HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-04-07

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
NMB48
高嶺の林檎
TOP100入り:1週目

2 90
up
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
S.A.K.U.R.A.
TOP100入り:2週目

3 25
up
DREAMS COME TRUE
AGAIN
TOP100入り:2週目

4 5
up
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:2週目

5 94
up
BOYFRIEND
My Avatar
TOP100入り:2週目

6 6
stay
back number
繋いだ手から
TOP100入り:3週目

7 2
down
Rihwa
春風
TOP100入り:7週目

8 40
up
THE ポッシボー
勇気スーパーボール!
TOP100入り:2週目

9 1
down
SKE48
未来とは?
TOP100入り:2週目

10 12
up
クルーウェラ
リヴ・フォー・ザ・ナイト
TOP100入り:4週目

11 11
stay
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:12週目

12 4
down
イディナ・メンゼル
レット・イット・ゴー
TOP100入り:4週目

13
up
パスピエ
MATATABISTEP
TOP100入り:1週目

14 3
down
BUMP OF CHICKEN
ray
TOP100入り:5週目

15 7
down
ケツメイシ
カリフォルニー
TOP100入り:5週目

16 35
up
福山雅治
TOP100入り:3週目

17 16
down
May J.
Let It Go〜ありのままで〜
TOP100入り:3週目

18 20
up
wacci
東京
TOP100入り:5週目

19 22
up
ワン・ダイレクション
ストーリー・オブ・マイ・ライフ
TOP100入り:21週目

20
up
X.I.P.
CHEAT DANCER
TOP100入り:1週目

ミュージックコラム

NMB48「高嶺の林檎」、三代目 J Soulを押さえ首位獲得

NMB48「高嶺の林檎」と三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「S.A.K.U.R.A.」が激しい首位争いを繰り広げ、大差を付けたパッケージ・セールス・ポイントで他指標をカバー、NMB がBillboard JAPAN HOT100初登場首位となった。他指標では、ルックアップで三代目が1位でNMBが2位、ダウンロードではNMB40位、三代目7位、ツイートでNMB3位で三代目4位と、この2曲が今週激しく順位を争ったことがよく分かる。

 先週台風の目となったディズニー映画『アナと雪の女王』関連楽曲は、前週同様ダウンロードでポイントを稼いだものの、エアプレイ・ポイントを下落させ、先週までの勢いに陰りが出てきた。ただし、ツイートではまだまだMay J.曲が21位となるなど、引き続き注目度を維持し、今後のランキングが注目される。

 今週ツイートで1位となったのは韓国男性グループBOYFRIENDの「My Avatar」。パッケージ・セールスで3位、エアプレイで30位と、他指標でもポイントを積み上げ、総合5位となった。同じくツイートで2位となったのはSCANDAL「Departure」。こちらは4月23日のリリースを前にメディア露出を本格化、ツイート数を急伸させて、その注目度の高さを裏付けた。

強すぎる!『アナと雪の女王』が2週連続でTOP3制覇の偉業達成

今週も映画『アナと雪の女王』の勢いを収まることなく、Billboard JAPAN Hot Animationは2週連続で「レット・イット・ゴー」が上位3曲を制覇する結果となった。

 サウンドトラック盤もサントラチャートで堂々の首位を獲得する中、メインのアルバムチャートでも好記録をマークするなど音楽シーンでも引き続き大活躍中の本作。今週も1位に輝いた松たか子の「レット・イット・ゴー」をはじめ、日本版キャストによる歌唱が高評価を受けている。デジタル配信のみでリリースされていたが、iTunesでは総合アルバムチャートで1位を獲得。そんな中、サウンドトラック盤に日本版キャストによる歌唱をスペシャルトラックとして収録する2枚組のデラックスバージョンとしてリリースされることが決定とまだまだ絶好調の様子。

 「レット・イット・ゴー」のTop 3フィニッシュに続き4位、5位にチャートインしたのは人気スマホアプリゲーム『ときめきレストラン☆☆☆』からの楽曲。4位は不破剣人(日野聡)、伊達京也(鳥海浩輔)、神埼透(江口拓也)からなる3人組X.I.P.からのタイトル。5位には音羽慎之介(岸尾だいすけ)、霧島司(浪川大輔)、辻魁斗(柿原徹也)からなる3人組3 Majestyの楽曲が登場。彼らはゲーム内で主人公の働くレストランの隣に芸能事務所があり、そこに所属するアイドルとしてユーザーから絶大な人気を獲得。また、設定が“女子版ときメモ”として大ヒットシリーズとなった『ときめきメモリアル Girl's Side』と同じ舞台であることも話題に。

3週連続1位ならず! クルーウェラの「リヴ・フォー・ザ・ナイト」が“雪の女王”を下す

米ビルボードが太鼓判を押す2014年最重要3人組パーティー・バンド、クルーウェラの「リヴ・フォー・ザ・ナイト」が、イディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」を下し、今週Billboard JAPAN洋楽チャートにて初の1位を記録した。

 デビューからYouTubeにて動画再生回数1億回以上を記録し、米ビルボード誌も“間違いなくブレイクする”と太鼓判を押すクルーウェラ。そんな彼らの初来日を受け、メディア露出が大幅に増えた結果、エアプレイ・チャートにてドリカムやファレルなどの強豪を下し1位に。さらには即完となった初来日公演で彼らの日本版MVにも出演している人気ゆるキャらのふなっしーが登場するなど、話題性も功を奏してツイートカウントなども増加し、今週堂々の洋楽チャート1位に輝いた。

 先週3位より2位にランクアップしたのは、ファレルによる「ハッピー」。今週でいよいよチャートイン12週目を迎えたが、アダルト・コンテンポラリー・エアプレイ・チャートでは先週に引き続き1位を記録するなど、ロングラン・ヒットとなっている。なお、曲が収録された最新アルバム『ガール』のフィジカル盤が4月30日に発売されることもあり、今後も記録を伸ばしていくことが予想される。

 そして惜しくも王座を受け渡してしまったのが、映画『アナと雪の女王』の主題歌となっているイディナ・メンゼルによる「レット・イット・ゴー」。アニメ映画として全世界興収歴代1位となったという嬉しいニュースを受け、ますますセールスを伸ばしておりサウンドトラック・チャートでは引き続き1位を記録。TVをはじめ様々な場所で耳にするこの曲だが、エアプレイが落ち着き始めているのがランクダウンの要因となっているが、米ビルボード・アルバム・チャートでは、何度も返り咲き1位を記録していることもあり、このままセールスを伸ばせば、再び王冠を取り戻すことも期待できそうだ。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる