HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-07-21

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 44
up
乃木坂46
夏のFree & Easy
TOP100入り:2週目

2
up
μ's
KiRa-KiRa Sensation!
TOP100入り:1週目

3 48
up
いきものがかり
ラブソングはとまらないよ
TOP100入り:4週目

4 30
up
GLAY
BLEEZE
TOP100入り:4週目

5 47
up
E-Girls
E.G.Anthem-WE ARE VENUS-
TOP100入り:3週目

6 2
down
miwa
君に出会えたから
TOP100入り:3週目

7 1
down
関ジャニ∞[エイト]
オモイダマ
TOP100入り:3週目

8 82
up
SMAP
Top Of The World
TOP100入り:2週目

9 35
up
木村カエラ
OLE!OH!
TOP100入り:5週目

10 25
up
きゃりーぱみゅぱみゅ
きらきらキラー
TOP100入り:8週目

11 5
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:6週目

12 4
down
AAA
Wake up!
TOP100入り:2週目

13 93
up
ゴスペラーズ
SING!!!!!
TOP100入り:2週目

14 8
down
Perfume
Cling Cling
TOP100入り:3週目

15 6
down
絢香
にじいろ
TOP100入り:11週目

16 38
up
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー
ドント・ストップ
TOP100入り:2週目

17 15
down
KAT-TUN
COME HERE
TOP100入り:4週目

18 14
down
東京スカパラダイスオーケストラ
Wake Up! feat.ASIAN KUNG-FU GENERATION
TOP100入り:2週目

19 53
up
アリアナ・グランデ
ブレイク・フリー feat.ゼッド
TOP100入り:2週目

20 33
up
UVERworld
7日目の決意
TOP100入り:5週目

ミュージックコラム

乃木坂46「夏のFree & Easy」、μ'sを押さえ総合首位獲得

乃木坂46「夏のFree & Easy」が、シングル・セールスで1位となり、他指標でも高ポイントをマークして、総合Billboard JAPAN HOT100首位を獲得した。他指標ではエアプレイで8位、ダウンロードで16位、ルックアップで4位、ツイートで3位となり、前作「気づいたら片想い」はエアプレイ10位、セールス1位、ダウンロード7位、ルックアップ1位、ツイートで2位で、前作に引き続き好調を維持する結果となっている。

 注目を集めるTVアニメ『ラブライブ!』の挿入歌、μ's「KiRa-KiRa Sensation!」は、ダウンロード7位、ルックアップ1位、ツイート11位で、いきものがかり「ラブソングはとまらないよ」を押さえて総合2位となった。こちらも前作「Love wing bell」と比較してみると、前作はセールス3位、ダウンロード13位、ルックアップ3位、ツイート14位で総合5位となっていて、完全新作劇場版の制作もアナウンスされ、その勢いはまだまだ止まらない。

 エアプレイで1位となったのは、次週発売を控えるSMAP「Top Of The World」。次週でのセールス・ポイントの急伸は織込み済みとしても、他指標でどのようにポイントを積み上げるか注目だ。他に次週発売を控えてポイントを伸ばしているのはPerfume「Cling Cling」。メディア露出効果により、既にエアプレイ11位、ツイート4位とポイントを獲得、こちらも次週のチャート・アクション結果が待たれる。

μ'sが「KiRa-KiRa Sensation!」でアニメチャート制覇

今週のBillboard JAPAN Hot Animationはμ's「KiRa-KiRa Sensation!」が『ONE PIECE』や『アナと雪の女王』、『妖怪ウォッチ』などの強力なラインナップを抑えて首位にチャートイン。

 「KiRa-KiRa Sensation!」は先日2期の放送が最終回を迎えた『ラブライブ!』の挿入歌として使用。パッケージには同じく挿入歌である「Happy maker!」も収録されており、こちらは6位に初登場している。おなじみの初回特典カートとしては『μ'sのあなたと行きたい海水浴カード』がランダムで付属。アニメ第2期の楽曲としては「それは僕たちの奇跡」が1位、「どんなときもずっと」が2位、「ユメノトビラ」が1位、「Love wing bell」が1位とチャート上位を席巻。メインチャートでも大活躍となった。アニメの最終回では劇場版の公開も発表され、まだまだラブライバーたちの夢は終わらないようだ。

 先週『アナと雪の女王』を抑え首位獲得となった『ONE PIECE』主題歌であるAAAの「Wake up!」はひとつ順位を落とし2位に。パッケージセールスは落ち着いたものの、デジタル、ルックアップ、ツイートと各指標で安定したポイントを獲得している。

 また、キング・クリームソーダの「ゲラゲラポーのうた」が先週6位から4位に、再び順位を上げてきた。こちらは7月10日にゲームの続編『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』がリリースされることから楽曲への注目も高まったものと思われる。

期待のニュー・カマー、平均年齢18歳の“5SOS”が国内洋楽チャート首位に

先週5位にチャート初登場を果たしたオーストラリア出身の4人組ポップ・ロック・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ドント・ストップ」が今週の国内洋楽チャート首位へと一気に登りつめた。

 “5SOS”の愛称で知られるオーストラリア・シドニー出身、平均年齢18歳のファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。2014年3月発表のデビュー・シングル「シー・ルックス・ソー・パーフェクト」が、いきなり世界55か国のiTunesで1位、米ビルボード・アルバム・チャートでは初登場2位、全英初登場1位を獲得するなど、一気にトップアーティストの仲間入りを果たしたニュー・カマー。「ドント・ストップ」は、7月30日に発売される同タイトルの日本デビューEPのリリースに先駆けて全国各地のFMラジオ局にてパワープレイを獲得。今週のエアプレイチャートにおいても、SMAP、きゃりーぱみゅぱみゅ、木村カエラという日本国内のトップアーティストに続く4位をマークし、これが国内洋楽チャートNo.1に直結した。賞レースの行方はもちろん、話題のアーティストによるパフォーマンスが毎年大きな話題となる【2014 MTV Video Music Awards】への出演も決定。さらなる世界的ブレイクが予想されるが、7月30日の日本デビューを経て、待望の初来日となるか、ファンならずともその期待は高まる
ばかりだ。

 2位は先週の初登場9位からジャンプアップを果たしたアリアナ・グランデ「ブレイク・フリー feat.ゼッド」。プリンス・オブ・EDMことゼッドのプロデュースによる同曲は、アリアナの新境地として先週リリック・ビデオが先行公開されたことでも話題となっている。一方、「ファンシー」が全米で爆発的なヒットを記録している新人女性ラッパー イギー・アゼリアをフィーチャーした「プロブレム feat.イギー・アゼリア」も4位と奮闘中。これらのナンバーを収録したニュー・アルバム『マイ・エヴリシング』の発売は8月27日とまだ1か月以上先でありながら、すでに2曲が上位にランクインしていることからも、日本におけるアリアナの高い注目度・人気がうかがえる。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる