HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-07-07

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 49
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
R.Y.U.S.E.I.
TOP100入り:4週目

2
up
SHINee
LUCKY STAR
TOP100入り:1週目

3 2
down
椎名林檎
NIPPON
TOP100入り:4週目

4 21
up
大原櫻子(from MUSH & Co.)
頑張ったっていいんじゃない
TOP100入り:4週目

5 9
up
絢香
にじいろ
TOP100入り:9週目

6
up
美風藍(蒼井翔太)
A.I
TOP100入り:1週目

7
up
DISH//
サイショの恋〜モテたくて〜
TOP100入り:1週目

8 4
down
東方神起
Sweat
TOP100入り:3週目

9
up
miwa
君に出会えたから
TOP100入り:1週目

10 6
down
ナオト・インティライミ
The World is ours!
TOP100入り:5週目

11 14
up
KAT-TUN
COME HERE
TOP100入り:2週目

12 3
down
じん
daze feat.メイリア from GARNiDELiA
TOP100入り:2週目

13 7
down
ウカスカジー
勝利の笑みを君と
TOP100入り:6週目

14 43
up
エド・シーラン
シング
TOP100入り:7週目

15 8
down
NEWS
ONE-for the win-
TOP100入り:4週目

16 16
stay
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:15週目

17 17
stay
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:25週目

18 1
down
UVERworld
7日目の決意
TOP100入り:3週目

19
up
2NE1
CRUSH
TOP100入り:1週目

20 15
down
西野カナ
We Don't Stop
TOP100入り:7週目

ミュージックコラム

三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」3指標でトップ、総合首位獲得

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」が、シングル・セールス、ルックアップ、ダウンロードで1位となり、総合Billboard JAPAN HOT100首位を獲得した。特に、好調が続く松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を押さえて、ダウンロードで首位を獲得しており、また、ツイートでも前週9位から4位、エアプレイでも82位から16位と、発売週に合わせた露出がフィジカル2指標とダウンロード指標に効果的に訴求した形となっている。

 総合Hot100で2位となったSHINee「LUCKY STAR」は、シングル・セールスで2位となったものの、エアプレイ、ルックアップ、ダウンロードが残念ながら奮わなかった。とはいえ、ツイートでは5位を獲得し、レコード会社特設サイトではツイート喚起のキャンペーンを7月1日から開始しており、これが次週の各指標にどのように影響するか注目される。

 KAT-TUN「COME HERE」は前週14位から11位に順位を上げた。アルバム『come here』のリリースに併せ、エアプレイで206位から25位にジャンプ・アップ、ツイートでは2位から1位となっていて、シングル・カットされない楽曲のため他指標でポイントが加算されない点を考慮すれば大健闘の結果といえる。

次 週発売を控えるmiwa「君に出会えたから」は先行でダウンロードを開始、今週ダウンロードで4位につけた。同じくメディア露出が増えており、ツイートで6位、総合Hot100では9位に初登場となり、次週のチャート・アクションに注目だ。

うた☆プリ美風藍が『メカクシティ』『アナ雪』を破りアニメチャート首位に

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは『うたの☆プリンスさまっ♪』アイドルソング・新シリーズから美風藍(蒼井翔太)の「A.I」が初登場1位に輝いた。

 4月期クールのアニメタイアップ楽曲のリリースも落ち着いてきた今週。7月16日に映画DVDのパッケージリリースを控える『アナと雪の女王』が再び進撃の動きを見せた。しかし、圧倒的なセールス力を見せたのが大人気コンテンツ『うたの☆プリンスさまっ♪』からのアイドルソングシリーズ第3弾、美風藍(蒼井翔太)の「A.I」だ。

 4月にリリースを開始した今回のアイドルソングシリーズ。寿嶺二(森久保祥太郎)「愛しき人へ」が6位、黒崎蘭丸(鈴木達央)「Not Bad」が4位と、どの作品も好調なセールスを記録。しかし、“雪の女王”松たか子や、『ラブライブ!』のμ'sらにチャート制覇を阻まれていた。寿嶺二、黒崎蘭丸も今週集計タイミングのリリースであれば余裕で首位獲得ができていたポイントを積み上げている

 そして、今週、『うたプリ』としてアニメチャートでの雪辱を果たした美風藍の「A.I」はPSP(R)専用ソフト『うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret』の挿入歌。リリースされたパッケージには「二人のモノグラム」も収録されている。パッケージのセールスポイントはもちろん、キャラクターの人気も高く、ツイート数も稼ぐことが出来た。今回のアイドルソングシリーズは7月30日にカミュ(前野智昭)のソロ作リリースが控えており、更に8月27日には今回の4人がカルテットアイドルソングをリリースする。どちらもアニメチャートで上位に食い込んでくることが予想される。

 再びの進撃を阻まれた“雪の女王”松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」はエアプレイ、デジタルでポイントを重ね、3位をキープ。2位には先週アニメチャート初登場で堂々の首位を獲得したじんの『daze feat.メイリア from GARNiDELiA』がセールス、デジタル、ルックアップで好調を続けてチャートインしている。

エド・シーラン「シング」が国内洋楽チャートNo.1、しかしそこにもファレルの姿

先週、ファレルからNo.1の座を奪ったW杯公式ソング「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」が早くも首位陥落、これに代わってエド・シーランの「シング」がビルボードジャパン国内洋楽チャート首位を獲得した。

 ファレル・ウィリアムスやリック・ルービンをプロデューサーに迎えて制作されたセカンド・アルバム『x(マルティプライ)』のリードトラックである「シング」は、6月25日のアルバムリリースを受けてエアプレイチャート10位から一気に2位へとジャンプアップ。これがチャート制する勝因となった。デビュー・シングル「Aチーム〜飛べない天使たち〜」でいきなり3週連続No.1獲得を果たすなど、日本でも高い人気を誇るエド・シーラン。自身2曲目となるNo.1ソングが、次週以降、同曲のミュージック・ビデオにも出演する王者・ファレルに負けずロングヒットとなるか、そのアクションに注目したい。

 そして恐るべし今週も2位は相変わらずファレルの「ハッピー」。チャートイン25週を迎えた今週も、エアプレイ、デジタルセールス、そしてTwitterすべてにおいて高ポイントを獲得しており未だ下降の気配は一切ない。音楽のみならず、ファッション、発言などが常にSNSを介して拡散、世界中で旋風を巻き起こすといったこの状況のなか、本人の積極的なメディア露出が続く限り死角なし、といったところだろう。

 その他、今週はTOP10圏内は入れ替わりなしの洋楽チャート。7月となり、いよいよフェスシーズンへと突入、来日ラッシュを迎えると、音楽ファンのみならずチャートも慌ただしくなりそうだ。

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる