HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-12-01

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 32
up
Mr.Children
足音〜Be Strong
TOP100入り:4週目

2 2
stay
東方神起
Time Works Wonders
TOP100入り:3週目

3 27
up
家入レオ
Silly
TOP100入り:4週目

4
up
Sexy Zone
君にHITOMEBORE
TOP100入り:1週目

5
up
Goose house
光るなら
TOP100入り:1週目

6 13
up
シェネル
Happiness
TOP100入り:4週目

7 3
down
安室奈美恵
BRIGHTER DAY
TOP100入り:4週目

8
up
EGOIST
Fallen
TOP100入り:1週目

9
up
防彈少年團
Danger
TOP100入り:1週目

10
up
Kalafina
believe
TOP100入り:1週目

11
up
INFINITE F
恋のサイン
TOP100入り:1週目

12 58
up
Superfly
愛をからだに吹き込んで
TOP100入り:8週目

13
up
槇原敬之
Fall
TOP100入り:1週目

14
up
SCANDAL
Image
TOP100入り:1週目

15 14
down
西野カナ
好き
TOP100入り:6週目

16 11
down
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:7週目

17 47
up
ワン・ダイレクション
スティール・マイ・ガール
TOP100入り:8週目

18 9
down
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:14週目

19 18
down
西野カナ
Darling
TOP100入り:16週目

20 73
up
スキマスイッチ
パラボラヴァ
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

Mr.Children「足音〜Be Strong」、Hot100首位獲得

Mr.Children「足音〜Be Strong」が、登場から4週目に各指標で高ポイントを上げ、総合Billboard JAPAN HOT100首位を獲得した。

 半年ぶりのリリースとなる本楽曲、エアプレイでは19→5→10→4、ツイッターでは43→12→22→14と推移、セールスとルックアップで今週1位となった。これはフジテレビ系ドラマ『信長協奏曲』主題歌で、ミスチル初のセルフ・プロデュース曲で、ダウンロード・ポイントが計上されないなか、特にフィジカル2指標での高ポイントにより首位を獲得した形だ。

 ツイッターで引き続き1位の東方神起が総合2位を守る一方で、3位につけたのは家入レオ「Silly」。これはTBS系ドラマ『Nのために』主題歌で、前作「純情」のHot100最高順位の5位を更新し、特にエアプレイとダウンロードで1位と、それぞれの指標でも高ポイントを上げている。

 次週首位獲得を目指すAKB48「希望的リフレイン」はHot100今週初登場23位。エアプレイ23位、ダウンロード18位、ツイッター11位となっている。

Goose houseが『君嘘』OP曲「光るなら」でEGOIST、Kalafinaを抑えアニメチャート初制覇

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationはCX系ノイタミナ枠で放送中の『四月は君の嘘』のオープニングテーマ、Goose houseの「光るなら」が初登場首位をマーク。

 Goose houseの「光るなら」はエアプレイポイントを伸ばすことは出来なかったが、パッケージセールスに加え、ダウンロードで凄まじい伸びを見せた。Goose houseは『銀の匙 Silver Spoon』エンディングテーマ「オトノナルホウヘ→」の最高2位だった記録を更新し、遂にチャートを制覇。『四月は君の嘘』の物語自体も音楽をテーマにした作品とあって、普段のアニメファンとは違う層にアプローチできたようだ。更に今週のクラシックチャートでも劇中曲を収録したコンピレーションアルバムが1位となっている。

 CX系『PSYCHO-PASS サイコパス 2』エンディングテーマ、EGOIST「Fallen」は、パッケージセールスでは「光るなら」を上回るポイントを獲得していたが、惜しくも2位に。しかし、ノイタミナ枠の主題歌が1、2位フィニッシュを飾る結果となった。

 3位にはMXTV他『Fate/stay night』エンディングテーマ、Kalafinaの「believe」がチャートイン。4位にはTX系『トリニティセブン』オープニングテーマ、ZAQ「Seven Doors」、5位にはMXTV他『魔弾の王と戦姫』オープニング、鈴木このみ「銀閃の風」がチャートイン。アニメタイアップ曲のリリースラッシュとなった今週のチャート、上位5曲すべてが、初登場曲で入れ替わる結果となった。

ワン・ダイレクション 最新アルバムが初登場1位に!8週1位のテイラーから首位奪還で洋楽チャート1位に返り咲き

見事全英1位を記録したワン・ダイレクションの最新アルバム『フォー』からのリード・シングル「スティール・マイ・ガール」が、アルバムの発売とともに、Billboard JAPAN洋楽チャートにて1位に返り咲いた。

 遂にリリースされた最新アルバム『フォー』が、本国イギリスでの1位に続き、ここ日本でもBillboard JAPANアルバム・チャートにて1位を記録、まさに今世紀最大のスーパー・グループの名に相応しい快進撃を続けるワン・ダイレクション。アルバムのリリースに合わせ、リード・シングル「スティール・マイ・ガール」のラジオでのオンエアが大幅に増え、エアプレイ・チャートでは、先週22位から2位へと大ジャンプアップを果たしたことが主な要因となり、今週の洋楽チャートにて見事1位に輝いた。先週8週目の1位に輝いたテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」は、引き続きエアプレイ、デジタル・セールス、そしてTwitterとバランスよく、顕著にポイントを伸ばしたものの、残念ながらワン・ダイレクションの威力には敵わず、今週2位に終わった。

 そして今週3位に初登場したのは、バンド・エイド30による「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?(2014)」。約10年ぶりに復活したこのチャリティー企画には、前回も参加したU2のボノ、コールドプレイのクリス・マーティンをはじめ、ワン・ダイレクション、エリー・ゴールディング、サム・スミス、バスティルなど若手からベテランまで、現在のUKを代表するアーティストが集結し、エボラ出血熱の支援の為にレコーディングされた。リリースされたばかりと言うこともあり、1位のワン・ダイレクションを圧倒するデジタル・セールス、また参加アーティストによるSNSでの拡散、さらに賛否両論が繰り広げられるその話題性からツイート・ポイントを稼ぎ、今週トップ3にランクイン、今後も順位を伸ばしてくることが予想される。

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる