HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-10-06

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
HKT48
控えめI love you!
TOP100入り:1週目

2 2
stay
AKB48
心のプラカード
TOP100入り:10週目

3
up
風男塾
BE HERO
TOP100入り:1週目

4 12
up
マジック!
ルード★それでも僕は結婚する
TOP100入り:13週目

5 7
up
JUJU
ラストシーン
TOP100入り:3週目

6 14
up
WHITE JAM
ウソツキ
TOP100入り:4週目

7 9
up
西野カナ
Darling
TOP100入り:8週目

8 6
down
サザンオールスターズ
東京VICTORY
TOP100入り:6週目

9 8
down
E-Girls
Highschool love
TOP100入り:3週目

10 1
down
2PM
ミダレテミナ
TOP100入り:2週目

11 11
stay
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:9週目

12 3
down
AAA
さよならの前に
TOP100入り:2週目

13 47
up
indigo la End
瞳に映らない
TOP100入り:3週目

14 13
down
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ
TOP100入り:6週目

15 10
down
ナオト・インティライミ
LIFE
TOP100入り:3週目

16 21
up
アリアナ・グランデ
プロブレム feat.イギー・アゼリア
TOP100入り:22週目

17 43
up
赤い公園
NOW ON AIR
TOP100入り:3週目

18 19
up
マルーン5
マップス
TOP100入り:15週目

19 45
up
EXILE TRIBE
THE REVOLUTION
TOP100入り:7週目

20
up
LinQ
ウェッサイ!!ガッサイ!!
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

HKT48「控えめI love you!」初登場首位獲得、AKB4週連続2位

4形態で発売されたHKT48「控えめI love you!」が、セールスで2位以下に大差をつけ、初登場で総合Billboard JAPAN HOT100首位となった。セールス以外の指標では、エアプレイ72位、ダウンロード20位、ルックアップ3位、ツイート5位で、ツイート実数は前作よりも増えている。

 AKB48「心のプラカード」は引き続きツイッターで1位、4週連続で総合2位となった。これは、一般企業や団体の参加を募る「心のプラカード」ビデオアワードの開催が告知されて以来、その情報がまとめサイトで取り上げられるなど、爆発的なリツイートを招いていることによる。これらのツイートが件数全体の70%程度を占めていて、長期に亘るキャンペーンのため、今後も高い数字を維持することが予想される。この結果が現在下降傾向にある他指標、特にロング・ヒットに繋がるダウンロードとルックアップにどのような影響を与えるか注目される。

 今週ダウンロードとルックアップで1位に立ったのは、西野カナ「Darling」。8月13日に発売以降ダウンロードで1位か2位をキープし、その約1月後にルックアップで1位、その後3週連続で1位を守り続けている。ツイート数でも上位を維持、総合Hot100では前週よりも2位ランクを上げて7位となった。

秦 基博、“ドラ泣き”主題歌が5週連続首位で松たか子の“アナ雪”超えを記録

今週もアニメソングチャート“Billboard JAPAN Hot Animation”は映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌である秦 基博の「ひまわりの約束」が1位の座に着き、これで7度目、5週連続の首位記録となった。

 映画も興行収入75億円を突破し、大ヒットを続けているが、主題歌「ひまわりの約束」はチャートイン9週目となる今週もデジタル、ルックアップのポイントが強力。ダウンロードからレンタルと幅広い市場で根強い人気をキープ。今年度同じく空前のヒットを記録した『アナと雪の女王』の松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」が本チャートで同じく7度の首位を記録しているが、連続首位は4週でストップしている為、秦 基博の「ひまわりの約束」が今週5週連続の首位で“アナ雪”超えを果たした。次週首位を維持できれば、アニメチャート史上初となる8度の首位制覇曲となる。

 また、9月21日に放送を終えた人気作『ハイキュー!!』のエンディングテーマ、tacica「LEO」が2位にチャートイン。9月10日にリリースされ、これまでの初登場4位、先週7位から再浮上。番組の放送終了を受け、エアプレイとツイートが伸びたことが要因だろう。3位には『ばらかもん』のオープニングテーマ、SUPER BEAVERの「らしさ」が初登場している。

マジック!&テイラー・スウィフト 先週に引き続き洋楽チャートで1位&2位をキープ

9月24日に日本デビュー・アルバムをリリースしたマジック!の「ルード★それでも僕は結婚する」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて3週目の1位を記録した。

 「ルード★それでも僕は結婚する」が、6週連続1位を記録したアメリカに続き、世界中にその人気が飛び火しているマジック!。遂に日本でもデビュー・アルバム『ドント・キル・ザ・マジック』が9月24日にリリースされ、晴れて日本デビューを果たした彼ら。今週洋楽チャート2位のテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」には、倍以上のエアプレイ・ポイントで差をつけ、エアプレイ・チャートでも1位に輝き、今月末に控える初来日公演の東京公演は即ソールドアウトとなるなどその注目度からツイート・ポイントでもダントツの1位を記録している。

 そして先週に引き続き2位には、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」がランクイン。特に目立った話題がない中、デジタル・セールス・ポイント、そしてエアプレイ・ポイントを堅実に蓄積し、粘り強く順位をキープし続けている。共に3週連続1位を記録している「シェイク・イット・オフ」と「ルード★それでも僕は結婚する」、来週はどちらに軍配が上がるのか、気になるところだ。9月24日に最新作『ストラット』をリリースしたレニー・クラヴィッツは、今週5位にジャンプアップ。アルバム・リリースに伴い、ラジオを中心としたメディア露出が増加し、エアプレイ・チャートでは先週21位から5位へとランクを上げていることが要因となり、先週11位からトップ5圏内へと浮上している。

 そんな中8位に初登場したのは、クィーンの「生命の証」。11月に発売されるニュー・アルバム『クイーン・フォーエヴァー〜ベスト・オブ・ラヴソングス』に収録されるこの曲は、亡きフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンの未発表デュエットということもあり、その話題性とともに今後もチャートを賑わせてくれそうだ。今週アルバム・チャートにて10位に初登場した60歳差のトニー・ベネット&レディー・ガガによるスタンダード・アルバム『チーク・トゥ・チーク』 からのナンバー「エニシング・ゴーズ」は、先週16位から9位へとランクアップしており、こちらも根強いファンがいるアーティスト2組による豪華コラボということもあり、ロングヒットが予想される。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる