonight」も同じく総合7位となっており、特にセールスは前作よりも順位を1つ上げている。

【ビルボード】新生ClariSが『憑物語』ED曲で初登場首位に

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは『憑物語』エンディングテーマ、ClariSの「border」が初登場首位の座に着いた。

 『憑物語』は西尾維新原作による<物語シリーズ>のファイナルシーズン3部作のひとつで、アニメは全4話で昨年大みそかにスペシャル番組として、TOKYO MXやニコニコ生放送でオンエア。エンディングテーマには昨年アリスが卒業し、11月に新メンバー、カレンが加わったClariSが担当。<物語シリーズ>では『偽物語』に続くエンディングテーマ起用となり、今回の「border」で8度目の本チャート首位獲得となった。

 2位にはNTV系で放送中の『寄生獣 セイの格率』のオープニングテーマであるFear,and Loathing in Las Vegas「Let Me Hear」がチャートイン。昨年から今回のアニメや、実写映画化など映像作品が続々と発表され、原作発表から20年以上経ち、再び注目を集めていた。主題歌を務めたFear,and Loathing in Las Vegasとしては、アニメチャート初登場で好記録を残す結果に。

 3位に秦基博「ひまわりの約束」、4位にAI「Story」と映画作品の主題歌が好記録を残す中、5位に初登場したのが、フジテレビ系『ドラゴンボール改』のエンディングテーマを担当したキュウソネコカミ「GALAXY」。こちらも本チャート初登場となり、国内のロックバンドが勢いを見せている。

オリー・マーズ マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ、テイラーなどの強豪を下し国内洋楽チャート1に

オリー・マーズの最新アルバム『ネヴァー・ビーン・ベター』からのリード・シングル「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」が、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートにて堂々の1位を記録した。

 イギリスの人気オーディションTV番組『Xファクター』が生んだUKを代表するポップ・スター、オリー・マーズ。本日1月14日にリリースされた待望のニュー・アルバム『ネヴァー・ビーン・ベター』からのリード・シングル「ラップド・アップ feat.トラヴィー・マッコイ」は、エアプレイ・チャートで先週26位から2位へ大ジャンプアップ、圧倒的なエアプレイ・ポイントを稼ぎ、10週に渡り首位に君臨していたテイラー・スフィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」などの強豪を下し、洋楽チャートを制した。そんなテイラーの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」は、今週6位にチャートインしており、勢いは弱まりつつあるようだが、その後を追うように「ブランク・スペース」が順位を上げてきている。

 グラミー賞最有力候補と謳われているサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」は、1月21日の日本盤アルバム・リリースに先行したラジオ・プロモーションによりエアプレイが好調で、エアプレイ・チャートで今週3位をマーク、洋楽チャートでは2位に浮上している。続くマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」も同じくエアプレイ・チャートで4位と、トップ5に食い込み、また最新の米ビルボード・シングル・チャートで1位になったことや、海外でのTV出演の映像などが話題となり、ツイート・ポイントを大量に蓄積し、洋楽チャートでは3位にランクインしている。

 その他トップ10圏内の動きとしては、6位にマドンナの最新シングル「リヴィング・フォー・トゥナイト」、年末に突如リリースされ話題となったカニエ・ウェストとポール・マッカートニーがタッグを組んだ「オンリー・ワン」が、デジタル・セールス・ポイントを大幅に稼ぎ、初登場7位を記録。また、クリーン・バンディットの「ラザー・ビー feat.ジェス・グリン」が、待望の来日公演を行ったことが要因となって、トップ20圏外から8位に再チャートインしている。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる