HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-04-21

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1 7
up
SMAP
Yes we are
TOP100入り:3週目

2 24
up
SEKAI NO OWARI
炎と森のカーニバル
TOP100入り:2週目

3 3
stay
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:4週目

4 1
down
乃木坂46
気づいたら片想い
TOP100入り:4週目

5 4
down
平井堅
グロテスク feat.安室奈美恵
TOP100入り:4週目

6 11
up
イディナ・メンゼル
レット・イット・ゴー
TOP100入り:6週目

7 12
up
ゲスの極み乙女。
パラレルスペック
TOP100入り:4週目

8 14
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:14週目

9 15
up
Suzu
you can do it!
TOP100入り:3週目

10 29
up
黒木渚
革命
TOP100入り:3週目

11 13
up
福山雅治
TOP100入り:5週目

12
up
シェネル
ずっと
TOP100入り:1週目

13 37
up
キシバシ
ザ・バラッド・オブ・ミスター・ステーキ
TOP100入り:2週目

14
up
クリステン・ベル&イディナ・メンゼル
生まれてはじめて
TOP100入り:1週目

15 25
up
ワン・ダイレクション
ストーリー・オブ・マイ・ライフ
TOP100入り:23週目

16 41
up
ダーティ・ループス
ヒット・ミー
TOP100入り:5週目

17 99
up
Salley
カラフル
TOP100入り:2週目

18 22
up
ケツメイシ
カリフォルニー
TOP100入り:7週目

19
up
Da-iCE
TOKI
TOP100入り:1週目

20
up
水森かおり
島根恋旅
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

SMAP「Yes we are」、セカオワを押さえ首位獲得

前週より激闘が予想されたSMAP「Yes we are」とSEKAI NO OWARI「炎と森のカーニバル」の首位争いは、SMAPがエアプレイとセールスで1位となり、Billboard JAPAN HOT100首位を制した。対するセカオワは、ルックアップとツイートで首位だったものの、エアプレイとセールスの2指標のポイント差を覆すまでには及ばず2位となった。

 前週に引き続きツイートで2位だった乃木坂46「気づいたら片想い」は、他指標でも高ポイントを獲得、総合Hot100でも1位から4位と、まだまだ高ランクを維持している。一方、若干獲得ポイントにバラつきを見せ始めた『アナ雪』関連楽曲のなかで、松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」はエアプレイ・ポイントを急伸させ、4週連続1位のダウンロード・ポイントと併せて引き続き総合3位となった。

 ニュー・アルバム『HUMAN』のリリースに併せ、旧作を含めてダウンロードを解禁した福山雅治。ダウンロードに加えてエアプレイとツイートでポイントを積み上げ、新曲「暁」(11位)を筆頭に、「家族になろうよ」(23位)、「HUMAN」(38位)、「桜坂」(45位)と、Hot100に4曲を送り込む強さを見せている。

 次週発売となる、きゃりーぱみゅぱみゅ「ファミリーパーティー」は、今週エアプレイで15位、ツイートで16位となり、総合Hot100では28位となっている。次週加算される3指標のポイントと、リリースに合わせたメディア大量露出が媒体2指標にどのように影響を与えるか、次週のランキングに注目だ。

“雪の女王”松たか子が3週連続首位、Top3独占を破ったのはSuzu

映画『アナと雪の女王』の勢いが止まらない。今週もBillboard Japan Hot Animationは松たか子の「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」が圧倒的ポイント差で首位の座に輝いた。

 ただ、2位にはイディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」がチャートインするも、May J.バージョンは順位を落とし6位に。しかし、海外版のキャストによるサントラ楽曲としてクリステン・ベル&イディナ・メンゼルの「生まれてはじめて」が4位、クリステン・ベル、アガサ・リー・モン&ケイティー・ロペスの「雪だるまつくろう」が8位に上昇している。また、松たか子バージョンの「レット・イット・ゴー」は今週で3週連続首位獲得となり、来週のアニメチャートで史上初の4週連続首位が期待される。

 今週「レット・イット・ゴー」による上位3曲独占を破ったのがテレビ東京系で『探検ドリランド-1000年の真宝-』エンディングテーマに起用されたSuzu「you can do it!」だ。4月7日付で8位で初登場し、先週4位に上昇。そして、今週自身初のTop 3入りを果たした。また、5位にはテレビ版『クレヨンしんちゃん』に続き、映画版でも主題歌を担当することとなったきゃりーぱみゅぱみゅ「ファミリーパーティー」が先週11位から5位に上昇。本日4月16日にリリースとなる本作が次週、“雪の女王”を破ることができるか注目したい。

“雪の女王”の勢い止まらず! 「レット・イット・ゴー」が洋楽チャート5週目の1位に

映画『アナと雪の女王』の主題歌となっているイディナ・メンゼルによる「レット・イット・ゴー」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて先週に引き続き1位を記録し、5週目の首位を勝ち取った。

 公開30日間で動員700万人、31日間で興行成績90億円を突破するなど記録的な大ヒットとなっている映画『アナと雪の女王』。ディズニーにとって久しぶりのミュージカル映画ということもあり、作品の大ヒットに伴い、そのサウンドトラックも世界中にて記録的なセールスを続けている。国内でも、エアプレイでは2位のファレルや3位のキシバシに及ばないものの、セールス面で、ファレルに3倍以上の差をつけ、今週も堂々の1位となった。さらには、クリステン・ベル&イディナ・メンゼルが歌う「生まれてはじめて」が4位、クリステン・ベル、アガサ・リー・モン&ケイティー・ロペスによる「雪だるまつくろう」が8位に、共に初登場するなど、劇中に登場する他の曲も続々とランクイン。4月26日からは3D吹替え版も新たに上映される予定となっており、この勢いはまだまだ衰えることなさそうだ。

 そして先週に引き続き、ファレルの「ハッピー」が2位の座をキープ、14週目のチャートインとなる。先週5位から、3位にランクアップしたのは、花王「エッセンシャル ダメージケア」のCMソングを手掛けたことで知られる日系アーティスト、キシバシによる「ザ・バラッド・オブ・ミスター・ステーキ」。名門バークリー音楽大学で学び、これまでケイティー・ペリー、レジーナ・スペクターやオブ・モントリオールなどのツアー・メンバーを経てソロ活動を開始。4月23日にリリースのメジャー・デビュー作『ライト』収録のこの曲は、ポップかつクラシカルでモダンなキシバシ・ワールド全開の曲となっており、エアプレイ・チャートでも7位と健闘。来週のアルバム・リリースへむけてこれからも記録を伸ばすことが期待される。

 他には、4月9日に待望のニュー・アルバム『シャキーラ』の「キャント・リメンバー・トゥ・フォーゲット・ユー」が先週13位から7位にランクアップ、さらにはゾーイ・デシャネルをフィチャーしたプリンスの「フォーリン・ラヴ・トゥナイト」 が、再びチャートインし、9位につけている。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる