HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

INDEX > ビルボード ジャパンチャート

Issue Date: 2014-03-31

順位 先週
アーティスト名 / 曲名 amazon
1
up
SKE48
未来とは?
TOP100入り:1週目

2 6
up
Rihwa
春風
TOP100入り:6週目

3 2
down
BUMP OF CHICKEN
ray
TOP100入り:4週目

4 11
up
イディナ・メンゼル
レット・イット・ゴー
TOP100入り:3週目

5
up
松たか子
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜
TOP100入り:1週目

6 88
up
back number
繋いだ手から
TOP100入り:2週目

7 5
down
ケツメイシ
カリフォルニー
TOP100入り:4週目

8 33
up
カイリー・ミノーグ
イントゥ・ザ・ブルー
TOP100入り:8週目

9
up
タッキー&翼
僕のそばには星がある
TOP100入り:1週目

10
down
GReeeeN
愛すべき明日、一瞬と一生を
TOP100入り:2週目

11 16
up
ファレル・ウィリアムス
ハッピー
TOP100入り:11週目

12 26
up
クルーウェラ
リヴ・フォー・ザ・ナイト
TOP100入り:3週目

13 1
down
HKT48
桜、みんなで食べた
TOP100入り:2週目

14 15
up
JUJU
Hot Stuff
TOP100入り:5週目

15 7
down
赤い公園
絶対的な関係
TOP100入り:3週目

16 22
up
May J.
Let It Go〜ありのままで〜
TOP100入り:2週目

17
up
Juice=Juice
裸の裸の裸のKISS
TOP100入り:1週目

18 8
down
Kis-My-Ft2
光のシグナル
TOP100入り:3週目

19 14
down
AKB48
前しか向かねえ
TOP100入り:6週目

20 9
down
wacci
東京
TOP100入り:4週目

ミュージックコラム

SKE48「未来とは?」初登場1位、『アナと雪の女王』関連多数チャートイン

9形態で発売されたSKE48「未来とは?」は、セールス1位、ルックアップ1位、ツイートでも1位となり、Billboard JAPAN HOT100初登場首位となった。この勢いを前出の3指標で維持できるか、また、今週首位を受け、35位のエアプレイと25位のダウンロードの順位を伸ばすことが出来るか、次週のチャート・アクションが注目される。

 大人気のディズニー映画『アナと雪の女王』の関連楽曲が4曲もJAPAN HOT100にチャートインしている。なかでも、松たか子、イディナ・メンゼル、May J.による「レット・イット・ゴー」がダウンロードで3位まで独占、デミ・ロヴァートの曲もダウンロード9位と、それぞれポイントを急伸させており、しばらくこの勢いは続きそうだ。

 ツイートでは、BUMP「ray」2位、Rihwa「春風」3位と、引き続き好調。次週以降のリリースをにらみ、福山雅治「HUMAN」が4位、ゲスの極み乙女。「パラレルスペック」が5位、乃木坂46「気づいたら片思い」9位と、ツイート数を伸ばしてきた。

『アナと雪の女王』から「レット・イット・ゴー」がアニメチャートTop3を独占

3月14日に公開され10日で興行収入30億円を突破したディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌である「レット・イット・ゴー」が今週のBillboard Japan Hot Animationの上位3曲を独占した。

 首位の座に着いた「レット・イット・ゴー」は本家イディナ・メンゼルが歌うバージョン。こちらは国内洋楽チャートでも2週目の首位をマーク。そして日本語吹き替え版でヒロインのエルサを演じた松たか子が歌うバージョンが2位に。デジタルでのポイントのみでチャートインとなるが、他を圧倒するポイント数を獲得していることに注目したい。その日本語版の主題歌としてMay J.の歌う「レット・イット・ゴー」が3位に。日本でも映画公開前から彼女達の歌う様々なバージョンのCMや動画が公開され話題となっていたが、全国公開されると瞬く間に音楽シーンでもチャートを駆け上がることとなった。

 『アナと雪の女王』関連曲としては、松たか子と神田沙也加による「生まれてはじめて」(5位)やデミ・ロヴァート版の「レット・イット・ゴー」(9位)、神田沙也加、稲葉菜月、諸星すみれら日本語版出演者による「雪だるまつくろう」(16位)など全部で7曲がチャートインしている。

 3月も後半となり、最終回の近づく今期のアニメシーン。注目作の主題歌やテーマ曲などもリリースピークが過ぎ、チャートアクションも落ち着きを見せている。今週のチャートでは『アナと雪の女王』が最もホットだったが、今後の本チャートを賑わせてくれそうなニュースも。シリーズ開始から35年を記念して『機動戦士ガンダム』が35周年プロジェクトを始動。記念作品『機動戦士ガンダムUC episode 7 「虹の彼方に」』、『ガンダム Gのレコンギスタ』、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の公開が決定。このプロジェクトのテーマソングを中田ヤスタカが制作を担当。「G35(ジーサーティファイブ)」と題された楽曲であることが明らかに。今後『ガンダム』関連作も本チャートを賑わせてくれそうだ。

雪の女王強し!「レット・イットゴー」が洋楽チャート2週連続No.1に

第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を獲得、日本でも3月14日に劇場公開され絶賛大ヒット中の『アナと雪の女王』。その主題歌として歌曲賞も受賞したイディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」が、今週も洋楽チャート首位の座をキープした。

 映画の大ヒットを受け、海外サウンドトラック売上2週連続No.1はもちろんのこと、国内総合アルバムチャートでも先週の12位から4位へと大躍進。アニメチャートでもイディナ、松たか子、May-J.が歌う3バージョンの「レット・イット・ゴー」がTOP3を独占し、さらにTOP20のうち7曲が『アナと雪の女王』関連楽曲という前代未聞の偉業を達成。さらに総合チャート Hot100においてもイディナの「レット・イット・ゴー」が4位、松たか子が歌う日本語バージョンが初登場5位と、あらゆるチャートを席巻している。まだまだこの勢いは収まりそうになく、次週以降もチャートに一大旋風を巻き起こしてくれるだろう。

 雪の女王に対抗すべく先週の5位から2位へとランクアップを果たしたのは、20年以上にわたり世界の音楽シーンの頂点に君臨し続ける“ポップ界の女王”カイリー・ミノーグの「イン・トゥ・ザ・ブルー」。4年ぶりとなるニューアルバム『キス・ミー・ワンス』の発売(3月19日)に合わせ、今週FM各局でヘビーローテーションされ、プロモーション来日中の1DJ+美人姉妹による注目のパーティー・ユニット クルーウェラを破って、見事エアプレイチャートNo.1の座を獲得している。なお、カイリーと同じく3月19日にアルバムをリリースした2組、フォスター・ザ・ピープル「カミング・オブ・エイジ」とサーカ・ゼロ「レヴィテーション」が、今週初のTOP10入りを果たしている。

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる