HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-09-15

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
Hey!Say!JUMP
ウィークエンダー
TOP100入り:1週目

2 1
down
AKB48
心のプラカード
TOP100入り:7週目

3
up
B.A.P
EXCUSE ME
TOP100入り:1週目

4 4
stay
西野カナ
Darling
TOP100入り:5週目

5 3
down
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:6週目

6
up
ポルノグラフィティ
俺たちのセレブレーション
TOP100入り:1週目

7 50
up
GENERATIONS from EXILE TRIBE
Always with you
TOP100入り:2週目

8 10
up
EXILE TRIBE
THE REVOLUTION
TOP100入り:4週目

9 16
up
サザンオールスターズ
東京VICTORY
TOP100入り:3週目

10 31
up
SMAP
Mr.S-SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-
TOP100入り:3週目

11
up
T.M.Revolution
Phantom Pain
TOP100入り:1週目

12 12
stay
ONE OK ROCK
Mighty Long Fall
TOP100入り:8週目

13 19
up
テイラー・スウィフト
シェイク・イット・オフ
TOP100入り:3週目

14
up
松岡凛(宮野真守)
Over the Dream
TOP100入り:1週目

15 34
up
加藤ミリヤ
YOU...feat.仲宗根泉(HY)
TOP100入り:2週目

16 82
up
マルーン5
マップス
TOP100入り:12週目

17 32
up
マジック!
ルード★それでも僕は結婚する
TOP100入り:10週目

18
up
竜ヶ崎怜(平川大輔)
Coming Soooon!!
TOP100入り:1週目

19
up
葉月渚(代永翼)
ボクカクメイ
TOP100入り:1週目

20
down
竹内まりや
静かな伝説(レジェンド)
TOP100入り:7週目

ミュージックコラム

<NEWS_1>Hey!Say!JUMP「ウィークエンダー」AKBを押さえ総合首位

日テレ系ドラマ『金田一少年の事件簿N(neo)』主題歌、Hey!Say!JUMP「ウィークエンダー」が、4形態で発売されたパッケージ2指標のポイントを守り、総合BillboardJAPAN HOT100首位となった。総合2位のAKB48「心のプラカード」は前週に引き続きツイートで2位以下に大差を付けており、シングル・セールスで2位のB.A.P「EXCUSE ME」を総合ポイントで上回っている。

ダウンロードでは、前週と変わらず秦基博「ひまわりの約束」が1位となり、2位も変わらず西野カナ「Darling」だった。両タイトルとも、シングル・セールスではそれぞれ30位33位と発売週以降順位を徐々に落としているが、ルックアップでは4位2位と高ランクを維持していて、特に西野カナはツイート順位を前週10位から6位に上げ、ロング・ヒットとなっている。  

ロング・ヒットといえば、昨年12月に発売された吉田山田「日々」が、NHK『SONGS』にゲスト出演するなどメディア露出を増やし、ダウンロードが急伸、前週127位から22位に順位を上げている。ツイートでも20位をキープし、Hot100では36位から29位となった。今後もメディア露出が予定されており、より総合順位を上げていく可能性が高い。

<NEWS_2>3Dドラえもんが絶好調、秦 基博「ひまわりの約束」が4度目のチャート制覇

今週もBillboard JAPAN Hot Animationは秦 基博による映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が1位の座に着いた。先週首位に返り咲き、2週連続、4度目のチャート制覇となった。

『ルパン三世』や『るろうに剣心』といった話題作が並ぶ中、夏休みが終了し、映画の動員数も落ち着くかと思いきや、引き続き絶好調の様子。更に今週末は3連休とあって更に記録を伸ばしてきそうだ。「ひまわりの約束」もデジタルで脅威的な強さを見せ、更にレンタルもスタートしたことで、リリース週を上回るルックアップポイントを獲得。幅広い世代が支持している楽曲であることがうかがえる。

そして、2位〜4位には人気アニメ『Free!-Eternal Summer-』からのキャラクターソングシリーズがチャートイン。松岡凛(宮野真守)「Over the Dream」(2位)、竜ヶ崎怜(平川大輔)「Coming Soooon!!」(3位)、葉月渚(代永翼)「ボクカクメイ」(4位)とTop3独占は阻まれたものの、驚異的なパッケージセールス力を見せつけている。

また、6位には『魔法科高校の劣等生』のエンディングテーマである安田レイの「Mirror」が初登場している。

<NEWS_3>テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」が早くも国内洋楽チャート3週連続No.1獲得

テイラー・スウィフトの新曲「シェイク・イット・オフ」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて3週目の1位を記録した。

全米でも初登場以来2週連続でNo.1の座をキープしている同曲。楽曲の公開にあわせて解禁となったチア・リーディーング風のミュージック・ビデオも視聴回数8000万回突破と絶好調。今週は日本語字幕バージョンも公開され、エアプレイチャートでも先週の9位から5位へとランクアップ。全米に先駆け、早くも3週連続首位獲得となった。アルバム『1989』の発売はまだ1か月以上先となるが、300万枚を売り上げた前作『レッド』に続く大ヒットは確実、トラックリストの公開など続報を全世界が待ち望んでいる。 

そして2位には、9月3日にニューアルバム『V』がリリースとなったマルーン5の「マップス」が先週の11位から再浮上。チャート登場12週目にして最高位を記録した。同アルバムは、今週の全米でセールス記録しビルボードチャートNo.1デビューとなる見込みと報道されており、これが確定すると、2007年の『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』に続き、バンド史上2枚目の全米No.1アルバムとなる。 

3位は先週に引き続きマジック!の「ルード★それでも僕は結婚する」がキープ。全米ビルボードチャートでは、8月完全制覇を含む6週連続No.1となり、正真正銘、2014年の夏を代表するヒット・チューンとなった同曲だが、日本では来日が控えていることもあり、まだまだその勢いは衰えることがなさそうだ。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる