HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-09-29

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
2PM
ミダレテミナ
TOP100入り:1週目

2 2
stay
AKB48
心のプラカード
TOP100入り:9週目

3
up
AAA
さよならの前に
TOP100入り:1週目

4
up
氷川きよし
ちょいときまぐれ渡り鳥
TOP100入り:1週目

5
up
Lead
想い出ブレイカー
TOP100入り:1週目

6 1
down
サザンオールスターズ
東京VICTORY
TOP100入り:5週目

7 10
up
JUJU
ラストシーン
TOP100入り:2週目

8 4
down
E-Girls
Highschool love
TOP100入り:2週目

9 5
down
西野カナ
Darling
TOP100入り:7週目

10 38
up
ナオト・インティライミ
LIFE
TOP100入り:2週目

11 7
down
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:8週目

12 12
stay
マジック!
ルード★それでも僕は結婚する
TOP100入り:12週目

13 16
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ
TOP100入り:5週目

14 23
up
WHITE JAM
ウソツキ
TOP100入り:3週目

15 18
up
ONE OK ROCK
Mighty Long Fall
TOP100入り:10週目

16 6
down
May J.
本当の恋
TOP100入り:3週目

17 8
down
Hey!Say!JUMP
ウィークエンダー
TOP100入り:3週目

18
up
LiSA
BRiGHT FLiGHT
TOP100入り:1週目

19 20
up
マルーン5
マップス
TOP100入り:14週目

20 32
up
吉田山田
日々
TOP100入り:10週目

ミュージックコラム

2PM「ミダレテミナ」初登場首位獲得、AKB3週連続2位

約1年ぶりとなる2PM「ミダレテミナ」が、セールス1位を獲得したポイントを守り、初登場で総合Billboard JAPAN HOT100首位となった。エアプレイ96位、ダウンロード74位と苦戦したものの、ルックアップ16位、ツイート2位と、セールス以外の指標でもポイントを伸ばした。

 僅差で2位となったAKB48「心のプラカード」は依然としてツイート数が高止まりを続け4週連続1位、ルックアップでも前週5位から今週6位などと、他指標でも高ポイントを維持し、目論見通りのロング・ヒットの兆候を見せている。

 今週ダウンロード1位となったのはJUJU「ラストシーン」。ダウンロードでは前週5位から順位を上げていて、パッケージ発売週となった今週ではセールスでも7位と好調。エアプレイ4位、ツイート22位とそれぞれ順位を上げており、発売に合わせたメディア露出が効果を上げているのが分かる。ルックアップでは61位とまだまだ奮わないが、JUJU曲は同指標でポイントを稼ぐのが通例で、他指標でのポイント獲得状況次第ではロング・ヒットとなり得る可能性が高い。

 ロング・ヒットの好例として先週のチャート・ニュースで取り上げた吉田山田「日々」は、前週32位から20位に順位を上げた。NHKを中心とした媒体露出が効果を上げ、ダウンロードとツイートでポイントを伸ばしている。

秦 基博『ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が4週連続6度目の首位

今週の9月29日付Billboard JAPAN Hot Animationは秦 基博の映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が4週連続6度目の首位を獲得した。

 リリースから1か月以上が経過し、パッケージのセールスポイントは落ち着いてきたが、デジタルとルックアップのポイントで長期間の支持を得ている本楽曲。映画とコラボしたミュージックビデオも好評で、再生回数も100万回目前。公開は10月末までとなっている。

 2位には『アルドノア・ゼロ』のエンディングテーマ「A/Z」が先週からそのポジションをキープ。「aLIEz」は順位を落としたが5位と好調。『アルドノア・ゼロ』は先日1クール目の最終話となる第12話を放送。2クールを2015年1月から放送することを発表している。

 ゲーム最新作も累計出荷本数250万本を突破し、アニメも12月に映画公開が決定している『妖怪ウォッチ』。オープニング曲「ゲラゲラポーのうた」がチャートイン21週目にして4位に再浮上。ゲームは「日本ゲーム大賞2014」の、2013年4月1日から2014年3月31日の間に、日本国内でリリースされた全作品を対象として、一般投票、選考委員会の審査を経て選出される年間作品部門において大賞を受賞した。

マジック! 「ルード★それでも僕は結婚する」が国内洋楽チャート2週連続No.1に

先週、登場10週目にしてついにNo.1に輝いたマジック! の「ルード★それでも僕は結婚する」が今週もBillboard JAPAN洋楽チャート首位を獲得した。

 強力ライバルのテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」を振り切って2週連続の首位となった「ルード★それでも僕は結婚する」。同曲収録アルバム『ドント・キル・ザ・マジック』の日本盤が、ついに9月24日にリリース、さらに初来日も目前に迫っており、今週もエアプレイチャートでサザンオールスターズに次ぐ2位と絶好調。追い上げるテイラー・スウィフトを引き離すことに成功している。

 残念ながら2週連続で涙をのんだテイラーも、エアプレイチャートでは5位から4位へと着実にランクアップ、アルバムのリリース月となる10月にはプロモーションもさらに強力展開していくことが予想されるため、首位奪還の可能性は高いだろう。続く3位も先週同様マルーン5の「マップス」がキープ。今週はTOP3入れ替わりナシという結果となった。

 TOP10内への初登場は2曲。初登場19位から8位にジャンプアップを果たしたのは、“ぽちゃカワ歌姫”として全米で大ブレイク中、20歳のシンガー・ソングライターメーガン・トレイナーのデビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース」。“今のあなたのままでカンペキ!カラダのサイズなんて気にしなくて大丈夫よ!”という全世界の女子共通の悩みに立ち向かう激ポジティヴ・アンセムが、日本の女子の間でも旋風を巻き起こすことになるのか、今後のチャートアクションに期待したい。そして、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』がiTunesで無料配信中のU2の「ザ・ミラクル(オブ・ジョーイ・ラモーン)」が16位から9位へと上昇。各所で物議を醸したアルバムの無料配信だが、やはりそのプロモーション効果は絶大のようだ。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる