HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-06-23

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
東方神起
Sweat
TOP100入り:1週目

2 35
up
NEWS
ONE-for the win-
TOP100入り:2週目

3 11
up
椎名林檎
NIPPON
TOP100入り:2週目

4 2
down
誰も知らない
TOP100入り:5週目

5
up
星空凛(飯田里穂),西木野真姫(Pile),小泉花陽(久保ユリカ),絢瀬絵里(南條愛乃),東條希(楠田亜衣奈),矢澤にこ(徳井青空)
Love wing bell
TOP100入り:1週目

6 4
down
GUTS!
TOP100入り:9週目

7 32
up
星野源
Crazy Crazy
TOP100入り:3週目

8 62
up
Flower
熱帯魚の涙
TOP100入り:2週目

9 16
up
ウカスカジー
勝利の笑みを君と
TOP100入り:4週目

10
up
東京パフォーマンスドール
BRAND NEW STORY
TOP100入り:1週目

11
up
ケツメイシ
RHYTHM OF THE SUN
TOP100入り:1週目

12
down
きゃりーぱみゅぱみゅ
きらきらキラー
TOP100入り:4週目

13 31
up
NICO Touches the Walls
天地ガエシ
TOP100入り:3週目

14
up
超特急
Believe×Believe
TOP100入り:1週目

15 7
down
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:23週目

16 3
down
AKB48
ラブラドール・レトリバー
TOP100入り:7週目

17 12
down
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:13週目

18 47
up
ピットブル feat.ジェニファー・ロペス & クラウディア・レイチ
ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)
TOP100入り:5週目

19
up
w-inds.
夢で逢えるのに〜Sometimes I Cry〜
TOP100入り:1週目

20 1
down
KAT-TUN
In Fact
TOP100入り:2週目

ミュージックコラム

東方神起「Sweat」、NEWS「ONE-for the win-」を押さえ初登場首位

東方神起「Sweat」が、NEWS「ONE-for the win-」との激しい首位争いの結果、わずか473.6ポイント差でBillboard JAPAN HOT100初登場首位を獲得した。特にリリース時期に合わせたコアファンにより波及したツイートが、新指標導入後最高値となる約30万ツイートを積み上げ、エアプレイとシングル・セールスをカバーしたことが大きい要因となった。

 フィジカル2指標で1位に立ったNEWS「ONE-for the win-」。日本テレビ系『ブラジル2014』テーマソングとしてエアプレイでも5位となったものの、ダウンロードポイントが0で、かつツイッターの大差を覆すまでには至らず、総合Hot100で僅差の2位となった。

 ワールドカップ開幕により、松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を蹴落とし、椎名林檎「NIPPON」(NHKサッカー放送テーマ)、ウカスカジー「勝利の笑みを君と」(日本サッカー協会公認)の2曲がそれぞれ1位2位を獲得、エアプレイでも好調、ワールドカップの熱戦同様しばらく上位を賑わせそうだ。

 シングル・リリースを今週に控えたUVERworld「7日目の決意」がツイートで10位に初登場。エアプレイでも順位を伸ばしており、次週のチャート・アクションが注目される。

『ラブライブ!』が今期4度目のアニメチャート制覇、話題のTPDは初登場2位に

 『ラブライブ!』のリリースラッシュが絶好調。今週のBillboard JAPAN Hot Animationは2期挿入歌である「Love wing bell」がパッケージセールスポイントを大きく稼ぎ首位となった。

 本作「Love wing bell」は同じく挿入歌である「Dancing stars on me!」と共に両A面シングルとして6月11日にリリース。初回生産分にはアニメ2期放送開始から続くリリースラッシュではおなじみのカード特典が付属。今回は“μ'sの理想の結婚式カード”とこれまたファン心を鷲掴みにする内容となっている。

 2位には4月から放送が開始された日本テレビ系アニメ『金田一少年の事件簿R』のオープニングテーマ「BRAND NEW STORY」が初登場。こちらは97年に同局で放送されていたシリーズの第2期として4月に放送スタートしたもので、声優主要キャストも当時とほぼ変わらないラインナップが揃っている。そして、今回主題歌を担当したのは17年ぶりに復活した東京パフォーマンスドールと、同じく長い年月を経て復活したアニメとアーティストの共演となった。

 『アナと雪の女王』の熱狂も落ち着きを見せてきたのか松たか子の「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」はチャートインから初めてTop3から外れる結果に。しかし、ダウンロードポイントは引き続き圧倒的な強さを見せている。また、本国版の「レット・イット・ゴー」を歌うイディナ・メンゼルバージョンは先週12位から6位にジャンプアップ。こちらは7月の映像作品リリース前に再び注目を集めてきていることが要因と思われる。

ファレル、ついに国内洋楽チャート最多首位記録を更新

 「ハッピー」は今週でチャート初登場から23週を迎え、アルバム『ガール』の発売からもすでに2か月が過ぎようとするなか、依然としてセールス、エアプレイともに好調をキープするロングヒットを記録。初代チャート王者“KING OF POP”こと マイケル・ジャクソンですら到底敵わないほどのポイント差で2か月わたり首位を死守してきたファレルだが、今週、ついに新チャート王者に僅差のポイントで迫る強力な“刺客”が現れた。

 日本時間6月13日に開幕された【2014 FIFAワールドカップ ブラジル】の公式ソング、ピットブル feat.ジェニファー・ロペス&クラウディア・レイチ「ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」だ。チャート上位常連の二大ビッグスターと、ブラジルを代表する美しき歌姫 クラウディア・レイチによる開会式でのパフォーマンスは日本国内のメディアもこぞって取り上げ、以降もW杯関連番組を中心に頻繁に同曲が使用されている。チャート登場6週目となる今週、デジタルセールスでは未だファレルには及ばないものの、エアプレイチャートにおいて先週の17位から2位へと一気にジャンプアップを果たし、2014 NHKサッカーテーマ椎名林檎の「NIPPON」にも迫る勢いを見せた。日本時間6月15日に行われたコートジボワール代表×日本代表の高視聴率からも分かるように、抜群の注目度を誇るW杯。開催期間中は関連ナンバーがチャートを賑わすことになるだろう。

 今週、TOP10圏内に2曲を送り込んだのは、6月12日に東京ドームシティーホールにて一夜限りのプレミアムライブを行ったコールドプレイ。ニューアルバムからのシングルである3位の「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」のほか、2008年リリースのヒット曲「美しき生命」が、ファレルにも劣らないTwitterポイントを獲得して7位にチャートインを果たしている。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる