HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-08-18

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 43
up
エイトレンジャー
ER2
TOP100入り:2週目

2 91
up
秦基博
ひまわりの約束
TOP100入り:2週目

3
up
STYLE FIVE
FUTURE FISH
TOP100入り:1週目

4 15
up
ゲスの極み乙女。
猟奇的なキスを私にして
TOP100入り:4週目

5 2
down
ONE OK ROCK
Mighty Long Fall
TOP100入り:4週目

6
up
湘南乃風
パズル
TOP100入り:1週目

7 13
up
片平里菜
HIGH FIVE
TOP100入り:5週目

8
up
赤西仁
Good Time
TOP100入り:1週目

9 1
down
SKE48
不器用太陽
TOP100入り:2週目

10
up
T.M.Revolution
突キ破レル-Time to SMASH!
TOP100入り:1週目

11
up
predia
壊れた愛の果てに
TOP100入り:1週目

12 7
down
EXILE
NEW HORIZON
TOP100入り:6週目

13 3
down
ももいろクローバーZ
MOON PRIDE
TOP100入り:2週目

14 6
down
BUMP OF CHICKEN
You were here
TOP100入り:2週目

15
up
植田真梨恵
彼に守ってほしい10のこと
TOP100入り:1週目

16 5
down
家入レオ
純情
TOP100入り:7週目

17 54
up
Kalafina
heavenly blue
TOP100入り:4週目

18 23
up
いきものがかり
ラブソングはとまらないよ
TOP100入り:8週目

19
up
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK
SKELETON
TOP100入り:1週目

20
up
蒼井翔太
TRUE HEARTS
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

関ジャニ∞、エイトレンジャー名義「ER2」で総合首位獲得

関ジャニ∞[エイト]の主演映画『エイトレンジャー2』の主題歌「ER2」がフィジカル2指標で1位、エアプレイ5位、ツイート2位で、総合Billboard JAPAN HOT100首位となった。先月発売された「オモイダマ」の順位に比べるとエアプレイは多少落ちるものの、映画露出効果が後押ししたか、ツイート数では前作を上回っており、フィジカル・ポイントと合わせ2位以下に大差をつけた。

 ツイート1位となったのはAKB48「心のプラカード」(総合30位)。ツイート指標では、初登場6位→2位→1位と8月27日のリリースを前に順調に推移、徐々にエアプレイとダウンロード数も伸ばしていて、発売を前に注目度が上昇中だ。

 Hot100総合2位となったのは秦基博「ひまわりの約束」。3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌で、先週のBUMP OF CHICKEN「You were here」に代わりダウンロードで1位、他指標でもバランス良くポイントを積み上げた。総合3位はSTYLE FIVE「FUTURE FISH」。これは、男子高校水泳部を描くTVアニメ『Free!-Eternal Summer-』エンディングとして、主要キャラ5人による楽曲。シングル・セールスでは関ジャニに次ぐ2位となり、ダウンロードでも4位と、エアプレイでの苦戦をものともせず初登場で3位に立っている。

秦 基博“ドラ泣き”必至の『ドラえもん』映画主題歌でアニメチャート初制覇

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは8月8日に公開された映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌、秦 基博「ひまわりの約束」が首位に輝いた。

 藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として3DCGで制作された本作。『ドラえもん』でも名作と呼ばれるエピソードを再構築したもので、キャッチコピーも“ドラ泣きしませんか?”と大人が泣ける物語になっているようだ。秦 基博もこれまでに様々なアニメの主題歌を務めてきたが、本チャート首位獲得は今回が初。パッケージではおなじみの空き地で秦基博の歌声を聴くドラえもんとのび太が描かれたコラボジャケットも用意。パッケージ、エアプレイで堅実な強さを見せる中、デジタルで圧倒的。総合チャートでもデジタルで頭一つ飛び出した結果となった。

 2位には大人気アニメの第2期として7月から放送されている『Free!-Eternal Summer-』のエンディングテーマ「FUTURE FISH」が初登場。歌唱は物語のキャストによるユニット、STYLE FIVEが務める。これまで、主題歌をはじめ、キャラソンシリーズでもアニメチャートを席巻してきた本作だけに当然の好記録と言えるだろう。

 3位にはテレビ東京によるマーベルアニメ作品『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』の主題歌を務めたT.M.Revolutionの「突キ破レル-Time to SMASH!」がチャートイン。西川貴教は第10話に侍役で声優出演を果たしている。

フォクシーズ「レット・ゴー・フォー・トゥナイト」が洋楽チャート初登場No.1を獲得

UK出身女性シンガー・ソングライター、フォクシーズの「レット・ゴー・フォー・トゥナイト」がチャート初登場で見事No.1に輝いた、今週のBillboard JAPAN洋楽チャート。 これまで4週にわたり首位をキープしてきた“5SOS” ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ドント・ストップ」に代わり首位に躍り出たニュー・ヒロイン、フォクシーズは、今年1月に行われた第56回グラミー賞で「最優秀ダンス・レコーディング賞」を受賞、ゼッドの「クラリティ」でフィーチャーされたことで、アルバムデビュー前ながら大注目を浴びたUK出身女性シンガー・ソングライターである。

 Billboard JAPAN洋楽チャートで初登場No.1に輝いたのは、2014年ではアウスゲイル「キング・アンド・クロス」に続き2曲目。「レット・ゴー・フォー・トゥナイト」は、8月13日にリリースとなったデビューアルバム『グロリアス』からのナンバーで、エアプレイチャートにおいて先週の97位から洋楽アーティスト最高位となる4位へと一気にジャンプアップを果たし、これが首位獲得に直結した。フォクシーズ(FOXES)=“キツネ”つながりで、あの“ムツゴロウさん”こと、畑正憲さんが出演するプロモーション映像が公開されるなど、日本ならではのプロモーションも強力展開中。ファッション業界からも注目を集める存在とあって国内のファッション誌においてもインタビュー記事が続々と掲載、さらに9月には来日公演も控えており、日本国内でのキツネ熱は今後さらにヒートアップしていくだろう。

 続いて、全米で大ブレイク中のカナダ発 ポップ・バンド マジック!の「ルード★それでも僕は結婚する」が先週の7位から2位へと浮上。同曲は現在、全米ビルボードチャート4週連続No.1を独走、さらにアメリカに続いてイギリスでも首位に輝くなど、その人気を徐々に世界へと拡大中。デビュー・アルバムの国内盤発売も9月24日に決定しており、ここ日本でもNo.1獲得に向けて一大プロモーションが仕掛けられていくに違いない。

 そして3位には、先週、来日公演を行ったエド・シーランの「シング」が再浮上。6月25日に発売となった2ndアルバム『x(マルティプライ)』収録の同曲は、今年4月のチャート初登場以来、12週にわたりTOP20圏内をキープ(最高位1位)し、驚異のロング・セールスを記録しているファレルの「ハッピー」には及ばないものの、2014年の夏を代表する1曲となっている。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる