HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-07-14

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 89
up
関ジャニ∞[エイト]
オモイダマ
TOP100入り:2週目

2 9
up
miwa
君に出会えたから
TOP100入り:2週目

3
up
INFINITE
Last Romeo〜君がいればいい〜
TOP100入り:1週目

4
up
AAA
Wake up!
TOP100入り:1週目

5 1
down
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:5週目

6 5
down
絢香
にじいろ
TOP100入り:10週目

7 4
down
大原櫻子(from MUSH & Co.)
頑張ったっていいんじゃない
TOP100入り:5週目

8 49
up
Perfume
Cling Cling
TOP100入り:2週目

9 16
up
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:16週目

10
up
SPICY CHOCOLATE
うれし涙 feat.シェネル & MACO
TOP100入り:1週目

11 3
down
椎名林檎
NIPPON
TOP100入り:5週目

12 17
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:26週目

13
up
EXILE ATSUSHI
Precious Love
TOP100入り:1週目

14
up
東京スカパラダイスオーケストラ
Wake Up! feat.ASIAN KUNG-FU GENERATION
TOP100入り:1週目

15 11
down
KAT-TUN
COME HERE
TOP100入り:3週目

16 95
up
SHISHAMO
君と夏フェス
TOP100入り:2週目

17 14
down
エド・シーラン
シング
TOP100入り:8週目

18 25
up
アリアナ・グランデ
プロブレム feat.イギー・アゼリア
TOP100入り:10週目

19 38
up
マルーン5
マップス
TOP100入り:3週目

20 20
stay
西野カナ
We Don't Stop
TOP100入り:8週目

ミュージックコラム

関ジャニの応援ソング「オモイダマ」が総合首位に、miwa「君に出会えたから」は2位

今週のシングル総合チャートBillboard JAPAN Hot100は関ジャニ∞が7月2日にリリースした「オモイダマ」がパッケージセールス、ルックアップの指標で首位を獲得し、チャートを制した。

 「オモイダマ」は2014年のABC夏の高校野球応援ソング /「熱闘甲子園」テーマソング。楽曲にも全国の高校生からフレーズを募集し、歌詞に盛り込まれた。また、レコーディングにもオーディションで選ばれた高校生の管楽器プレイヤーが参加している。関ジャニ∞は映画『エイトレンジャー2』の主題歌「ER2」をエイトレンジャー名義でリリースする。映画は7月26日に全国公開予定。

 そして、5指標すべてをTop10内に送り込んだmiwaの「君に出会えたから」は先週9位から2位にジャンプアップ。資生堂「シーブリーズ」のCMソングとして書き下ろされた本楽曲。CDにはクラシックチャートを5週連続制した精華女子高等学校吹奏楽部による吹奏楽バージョンも収められており、楽譜の無料ダウンロードを実施。話題性も高まりエアプレイ、ツイッターのポイントを伸ばしたことで好結果を残した。

 また、結成20周年を迎えたSPICY CHOCOLATEの「うれし涙 feat.シェネル & MACO」が10位にチャートイン。カヴァーアルバムが大ヒットを記録したシェネルと、テイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」の日本語カヴァーがYouTubeで高評価を受けたMACOを迎え、配信シングルとしてリリース。ダウンロードに加え、話題性の高いアーティストが参加したことによりツイートも伸びている。

放送15周年『ワンピース』がAAA主題歌でアナ雪を抑え首位獲得

今週のBillboard JAPAN Hot Animationはフジテレビ系TVアニメ『ワンピース』の主題歌、AAAの「Wake up!」が初登場首位を獲得。

 主題歌を担当したAAAは今年テレビ放送15周年を迎えた『ワンピース』のPR大使に任命。1月から“ドレスローザ編”に突入したタイミングで、同時に主題歌として「Wake up!」もオンエア開始。7月2日にようやくリリースとなり、今回の好結果を記録。パッケージセールスを主軸に、デジタルとツイッターでも大きくポイントを積み重ねた。4種類が用意されたパッケージの内、ワンピース版も2種登場。初回生産限定盤ではアニメの名シーンでコラージュされたルフィがジャケット写真として使用されている。『ワンピース』としては2012年の映画版主題歌であるアヴリル・ラヴィーンの「バッド・レピュテーション」ぶりの首位獲得となった。

 来週7月16日にMovie NEXとしてパッケージリリースが控える映画『アナと雪の女王』から松たか子の「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」が先週よりも多くのポイントを稼ぎ2位にチャートイン。ディズニーは本日7月9日にiTunesとオンデマンド配信サービスについて合意に達しなかった為、iTunesストアでの作品販売を見合わせると発表している。

 注目作としては4位に小倉唯と石原夏織による声優ユニット、ゆいかおりが7月2日にリリースした「Intro Situation」が初登場。これまで7位だった自身の最高位を更新するヒットを記録。彼女たちは7月14日に放送予定のNHKの音楽番組『MUSIC JAPAN』に出演する。

エド・シーラン1位キープならず! ファレルが再び洋楽チャート1位に、5SOSは5位に初登場

2014年度のBillboard JAPAN洋楽チャートを席巻するファレルの「ハッピー」が、チャートイン26週目にも関わらず、今週通算10度目の1位に輝いた。

 先週惜しくもエド・シーランの「シング」に王座を奪われたファレルの「ハッピー」だが、圧倒的なデジタル・セールスとツイート・ポイントで1位へ返り咲いた。「シング」収録のアルバム『x(マルティプライ)』のリリースから2週目となった今週、エアプレイが減少したことが要因となり、残念ながらエド・シーランの「シング」は今週2位に1ランクダウンする結果となった。

 先週に引き続きデジタル・セールスが好調なアリアナ・グランデの「プロブレム feat.イギー・アゼリア」は、3位の座をキープ。彼女にとって新境地とも言える、プリンス・オブ・EDM=ゼッドがプロデュースしたナンバー「ブレイク・フリー feat.ゼッド」も9位に初登場しており、今週リリック・ビデオが公開され、近日公開されるフル・ビデオの話題性とともにチャートを上昇すること間違いなしだ。4位には、フロントマンのアダム・レヴィーンの演技が絶賛されているミュージック・ビデオが公開されたマルーン5の「マップス」。エアプレイ、デジタル・セールス、ツイート・ポイントがバランスよく推移し、先週7位から順位を上げ、トップ5入りしている。

 5位に初登場したのは、“5SOS”ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ドント・ストップ」。オーストラリア出身平均年齢18歳の4人組ポップ・ロック・バンドで、デビュー作となった『シー・ルックス・ソー・パーフェクト』EPが、世界56か国のiTunesで1位、米ビルボード・アルバム・チャートでは初登場2位、全英初登場1位を獲得するなど世界中で圧倒的な人気を見せている。ここ日本でも待望の日本デビューEP『ドント・ストップ』が、7月30日にリリース予定となっており、リリースに向け、ますますラジオやSNSでのプロモーションに拍車がかかり、ランクを上げることが予想される。

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる