HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-10-20

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 15
up
乃木坂46
何度目の青空か?
TOP100入り:3週目

2 70
up
ジャニーズWEST
ジパング・おおきに大作戦
TOP100入り:2週目

3 2
down
AKB48
心のプラカード
TOP100入り:12週目

4 6
up
西野カナ
Darling
TOP100入り:10週目

5
up
VAMPS
VAMPIRE'S LOVE
TOP100入り:1週目

6
up
SPICY CHOCOLATE
I miss you feat.清水翔太
TOP100入り:1週目

7 7
stay
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:11週目

8 9
up
JUJU
ラストシーン
TOP100入り:5週目

9 26
up
ななみ
愛が叫んでる
TOP100入り:3週目

10
up
山下智久
YOUR STEP
TOP100入り:1週目

11 1
down
Sexy Zone
男 never give up
TOP100入り:2週目

12
up
サカナクション
蓮の花
TOP100入り:1週目

13 12
down
サザンオールスターズ
東京VICTORY
TOP100入り:8週目

14 20
up
ワン・ダイレクション
スティール・マイ・ガール
TOP100入り:2週目

15 18
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
TOP100入り:8週目

16
up
DIVA
DISCOVERY
TOP100入り:1週目

17 53
up
ニコ & ヴィンス
アム・アイ・ロング
TOP100入り:4週目

18 11
down
AAA
さよならの前に
TOP100入り:4週目

19
up
SEKAI NO OWARI
Dragon Night
TOP100入り:1週目

20 8
down
マジック!
ルード★それでも僕は結婚する
TOP100入り:15週目

ミュージックコラム

乃木坂46「何度目の青空か?」、ジャニーズWESTを押さえ首位獲得

乃木坂46「何度目の青空か?」が、4形態で発売され、ジャニーズWEST「ジパング・おおきに大作戦」を押さえ総合Billboard JAPAN HOT100首位となった。前作「夏のFree & Easy」に比べると、ダウンロードが6位、ルックアップ1位とそれぞれ前作よりも順位を上げており、ツイート実数も上昇して3位を獲得、ファン層の拡大に成功した楽曲となっている。

 ツイート1位は7週連続でAKB48「心のプラカード」。しかし、前回よりもツイート実数が50%減となっており、総合順位でも2位から3位に下降、今後のチャート・アクションが注目される。ツイート2位は前週に引き続き西野カナ「Darling」。シングル・セールスこそ72位と前週50位から大きく順位を落としているが、ルックアップでは引き続き3位となっており、"持ち歩きたい曲"として浸透していることがよく分かる。

 アルバム先行配信シングルとして10月8日に解禁されたSPICY CHOCOLATE「I miss you feat.清水翔太」が、ダウンロードで1位、総合Hot100で6位に初登場となった。他指標でも、エアプレイ14位、ツイート7位と好発進、注目度の高さがうかがえる結果となった。

秦 基博“ドラ泣き”主題歌が8度目の首位獲得、いきものがかり、水樹奈々も上昇中で次週対決か

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌である秦 基博「ひまわりの約束」が先週2位から再び浮上し、8度目の首位を獲得した。

 先週アニメチャート史上初の6週連続首位を目前に記録ストップとなってしまったが、デジタルを中心に底力を発揮。先日13日には本楽曲のヒット記念イベントも開催され、ドラえもんから「すてきな曲を本当にありがとう」とメッセージも届けられた。11日に34歳の誕生日を迎えた彼の為に集まったファンがひまわりを持ち祝福するサプライズも。映画も引き続き好調を続けており、両作の相乗効果はまだまだ期待できそうだ。

 3位にはSEKAI NO OWARIの「RPG」がチャートイン69週目にして急浮上。こちらはそもそものタイアップである『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』ではなく、先日富士急ハイランドで開催された【TOKYO FANTASY】で話題性が上がったからと思われる。

 そして、次週アニメチャート王者、秦 基博と首位争いになるであろう注目曲が上位に初登場。5位にはTBS系『七つの大罪』オープニングテーマ、いきものがかりの「熱情のスペクトラム」がチャートイン。MXTV他『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』オープニングテーマ、水樹奈々の「禁断のレジスタンス」が6位に。

ワン・ダイレクション 「スティール・マイ・ガール」が遂に洋楽チャート1位に

今世紀最大のスーパー・グループと称されるワン・ダイレクションのニュー・シングル「スティール・マイ・ガール」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて初の1位を記録した。

 4週連続1位を記録していたマジック!の 「ルード★それでも僕は結婚する」から見事首位を奪ったのは、先週初登場3位を記録したワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」。「デビューから3作連続で全米アルバム・チャート初登場1位を記録したグループ」として正式にギネス世界記録にも認定されている彼らの、11月19日に発売される最新作『FOUR』からのリード・トラックとなるこのナンバーだが、エアプレイ・チャートにて先週20位から4位へと大幅にジャンプアップしたことが要因となり今週1位となった。さらには、曲のミュージック・ビデオのティザー映像も先日公開され、全編が公式に公開されれば、さらに話題が過熱し、チャート・アクションにも大きな影響を与えることだろう。

 引き続き2位に停滞しているのは、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」。デジタル・セールス及びにツイート・ポイントでは、1Dに優っているものの、チャートイン8週目ということもあり、エアプレイ・チャートで先週から順位を伸ばすことが出来ず、今週も残念ながら2位という結果に終わった。

 そして着実にランクを上げ、今週トップ5入りしたのは、ノルウェー・オスロ出身の話題の新人ポップ・デュオ、ニコ & ヴィンスによる「アム・アイ・ロング」。アメリカでは無名にも関わらず、ラジオを中心に反響を呼び、米ビルボード・シングル・チャートで4位を記録。ここ日本でもラジオでの大ヒットの兆しを見せており、エアプレイ・チャートでは先週23位から今週3位へとジャンプアップしており、洋楽勢では1位となっている。また5位にはアヴィーチーの「ザ・デイズ」が初登場、そしてプリンスの「クラウズ」がトップ10入りを果たし、今週8位を記録。停滞ぎみだった洋楽チャートだが、ベテラン・アーティストをはじめ、話題の新人、さらには1Dも動きだし、今後のチャート動向にも注目したい。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる